FC2ブログ

KinoLog        blog  blog

油控えめ万博世代・40代の映画日記。




Counter



Tora Clock FLASH

FLASHで時計を作って見ました。ダウンロードしたファイルを携帯にメールで転送すると待ち受けになります。下の赤い字の部分を見てね。

携帯用待受けFLASHはこのテキストの上で右クリックして、対象をファイルに保存(A)を選んでください!
リンク先は携帯用コンテンツなのでPCでも表示されますが、時間が表示されません。


最近の記事


お気に入り

いもとようこの世界 Imoto.gif
『ないた赤おに』や『3びきのくま』など素敵な絵本作家のいもとようこ先生の公式サイトです。
TORA WEB


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

kinop

Author:kinop

油控えめ40代映画好き。普通のおじさん。
嫁一人、大学生の息子一人、ネコ一匹。最近、ウサギのポコとモモが冥界へ旅立ち、3人と1匹の我がB型家族。40代も半ばになり、楽しかった70年代に思いを馳せる今日この頃です。仕事はかっこよく言うとIT関係。でも給料は下がる一方。(トホホ・・・)
Profileの写真は、私じゃなく我が家のTORAが車から雪景色を眺めているところ。



月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


RSSフィード


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


TORA音楽涙するとき映画SE日記

ああいいなぁモブログテレビ・ドラマ欲しいもの


 iTunes Store(Japan)


Spokesman       SE日記 
20060630090917今朝は雨降り。梅雨らしい天気だ。明日も似たようなお天気のようだ。
まず、お詫びと訂正を。昨晩アップした「スリムドカン」はダイエットに関係していたが、栄養補助食品ではなく、便秘薬のようだ。そういう意味のドカンだそうだ。失礼いたしました。

今日は金曜。長かった1週間、短かった6月も終わり、今年も残り半分となった。早いなぁ。
今日は、Deep Purple Highway Star を聴きながら出勤だ。
Deep Purple - Nobody's Perfect - Live 1987 (Expanded Edition) - Highway Star


今週は本当に打ち合わせばかりの1週間だった。先週の金曜に行うはずだった本社との進捗会議が、今週の月曜にずれたため、今週は月曜と金曜の2回。内部の進捗会議が水曜にあり、月水金は進捗会議の日。ゴミの収集日みたいだ。
本社との進捗会議では、課題管理の確認で、遅れては困る課題が多いので、かなり厳しいお願いをしている。切れている訳ではないが、どうしてもキツめの発言になってしまう。
みんなから委託を請けたSpokesmanなので言わないといけないことは言わないといけないからだ。いつも電話会議だから、向こうもこちらも声だけしか聞こえない。表情はわからない。過去の経験から電話会議は、顔が見えないから、顔を合わせて話するより、きつく聞こえるらしい。

昨日、仲の良い本社の人が来られていたので、どんな感じが聞いてみた。
一度、本部の部長に文句を言ったこともあり、こちらが何か言うとちょっとピリピリしているそうだ。そんなつもりじゃないけど、仕方ないか。

という事で今日も進捗会議だ。ふー。

今朝の1枚は、Rainy Friday

(=^・^=)kinop

** Kino **
スポンサーサイト



    TSUTAYA online 

blogblog SE日記 / 2006.06.30 09:09 / TB[0] / CM[0]


スリムドカン       モブログ 
20060629223340今日の帰り道。東寺駅に行く途中、会社の近くの薬局でこのノボリを見た。前々から気になっていたノボリだ。

スリムドカン!

ダイエット関係の栄養補助食品のようだが、凄いダイナミックなネーミングだ。
スリムは、定番のキーワードだが、その後のドカンがすごい。スリムに相反するキーワードのドカンっていったい何の狙いがあったのだろうか。謎だ。


20060629223802で、電車に乗ったら今度は、窓ガラスにこんなアバンギャルドな広告が、目に入った。

俺はかゆい!

