FC2ブログ

KinoLog        blog  blog

油控えめ万博世代・40代の映画日記。



09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11

Counter



Tora Clock FLASH

FLASHで時計を作って見ました。ダウンロードしたファイルを携帯にメールで転送すると待ち受けになります。下の赤い字の部分を見てね。

携帯用待受けFLASHはこのテキストの上で右クリックして、対象をファイルに保存(A)を選んでください!
リンク先は携帯用コンテンツなのでPCでも表示されますが、時間が表示されません。


最近の記事


お気に入り

いもとようこの世界 Imoto.gif
『ないた赤おに』や『3びきのくま』など素敵な絵本作家のいもとようこ先生の公式サイトです。
TORA WEB


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

kinop

Author:kinop

油控えめ40代映画好き。普通のおじさん。
嫁一人、大学生の息子一人、ネコ一匹。最近、ウサギのポコとモモが冥界へ旅立ち、3人と1匹の我がB型家族。40代も半ばになり、楽しかった70年代に思いを馳せる今日この頃です。仕事はかっこよく言うとIT関係。でも給料は下がる一方。(トホホ・・・)
Profileの写真は、私じゃなく我が家のTORAが車から雪景色を眺めているところ。



月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


RSSフィード


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


TORA音楽涙するとき映画SE日記

ああいいなぁモブログテレビ・ドラマ欲しいもの


 iTunes Store(Japan)


鍛高譚とファンタスティック・フォー       息子のこと 
鍛高譚
今日、息子とファンタスティック・フォー iconを観ながら、鍛高譚を飲んだ。
この鍛高譚だが、読み方は「タンタカタン」。紫蘇焼酎だ。焼酎なのだが、紫蘇が原料の焼酎だ。封を開けて香りをかいでみると紫蘇の良い香りがする。味はさっぱりしている。ロックやお湯割りでも良い。香りを楽しむには他に何も入れなくて良い。北海道のお酒だ。

鍛高譚の名前は、民話の名前で北海道にあるタンタカ山(リンク先は地図だよ)に伝わるアイヌの民話だ。この鍛高地区は紫蘇の産地で、地元の紫蘇生産者で、北海道が認定する「名人」にもなっている平賀さんという方方が自家製の紫蘇でジュースを造り焼酎に入れていたらしく、これを製品化できないだろうかということで町に持ちかけたのがはじまりだそうだ。ふーん。
これが1991年なので、まだ15年ぐらいの新しいお酒だ。

お酒についていたしおりに民話「鍛高譚」が紹介されていた。

〈民話〉鍛高譚-たんたかたん-

潮が沖に流れ、海がどんよりと濁ってきました。 魚たちは息が満足に出来ず苦しんでいます。 特に潮に乗って行く者は大変です。 水底に棲んでいるタンタカは、まだ元気がありましたが、みんなの苦しみを見ているとなんとかしなくては、と頭を悩ませていました。
すると長老の海亀がやって来て言いました。
「あの山の麓にどんな苦しみもいやしてくれる紫の草がある。私達は、川では生きていけないがお前なら大丈夫。みんなのために行ってその草をとって来ておくれ」
そう言ってはるか遠くにぽこんと頭を出している山をさしました。
タンタカは、勇気を出して川をさかのぼりました。流れの強い瀬も、滝も乗り越えて、ようやく青い山のすそまでやって来ました。そこは、木漏陽の美しい豊かな大地でした。紫の草はすぐわかりました。そのよい香をかいだだけで、長旅の疲れが飛んでいったからです。しかし、水にいるタンタカには、その草をとることが出来ません。
途方にくれたタンタカを、森の動物がみつけて、わけを聞いてくれました。タンタカの話を聞いた動物達は、かわいそうに思い、手わけをして草をつみ、川におとしてくれました。
タンタカの持ち帰った草のおかげで魚達は元気をとりもどすことができました。まもなく潮も帰って来て、海に平和がもどりました。
そして魚達は、紫の草のある青い山を「タンタカ山」と呼ぶようになりました。
白糠沖から望む〈タンタカ山〉は昔も、今も漁からの帰港の時、目印として大切にされています。