またまた、大胆なキャッチコピーだ。
よく見ると、堂々とした男性が腕を組んで立っている。
股間に赤いワンポイントがあり、デリケートエリアと書かれている。うむむ、確かにその通りだ。
更によく見ると、男性の顔の横に小さな字で、「男だってつらい!」と囁きのように彼の苦悩が書き記されていた。満員の車内で、いきなりそんな事を告白されても困るのだが・・・。


それにしても、この広告もネーミングも、よく企画会議や偉い人の承認が降りて、日の目を見れたものだと関心する。
そこでスリムドカンのネーミングの誕生秘話を勝手に想像してみた。

今日は、社運を掛けた画期的な新商品「スリムドカン」のネーミングを決定する開発企画部長との大事な会議だ。この部長の決定次第で、A君の将来のキャリアも大きく左右する会議でもあるのだ。
入社して5年。彼は、今まで培った商品企画の能力のすべてを注ぎ込んだ。ダイエット食品の常識を覆す夢の新商品には、やはり今までにないネーミングが必要だとA君は考えていた。彼は、自信に満ちた表情で会議に臨んだ。彼のその表情には一点の曇りもない秋空のような澄み切った輝きにあふれていた。


A社員:今度の我が社の社運を掛けたダイエット食品のネーミングですが、「スリムドカン」で行こうと思うんです。
部長:A君、スリムは分かるが、ドカンっていうのは、無理があるんじゃないか?だって、どう見ても土管だとか、ドカンと一発みたいな、どーんと太ったイメージが浮かぶがな。
B係長:そうだよ。部長が、おっしゃられる通りだよ。なんでこんな名前にしちゃったの?きちんと説明しなさい。
A社員:私が、敢えてこの肥満、デブ、太りすぎを連想する「ドカン」を選んだのか。それは、女性の深層心理を考えれば、簡単な事です。女性の立場に立って、彼女達の心の奥を想像してみればいいのです。まだ、お分かりじゃないんですか?
部長:だからどういう事なんだ!
B係長:は、早くご説明しなさい!
A社員:わかりました。ご説明しましょう。
女性は、太っていてもいなくても、標準体重を基準に常に肥満の恐怖に、多かれ少なかれ悩んでいるものです。標準体重という言葉自体が、彼女達の最後のよりどころで、理想体重ではないのです。だから、ドカンなのです。
部長:だから、どうなんだ!
B係長:回りくどい言い方は止めて早く結論を言いなさい!結論を!
A社員:つまり、潜在意識の中で彼女達は私はドカンではない、ないはずだ。なってなるものかと意識しなくても思っているはずです。だから、このスリムドカンを目にした時、拒絶したい言葉を打ち消すスリムという理想の言葉が輝いて見えるのです。だから、一見否定的なドカンという言葉は、スリムを印象づけるためには必要不可欠で代用できる言葉はないのです。必然のキーワードがドカンなんです。
いかがですか?
B係長:何言ってるんだ!君は、部長に貴重なお時間を割いていただいて、そんな寝言みたいな事を考えていたのかね!
部長:良いじゃないか!
B係長:えっ!?部長、何とおっしゃいました?
部長:良いじゃないか!A君!なるほど、深層心理か。幾度もヒット商品を世に送り出した私も1本取られたなぁ。良い部下を育てたねB君。
B係長:いやー、お褒めの言葉をいただいて、恐縮です。私も、彼には何か光るものがあると感じて、育てた甲斐がありました。ありがとうございます!


という訳で、夢の新商品はスリムドカンと名付けられ、販売された。

なんちゃって。

今晩は、変なもので妄想が膨らんでしまった。

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.29 22:33 / TB[0] / CM[4]


Burning Heart !!       モブログ 
20060629091832今朝は晴れ。朝日が眩しい。良いお天気だ。気温も30℃を超えるそうだ。暑い1日になりそうだ。
今日も忙しいので、テンションを高めるため、The Rocky Story を聴きながら出勤だ。
皆さんよくご存じのシルベスタ・スタローンが、ブレークした大ヒット作「ロッキー」全5作品のサウンドトラックから聴き馴染みのある曲ばかりをチョイスしたアルバムだ。
個人的には、1作目、2作目、4作目はテンションの上がる内容だったが、3作目はネタ切れ、5作目は誰も望んでいない落ちぶれたロッキーで期待ハズレだった。

4作目は、ソビエトが存在した頃の映画で、良い国アメリカと悪の共産主義国家ソビエトの対決の構図で描かれたスタローン得意の分かりやすい映画だった。ランボーがリングに上がったような感じだ。
親友であり、戦友のアポロが、ドルフ・ラングレン演じるソビエトのボクサーのドラゴにリングで殺されるといった悲劇を乗り越え、敵地ソビエトに乗り込んで、ドラゴを叩きのめすという内容だ。
あまり深く背景を考えずにフィクションとして観れば、面白い映画だ。ボクシングのシーンは凄い迫力で、プロダクション・ノートには、スタローンもラングレンも撮影で実際に骨折したそうだ。
去年、スタローンがロッキーの続編をまた作る話を耳にしたが、どうなったかな。次は何と闘うんだろう。