というわけでタンタカ君という勇気のある魚君のお話だ。

今日は、何で息子鍛高譚を飲むことになったかと言うと、嫁さんに頼まれたお米の精米をしに近所の自動コイン精米機に息子と一緒に行ったからだ。精米の帰りに最近有名な超でかいホームセンター&スーパーのムサシに寄った。そこに大きな酒屋があり、息子の勧めでこの鍛高譚を買って帰った。息子はバイトがあったので、じゃあバイト帰ってから飲もうと言うことになり、11時ぐらいに飲んだという訳だ。

ファンタスティック・フォー iconは、Xメンやデアデビルなどアメコミ・ヒーローのマーベル作品の映画化だ。お気に入りのジェシカ・アルバがファンタスティック・フォーの紅一点で活躍する荒唐無稽な娯楽作品だ。気軽に観れば楽しい作品だ。

という訳で、王JAPANも勝ってくれたし、息子と鍛高譚も飲んだし、良い休日だった。

Fantastic4.jpg



スポンサーサイト



    TSUTAYA online 

blogblog 息子のこと / 2006.03.22 02:12 / TB[0] / CM[0]


息子への50通の手紙       息子のこと 


我が家は、一人だけ息子がいる。一人っ子だ。現在、大学生。
大学生になって遊んでばかりで、ちょっと心配だが、まあそんなものか。
よそのお宅は分からないが、まあ会話もある方だろう。映画の話をしたり、音楽の話をしたり、テレビのお笑いや番組のことを話したり、たわいもない話がほとんどだが、話はするほうだ。たまにだけど、DVDを一緒に見たりもする。
今日、写真の箱を見つけた。ずいぶんと前のことなので忘れていたが、10年前に息子が小学3年生ぐらいの頃に息子あてに書いた手紙だ。手紙は、封筒に1通ずつ入っていて、息子からの返事も入っている。手紙は全部で50通で、6月13日~7月31日の間に書いたものだ。
息子は、国語がきらいで、文章も書くのが苦手だったので、短くてもいいから、お父さんも手紙を書くから返事を書くようにと言って書かせたものだ。だから文章も短いものだ。
当時、何を書いたかも覚えていないので、久しぶりに封を開けてみた。

6月16日の手紙
お父さんより
スターフォックス、またくん章をとったよ。
全部で8つぐらいになったかな。それとセクターZにも行ったよ。
今日は昨日に続いて久しぶりの馬事公苑だったね。
馬ってあんなに大きいとは思わなかったね。
テレビで見るのとは大違いだったね。
天気も良かったし、たまにはいいかもね。
月曜日にすぐなるのは何故かな。土曜日と日曜日はすぐ終わってしまうね。
週に2日仕事して5日休みだったらいいのにね。
今日やった漢字ガンバってテストやってこいよ。
今週も1週間、自分で考えて行動しよう。


息子の返事
お父さんへ
くんしょうおめでとう。
コーネリアもとったんだね。
セクターZをみてみたいから今度見してね。
今日漢字テストでまた100とったよ。
これで5、6枚かな?
お父さん五日休みなんてあまくないぞ しっかりしなきゃ。
あの大きな馬にのってみたいね。
またくんしょうとったらおしえてね。
ポケモンでミュウをしゅつげんさしたよ。今度みしてあげる。


あらためて読むと中々面白い。ちょっと恥ずかしい気もするが
こんな感じで50通の手紙が残っている。その時は、気軽にしたことだけど、後からこうして読むといいものだと思う。
この程度の手紙なら簡単だから、仕事で毎日遅いお父さんもやって見ればどうだろうか。良いコミュニケーションになると思うが。

ちょうどこの頃にあった事件「息子の自首」も笑えるので読んで欲しい。

    TSUTAYA online 

blogblog 息子のこと / 2006.02.19 00:55 / TB[0] / CM[0]