アルバムは、こんな感じで熱い曲ばかりだ。

Eye of The Tiger / Survivor
Burning Heart / Survivor
Living in America / James Brown James Brown - Classic Male R&B, Vol. 10 (Karaoke) - Living In America

No Easy Way Out / Robert Tepper
Hearts on Fire / John Cafferty
Gonna Fly Now
War / Vince DiCola
Training Montage / Vince DiCola


タイトルに表れる単語を見ただけで、かなり熱い曲ばかりというのが分かる。
Tiger、Burning、Heart、Fire、Warと勇ましい単語ばかりだ。
スタローンの映画は、どの映画も単純な物が多いが、その単純な分かり易さが魅力なのだ。変に考えられた方が面白くないのだ。
スタローンは単純さが一番!

という訳で今日も、Eye of The Tiger を光らせて、Burning Heart で頑張ろう!

今朝の1枚は、「我が職場のBurning Heart

(=^・^=)kinop

The Rocky Story The Rocky Story
Various (2003/04/07)
Volcano
詳細を見る


Rocky VI: Rocky Balboa のイメージ発見撮影は完了していて今年公開する予定みたいだ。
RockyBalboa


※2006.7.1追記
なんとびっくり!Rambo IVの制作も計画されているそうだ。


    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.29 09:18 / TB[0] / CM[4]


Tuner       SE日記 
20060628090608今朝は曇り空。朝から蒸し暑い。雨降りも嫌だが、蒸し暑いのも困ったものだ。(-"-;)

毎日毎日、打ち合わせばかりだ。調整しないといけないことばかりだ。
職場には、社員が50人弱、開発や維持作業で100人以上は協力会社の人達がいる。最近になって人が増えたから正確にはわからないが、たくさん人がいる。


私の役目は、作業進捗の管理とチーム間や協力会社や本部との調整と後はどのチームもグリップしていない話題の対応だ。いわゆる雑用だ。

座席は、課長の目の前、課長がニコニコしながら近寄って来たら要注意だ。大概は、お願い事だ。昨日も何人が相談しに来たかなと考えると思い出せないなぁ。
構築中の開発環境の作業調整、作業用ツールの扱い整理、作業体制の相談、品質管理のための作業依頼、本社の問い合わせ対応、お客様からの開発に関する問い合わせの扱い調整、協力会社のSEさんの座席調整、各チームから提示された作業スケジュールの整理という感じで、まさに雑用係だ。
この役目が嫌な訳ではない。自分で言うのも変だが、自分に向いている役割だ。これをスムースにこなすために必要なことは、みんなと喋ることが一番大事な事だ。仕事の話だけではだめで、くだらない話も出来ないとだめだ。というか、くだらない話の方が得意だから、そっちは問題ないか。
要は、コミュニケーションが何より重要だ。長い間、システム開発に携わっているが、個々の技術力はもちろん大事な事だけど、最終的には総合力なのだ。だから、なあなあはダメだが、仲良く仲間意識を持って取り組まないと絶対にうまく行かない。仕事に厳しさは必要だが、だからと言って、対立関係になっては意味がない。そうなった途端、変なベクトルに方向がずれてしまう。みんなが同じベクトルでバランス良く力を発揮するのがベストな状態なのだ。

だから、私の役目は古いラジオのチューナーのつまみのようなものだ。自分では音は出さない。良い音が出るように調整するだけだ。
あいにく、このチューナーの能力が大した事ないので、良いアンプやスピーカーが、たくさん増えると中国から聞こえてくるラジオみたいに、変なノイズが入って安定しない。

今朝も朝から何のこっちゃブログになってしまったが、仕事はみんなで一緒に苦労して笑って楽しくゴールに駒を進めたいものだ。

という訳で今朝の1枚は、TORA行ってくるよ!

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog SE日記 / 2006.06.28 09:06 / TB[0] / CM[2]


William Morris       モブログ 
20060627084214今朝は曇り気味だが、お日様も顔を出している。ただし、すごく蒸し暑い。

駅でWilliam Morrisの展示の綺麗なチラシが目にとまった。ウィリアム・モリスは、19世紀後半、イギリスのデザイナーであり、思想家、詩人でもあった人物だ。彼の残したテキスタイルや壁紙のパターンのデザインは、現在も人々に愛され続けている。
展示されるのは、約100年前に作られたオリジナル作品をバックライトフィルムで展示されるらしい。素敵な模様があふれる展示になりそうだ。


チラシに載っているテキスタイルだけを見ても今でもよく目にするデザインばかりだ。繊細だがダイナミックなテキスタイルは、色使いも絶妙だ。チラシの作品は色刷りの木版画やジャガード織りの生地など。観ているだけで、良い気分になる作品ばかりだ。

2006062708460320060627085105

20060627085602場所は、京都駅ISETANの7Fの美術館「えき」。
期間は、7月5日(水)~7月30日(日)。
入館料は、大人が700円、高校・大学生が500円、小中学生が300円。
興味のある人は、出掛けてみては。


という訳で今朝の1枚は、William Morris

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.27 08:42 / TB[0] / CM[2]


風景スケッチ       ああ、いいなぁ 
趣味悠々

今日、晩ご飯を食べながらなんとなくNHK教育テレビを見た。趣味悠々という大人のための趣味の薦めの番組だ。ご飯を食べていて、何も番組がなかったので、何となく回したチャンネルでこの番組を見かけた。
この番組が本当に良い番組だった。最後は涙を誘うほど、良い番組だった。今日見たのは「自分流スケッチスタイル」。日帰りで楽しむ風景スケッチの最終回だ。よりによって最終回を見て感心したのだから、残念だ。もっと、早く知っていたら良かったのに。

講師は、野村重存(のむらしげあり)さん。
NHKのホームページで紹介されたプロフィールはこんな感じだ。
画家。1959年生まれ。86年多摩美術大学絵画科油画専攻卒業。88年多摩美術大学大学院(美術研究科絵画専攻)修了。92年まで同大学美術学部油画科研究室助手。以降、美術専門誌・技法書の編集を経て、現在、美術館の学芸課長として勤務。また、カルチャースクールなどの講師も務め、丁寧でわかりやすい教え方には定評がある。毎年個展を中心に作品を発表。著書に『はじめての風景スケッチ』『三原色で描く風景スケッチ』(共に旬報社)がある。神奈川県在住。


この先生が、俳優の斎藤洋介(さいとうようすけ)さんと元宝塚の愛花みれ(あいかみれ)さんと一緒にアウトドアで風景のスケッチの楽しみ方を体験するといった番組だ。もちろん、先生がテクニックも説明されるのだが、何よりも楽しみ方を手ほどきしてくれるのが素敵だった。
今日は最終回ということで、斎藤さんはパノラマスケッチに挑戦し、愛花さんは、ポストカードにスケッチをチャレンジしていた。
1面が葉書サイズになったジャバラ上の紙にスケッチを描いていき、最後は横幅が2mにもなるパノラマスケッチを斎藤さんは描いた。山の稜線を順に描いていき、1面が描けたら次の1面と描き進んで、途中に見えた柿の木や道標を描き止めていく。目の前の風景を本当に楽しそうに描く斎藤さんの姿を見ているこちらにも楽しさが伝わってきた。

愛華さんも、ポストカードに綿帽子になったタンポポや、水を張った棚田にカラスがとまっている風景など、スケッチを楽しんでいた。
野村先生は、色を塗るときも簡単なアドバイスだけで、後は楽しんで描く事だけに集中できるよう、二人の絵を誉めるばかり。
野村先生が、こんなことを言われた。
うまい下手なんて関係なく、自分が見た風景をスケッチする楽しさを味わって欲しい。ちょっと外に出る勇気を持って、ゆったりした気分で楽しんで欲しい。あー、絵ってこんなに楽しいもん何だと見ていて本当に素直に思った。私も今度スケッチに行こう。

番組の最後に最終回ということで、愛華さんが野村先生と斎藤さんに素敵な言葉を添えて絵手紙をプレゼントした。野村先生も斎藤さんも嬉しそうに目を拭っていた。なんて素敵な番組なんだろう。
ブログでは説明しきれないが、7月3日(月)の午後0時30分~55分に再放送があるので、是非見るかビデオに録画して欲しい。
あんまり良かったので、NHKのホームページから御意見・御感想を投稿してしまった。

久々に良い番組だったので、思わずブログで紹介した。

日帰りで楽しむ風景スケッチ 日帰りで楽しむ風景スケッチ
野村 重存 (2006/03)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る

    TSUTAYA online 

blogblog ああ、いいなぁ / 2006.06.26 23:18 / TB[0] / CM[0]