今朝の1枚 金魚の中身       息子のこと 
20051109082105
今朝、息子が目が痛い痛いと言うと、嫁が金魚入れなさいと言った。

えっ、き、金魚!?
と、息子が持って来たのがお弁当によく入っている醤油金魚。息子は迷うことなく目に点した。
そうである。目薬だ。でもなんで金魚?この2人たまに分からんことをする。
理由は金魚は携帯性に優れているからだそうだ。うーん、理解できん...((((((^_^;)
しばらくして、学校へ行く時間。忘れ物が多い息子。勘のいい人は想像がつくと思うが・・

嫁が息子に、「金魚持った!」

と言う訳で今朝の1枚は「金魚」

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog 息子のこと / 2005.11.09 08:21 / TB[0] / CM[1]


涙するとき       息子のこと 
人間、するときってどんなとき?哀しいとき、嬉しいとき、悔しいとき・・・と挙げていくとたくさんある。まあ、当たり前だけど哀しいときの涙はごめんだけど、嬉し涙はいいものだ。年取ったせいなのか、性格かわからないけど、恥ずかしながらすぐに涙が出てくる。「初めてのおつかい」なんかみた日にゃもうボロボロ。お母さんと2人で暮らしている男の子でお母さんが入院してしまって、おばあさんに世話になっている話なんて覚えているだろうか。1日だけ外出が認められて、病院に戻るときに男の子がお母さんを病院へ送っていく。帰りは1人で家まで帰るんだが、帰ったらご褒美のショートケーキを食べる姿を見て、子供の健気さに涙した。嫁さんと私の間でティッシュの箱が行ったり来たりだった。

と、人の子でばかり泣いているが、わが子のことで泣いたことあったかなと考えるとはっきり覚えているのが、逆上がり。息子が日体大幼稚園に行っていたころ。日体大というだけあって体を動かすことも多かった。別に逆上がりができなくても叱られるわけではないけど、親ばかだから息子が逆上がりできないから、毎朝近所の公園で練習した。とはいえ、そんなに簡単にできるわけでもなく、足が宙をきるがくるっと回らない。手にはまめができるが、息子もあきらめず毎日練習した。
1週間くらい経った頃だろうか、公園で逆上がりの練習。あと一歩なんだけどなと思っていたとき、くるっ!おー、できたできた!!
その瞬間、笑顔の息子を見てボロボロ涙が出てきた。がんばった健気な姿は感動する。

あの息子も今や大学生。やっぱり、最近は年食って涙もろいのかな。
    TSUTAYA online 

blogblog 息子のこと / 2005.10.23 22:25 / TB[0] / CM[6]


息子の自首       息子のこと 
昔、東京で10年ほど暮らしていたことがある。場所は世田谷。最寄の駅は新玉川線桜新町。息子が小学3年生頃の出来事。

その日は平日で、当然のことながら私は会社に出勤。その間に事件は起こった。夕方ごろに息子と嫁が、何かくだらないことで喧嘩をしたらしい。かなりしょうもないことだったと思う。それで、息子が嫁さんを蹴ったらしく、嫁も息子を外に放り出した。どこのお母さんもいった覚えがあると思うけど、「あんたみたいな子は、どっか行って好きなようにしなさい!!」と言って玄関から外に出したようだ。
小学3年だから、そのうち反省して帰ってくると思っていたら、中々帰ってこない。時間も夜の6時。心配していたところに玉川警察から電話が。ええ~、何かあったのか!!
すると、お巡りさんが「お宅のお子さんが、お母さんに大変悪いことをしたので、牢屋に入れて欲しいと言っていますが、何かありましたか?」と聞かれたそうだ。
もびっくり、ちょうど会社から帰ってきた私もびっくり。とりあえず玉川警察へ行くと神妙な顔をした息子がお巡りさんに連れられて出てきた。お巡りさんも「今度、お母さんにそんなことをしたら本当に牢屋に入れるからね。お母さんには今度だけは許してやってと、お巡りさんが頼んであげたからね。」と言ってくれた。何て良いお巡りさんだ!
息子も悪いことをしたと思ったらしく、それで自首を考えたみたいで。もうそれ以上は結局怒れなかったが、今となっては笑い話の1日だった。