Rainy Days And Mondays       モブログ 
20060626093003今朝も雨降り。梅雨らしい空模様だ。今日は、Rainy Days And Mondays で、週明けの1日としては、一番嫌なお天気だ。ぼやいても、また、1週間が始まる。
Carpenters - Carpenters - Rainy Days and MondaysRainy Days And Mondays Carpenters



私の会社は有休の締めが9月末日にあり、毎年20日もらえる。翌年への持ち越しは最高で20日なので、最大だと40日の有休がたまる。
これに加えて、世間が、ゆとりゆとりと騒いだ時ぐらいに、更に夏休みとして5日の有休が別に追加された。給料は下がった代わりに休みだけは、山のように支給される。
でも、人は減らして生産性を上げないといけないから、負担は増えて、休めない。休まないと、中途半端に強い組合が、労働者の権利を放棄するなと細かくチェックする。
本当に困ったものだ。誰だって休みたい。けど休めないのだ。

で結局は、2時間か半日単位で毎日ちょっとずつ有休を取って、無理やり消化させる訳だ。なんか矛盾していて、ちょっとやりきれない気分だ。(-"-;)
取れない休みは、もう十分。昔に流行ったドラマじゃないが、「有休くれるなら、金をくれ!」って感じだ。

あー、休み取らなきゃ。また、映画でも観に行くか。chiecomさんが、おススメのm:i:3なんか良いかもしんない。
文句ばかり言っても始まんないし、今日も1日、張り切って行こう!

という訳で今朝の1枚は、Rainy Days And Mondays

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.26 09:30 / TB[0] / CM[2]


TSUTAYAに散歩       モブログ 
20060625170138今日は雨降り。朝からどこにも出掛けていない。ちょっとだけ、近所のTSUTAYAに散歩に来た。散歩と言っても、雨降りなのでキャロル君がお供だ。

今週の新作は、ブルース・ウィリスシン・シティだ。何となく触手が伸びない。ブルース・ウィリス主演の映画で一番面白くなかったハドソン・ホークを思い浮かべてしまう。で、これはパス。
と言っても、みんな借りられていて、棚には1本もなかった。


で、今日はヒューマンドラマと書かれた棚から探すことにした。
そして選んだのが、2本の作品。
1本はトゥルー・ストーリー、イランの映画。もう1本は天国へのシュートだ。こちらはオランダの映画。偶然、選んだのが映画ではあまりなじみのない国だ。詳しくは、また観てから

という訳で、シン・シティは、ちょっとパス。

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.25 17:01 / TB[0] / CM[2]


日常色辞典       たわいもないこと 
最近、ARTな話題が多いKinoLogだが、普段生活の中で目にする日常の色を色見本風にまとめてみた。

トラの手色 Tora's Hand Yellow Color Code : #F8CF7F
トラの手色
TORAの手の色だ。お手洗いに入っていると、魔の手が忍び寄ってくる。ドアの下からTORAが手を入れてくる。その手の色が遊んでよとチラチラ動くのだ。


与楽の苺色 Yoraku Strawberry Color Code : #FA0457
与楽の苺色
近所にここら辺では評判の、与楽という和菓子屋さんがある。どの御菓子もおいしいが、一番有名なのは、苺大福だ。だから、屋根の上には大きな苺が転がっていて、そのの色が綺麗なのだ。


猫オヤジ色 NekoOyaji Green Color Code : #007701
猫オヤジ色
我が職場には、猫オヤジがいる。全体に丸まっていて、手も丸っこいから指の第2関節でキーボードをたたいているように見えるから名づけられたあだ名だ。猫オヤジは冬になるとこの色のカーディガンを羽織ることが多いので、猫オヤジの馴染みの色だ。


切替色 Kirikae Blue Color Code : #C4D2F6
切替色
職業がら、サービス開始の切替作業のときは貫徹で夜中に作業することがある。その時に作業が終わった後にみる朝焼けの色だ。お疲れちゃんが報われる瞬間だ。


蔦屋色 TSUTAYA Blue Color Code : #0A2D55
蔦屋色
皆さん、御馴染みのTSUTAYAの青だ。青というより藍色か紺色といった方が正しい。毎週、週末には、このTSUTAYAにお世話になっている。今日も後でTSUTAYAに行こうかな。


薄蔦屋色 Pale TSUTAYA Blue Color Code : #195FBC
薄蔦屋色
TSUTAYAでレンタルするとこの色の袋に入れてくれる。最近は、この薄蔦屋色が少なくなり少しだけ薄めの蔦屋色が主流になってきた。結構、お世話になっている色だ。


鶯ボール色 UguisuBall Brown Color Code : #7C3425
鶯ボール色
この鶯ボールだが、関西では、ポピュラーなお菓子だ。茶褐色のボールがはじけて白いサクサクの生地がはじけて、薄く飴状のコーティングがされている。見た目は艶々していて、茶色い部分はカリッと硬めだ。この濃い茶色と白のコントラストが良い感じだ。


東寺青 Toji Blue Color Code : #1386FF
東寺青
去年の暮れ、会社に行く途中に見た当時の五重の塔のバックに広がった澄み切った青空がすごく綺麗だった。青というのはこういう色だなと思う青が広がっていた。


という感じで、日頃は気にしていないが、色んな色に囲まれて生活している訳だ。
    TSUTAYA online 

blogblog たわいもないこと / 2006.06.24 13:17 / TB[0] / CM[0]


空き箱大好き♪       TORA 
2006062309180220060623091209
今朝は雨は止んでいるが、何時降ってもおかしくない曇り空。傘を持ってお出かけだ。

昨晩、嫁さんに頼まれてしまってあった扇風機を箱から出した。空き箱が大好きなTORAはご覧のように箱に入って満足顔。今朝も起きたら、リビングにあった大きな袋の中に入っていた。
抑抑、猫はこういう狭い所が好きだと思うが、TORAの場合は、段ボール箱をさわっているのを見つけただけで寄ってくる。お父さん、早く開けてニャー、という感じだ。

昨日は、色見本の事をブログしたが、色に付けられた名前は素敵な名前がたくさんある。

◆東雲色(しののめいろ)
東の空に朝日が上ろうとする朝焼けの雲が、黄色味を帯びた赤色になる時の曙の空の色を表わす名前だ。曙を東雲と表現するのが、洒落ている。

◆今様色(いまよういろ)
簡単に言うと、今流行りの色だ。では、この今とはいつかというと、平安時代の事だ。源氏物語や宇津保物語にも今様色の表現があり、当時流行した濃い紅梅色のことを言うらしい。今年の今様色は何色だったっけ?

◆亜麻色(あまいろ)
あの大ヒットした「亜麻色の~♪」の亜麻色だ。元々は日本語にあった色名ではないそうだ。ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」なんかも有名だが、淡い黄色味を少し帯びた薄い茶色を指す名前だ。今なら茶髪も金髪も真っ赤な髪をした日本人もいるが、元々日本人にはそういう髪の乙女はいなかったはずだ。だから、亜麻色の髪の乙女の亜麻色は、西洋人の女性の髪の色であり、日本人には縁のない色だったようだ。

などなど、まだまだ色々と素敵な色の名前があるが、今朝はここら辺で終えたい。

という訳で今朝の1枚は、TORAは箱大好き。

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog TORA / 2006.06.23 09:12 / TB[0] / CM[6]


色々な色       モブログ 
20060622090306今朝は少し曇り空。夜には雨が降るらしい。今日は傘を持ってお出かけだ。

様々な色見本というものがあるかと思うが、色見本を見るのが大好きだ。紙、印刷、そして写真のような水引きの色見本など、いろんな素材にそれぞれの色見本がある。どれもカラフルで見ているだけで楽しく、何度見ても飽きない。
水色黄緑黄色橙色桃色などの基本色に加え、浅葱や藤色、桜色などの中間色があり、色の世界は、無限大だ。


抑抑、朝起きてから夜眠るまで、一日中色の世界の中で生活している。
明るい茶色と白の縞模様のTORAに起こされ、淡いグリーンの歯磨きで歯を磨き、インディゴブルーのジーンズをはいて、深みのある茶色のアイスコーヒーを飲んで家を出る。
当たり前だが、いろんな色に囲まれて生活している訳だ。夜寝て夢を見ても、モノクロではなくの世界があると思う。
20060622091002だから色の数は無限大であり、名前を付ける事自体が無意味に思えるが、生活の中で馴染み深い物に名前を付けるのが人間だ。だから、海のない山で暮らす人は、マリンブルーを知らないし、海で暮らす人は、萌えるような紅葉の色は知らない。
そういう多くの色を1冊の色見本で見られる贅沢で楽しい時間を持てるから、色見本を見るのが大好きなのだ。