でも、家族が今回だけは見逃してくれと頼むことがあるが、お巡りさんが今回だけはというのは普通ないよな。
    TSUTAYA online 

blogblog 息子のこと / 2005.10.23 11:59 / TB[0] / CM[6]



 + 


Link

クリックで救える命がある クリック募金とは、クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで、無料で募金ができる仕組みです。 あなたに代わって、スポンサー企業が寄付をしてくれます。
難病情報センター 難病情報センターは、厚生労働省が難治性疾患克服研究事業(特定疾患調査研究分野)としている疾患を中心とした情報を提供しています。
J-FOP~光~ 進行性骨化(化骨)性線維異形成症の患者会のサイトです。FOPの正しい理解、寄付や署名の呼びかけ、活動記録の紹介をされています。
細菌性髄膜炎から子ども達を守りたい 年間約1000人の子ども達が細菌性髄膜炎に自然感染 5%の方が亡くなり、4人に1人後遺症に苦しんでいます。細菌性髄膜炎は、ワクチンで救える病気ですが、まだ十分な医療体制にはないそうです。正しい理解とその活動の記録や支援の呼びかけをされています。
日本ユニセフ協会
ユニセフは、第二次大戦で被災した子どもたちの緊急援助を目的に1946年の第1回国連総会で国連国際児童緊急基金(United Nations International Children's Emergency Fund=UNICEF)として設立されました。その後、活動の重点を開発途上国の子どもたちを対象とした社会開発に移し、国連児童基金(United Nations Children's Fund)と改称されましたが、UNICEFの略称は世界中の人々に親しまれていたため、そのまま現在まで引き継がれています。ユニセフは子どもの権利を擁護する主要な団体であり、2005年現在、155の国と地域で子どもたちの生存と健やかな発達を守るため、保健、栄養、水と衛生、教育などの支援事業をその国の政府やNGO、コミュニティと協力しながら実施しています。また、先進工業国37カ国にユニセフ国内委員会があり、アドボカシー活動(政策提言活動)と募金活動を支えています。資金はすべて任意拠出であり、その3分の2は各国政府からの、3分の1は民間からの拠出です。ユニセフは1965年にノーベル平和賞を受賞。2001年にも、国際連合、国連事務総長コフィ・A・アナンとともにノーベル平和賞を共同受賞しました。
WWF(世界自然保護基金)は、約100カ国で活動する世界最大の自然保護NGO(非政府組織)です。人と自然との共存をめざして、生態系の保全から地球温暖化防止まで幅広く、世界の自然を守る活動に取り組んでいます。WWFの活動はすべて、一般の方々からの会費やご寄付によって支えられています。
JHP・学校をつくる会
JHPは戦争や自然災害で教育の機会を奪われた世界の子ども達に、人種、国籍、宗教、その他の信条の違いにかかわらず広く教育等の援助を行い、また紛争や自然災害で被害を蒙った人々への救援活動と、これらの活動を通じて、次代を担う若者達への地球市民教育を実践することを目的としています。
日本国際ボランティアセンター
JVCは、1980年にインドシナ難民救援を機にタイ・バンコクで設立されました。当初タイ国境難民キャンプでの支援活動を行っていましたが、その後、孤立していたカンボジア国内などインドシナ3カ国の復興に協力し、和平への提言も行いました。また広く難民を生まない国づくりを目指した開発協力支援を行うようになりました。現在は、9カ国・地域で、農村開発支援や教育支援などの開発協力活動、紛争地域での緊急医療活動や交流、関係する調査提言活動を行っています。


KinoLog Factory


KinoLog FactoryでCalligraphy作品を公開中。


Flower


想いを花にのせて スプリングギフト


Music


art1_120x90.jpg

ショップ紹介(小)2


Watch


ブランドロゴ2




MoMA


160-600_flatware=0">


* Designed by cadet; * -----【Login】