ちなみに最近のお気に入りの本は、日本の色辞典。染色家の吉岡幸雄さんの本で、日本の伝統色について豊富な写真を使って、1つ1つの色の名前の成り立ちや染色の方法が解説されていて、読み物としても楽しめる素敵な本だ。
色の名前は、今様色桔梗色群青色など、どれも雰囲気のある素敵な名前が多い。群青なんて、青が群れている青だから、深くて美しい青オブ・ザ・青という感じだ。
今日も朝から、何のこっちゃブログになってしまったが、そんな事が頭に浮かんだのでブログしてしまった。

という訳で今朝の1枚は、色々な色

日本の色辞典 日本の色辞典
吉岡 幸雄 (2000/06)
紫紅社
詳細を見る
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.22 09:03 / TB[0] / CM[2]


ARTな趣味?       モブログ 
20060621091821今日も快晴。晴れの日が続いている。

昨日は、嫁さんのお友達がブログを見て、Calligraphyを見に来てくれたそうだ。それを聞いて、ちょっと嬉しかった。
最近、CalligraphyでKinoLogに遊びに来てくださる たりあさんは、きちんとレッスンを受けられていて、私のような自己流というか適当にやっている人間から見ると、基本が出来ていて本当にお上手だ。たりあさんが練習されているシートを拝見して、本当にそう思った。
私の場合、街で興味を引くものを見掛けたりしたら、すぐにしたくなる。出来るか出来ないかを一応は考えるが、自分で都合よく考えて、根拠のない自信で、出来そうな気になっている事が多い。
Calligraphy以外には、押し花、色鉛筆、水引きなどなど。


大概そういう物を目にするのは、銀座のITOYAさん。ここに行くと欲しい物だらけ。関西に戻って来た時、ITOYAさんに関西にも進出して欲しいと、ITOYAファンとして熱烈なメールを送ったほどだ。

押し花もこれまた、オッサンがする事としては、乙女チックなものだが、薔薇やカーネーションの花をスライスしてボードに貼り付けて、Calligraphyを描くと、メチャメチャ良い感じになるのだ。Calligraphyのあらを隠してくれる訳だ。従兄弟の結婚式には、薔薇の花束の押し花に大きい平筆でEverlasting Happiness と描いてプレゼントした。だが、押し花は色が褪せるという事を忘れていた。一応、赤色が綺麗に発色する薬液を塗って長持ちするようにしたが、結婚を祝うには、ちょいまずかったかなと反省した。

水引きも最近はカラフルで、これまた興味を持ってしまい、調べてみたらさん・おいけさんという会社が有名だったので、どこで手に入るかメールで問い合わせをした。Calligraphyをしていて、アクセントとして使う素材として素晴らしい事をメールで送ったら、専務さんがメールを見て丁寧なお返事をいただいた。偶然にも今住んでいる場所の近くに会社があり、そちらに伺わせてもらえることになった。なんて良い人なんだ。タダのサラリーマンの興味に対応していただけるとは思っていなかったので、本当に嬉しかった。会社を訪ねた時も本当に丁寧に対応していただいて、恐縮しまくった。後日、専務さんから、ご自分の見本帳まで送っていただいた。素敵な会社なのだ。

という感じで、すぐにしたくなる性分というか考えの浅いところがある。こんな調子なので、どれも中途半端。趣味の世界だから、まあ良いか、と都合よく考えている。

という訳で今朝の1枚は、この花何の花

この水引がさん・おいけさんの水引だ。素晴らしい!
水引
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.21 09:18 / TB[0] / CM[2]


秘技!前方宙返り       モブログ 
20060620082716今朝は快晴。良いお天気だ。梅雨の割には雨が少ないような気がするが、晴れの日は良い気分だ。
昨晩、寝ようと思ったらTORAが高飛び込みのような屈伸抱え込み前方宙返りの姿勢で寝ていた。この見事なフォームを見たら、オリンピックも夢じゃないと思ってしまうほどだ。
TORAは、夏に向かって毛が生え変わる時期で、最近よく毛が抜ける。だから、汚れている訳ではないが、毛づくろいをしてヘアボールがお腹にたまってもいけないので、シャンプーをしてやった。風呂場に入ってくるのは大好きだが、洗われるのは大嫌いだ。洗濯用の桶にお湯をはり、TORAをつかまえてシャワーをかけてシャンプーをした。怖いから逃げようとして大変だった。可哀相なのでなるだけサッサと洗ったが、一苦労した。取りあえず、夏に向けての対策は完了した。


ははー、なるほど!風呂場でいやというほど水をかぶったから、あんな格好で寝ていたのかも。

という訳で、今朝の1枚は、秘技・前方宙返り!10点、10点、10点、10点、10点。やりました、満点です。
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.20 08:27 / TB[0] / CM[0]


Calligraphy その2       Calligraphy 
ジャジャーン!これを作った! 画像を押して見て!


構想10時間、制作4時間。久々に Calligraphy にチャレンジした。
今日は代休で三連休。土曜日は子供の頃の地図の小旅行。日曜日はのーんびりしていた。こののーんびりした気持ちの時に、この間ブログにも書いたし、久々に描いてみようかという気になった。
いつも人のためには描くのだが、我が家にはほとんど飾っていない。というか、大したものを描いたことがない。
だから、嫁さんにも嫌味を言われるので、家に飾れるようなものを描くことにした。
という訳で、昨日MUSASHIに行って、F6のデッサン用の額と合うサイズのイラストボード、ボードを飾る小物の類を買ってきた。帰ってきてから、何を書くか悶々と考え、Beatles In My Life を描くことにした。詩も素敵だし、ボードに描くのに良い感じと思ったからだ。
これから夏なので涼しげな感じもいいかと思ったが、ほんわかした感じにしたかったので、ブラウン系に黄緑やオレンジを足したちょっと秋っぽい感じになるかもしれないが、暖かな感じで作ることにした。
では、制作過程を順を追って紹介したい。

Call01.jpgまずは、枠に合わせイラストボードに薄く鉛筆で枠取り。要するにレイアウトだ。そこでまず、イタリック体でタイトルを書く。
一色では単調なので、ブラウン系の色にオレンジとシャトレーゼ、アルピン・ローズを加えて楽しい感じに


Ink01.jpgInk02.jpg

インク瓶を並べるとこんな感じ。ドクター・マーチンのインク。このインクが一番使いやすいし、色も豊富だ。色の名前も素敵な名前が多い。
左から、ローズマダーアルピン・ローズオレンジタバコ・ブラウンラディッシュ・ブラウンシャトレーズベージュバーント・シエナ。このシャトレーズ=黄緑色が良い感じの色だ。

Ink03.jpgInk04.jpg
これが、インク瓶が入った引き出し。キャップがスポイドになっている。本来はイラストを描く人が使うそうだ。右にあるのはピグメント。溶剤と顔料が入っている。ラメの入ったものもある。

Call02.jpgタイトルを書いたら次は、カッパープレートで詩を書く。途中で書くスペースが足らなくならないよう、必要な行数分のスペースをあらかじめレイアウトしてあるので、その線に沿って描いていく。


Call04.jpgカッパープレート体はこんな感じの書体だ。基本はラディッシュ・ブラウンで描いて、5つのエリアの先頭だけ色を変えてアクセントにした。


Pen03.jpgPen04.jpg

イタリック体は先が平べったくなったペンで描く。スピードボールというメーカーのペン先が有名だ。大きさも色々あり、何より描きやすい。ペンは付けペンなので、付けすぎないように気をつけて、薄くかすれる前にインクを足しながら描く。

Pen01.jpgPen02.jpg

カッパープレートは、ホルダーの形も特殊。ご覧のように先の方でくの字に曲がっている。こういう角度で紙に書く必要があるからだ。ペン先は薄くとんがっている。強く押すと太く、力を抜くと細い線が書ける。

Call07.jpg一通り詩が描けたら、最後は回りに飾りをつける。細い線はカッパープレートペンで引き、花や葉っぱはスピードボールで描いていく。こちらには、ピグメントのラメ入りのインクも使う。


Call13.jpg花はフローズド・ピーチサフラン・イエローのラメだ。うまそうな名前だ。
葉っぱには、鮮やかなエイプリル・グリーンを足した。この名前も四月の緑って、良い名前だな。
葉っぱにはプラチナも使い、ちょっとうるさくならない程度に鮮やかな感じにした。


Call10.jpgこれでペンで描く工程は終わりだ。
ここで、下書きした鉛筆書きを消していく。結構これが気を使う。インクによっては消しゴムですれて色が滲むことがある。慎重にそーっと消す。


Deco02.jpgDeco01.jpg









これからが楽しい工程だ。
デコレーション用に買ってきたシールを配置していく。ああでもない、こうでもないと、これが楽しいのだ。

Deco03.jpgこのシール、イギリスからの輸入品で筆ペンで御馴染みのクレタケが扱っている。結構、色んな形があって可愛いでしょう。


Deco04.jpgDeco05.jpg

最後に右隅に銘を入れる。というほど大したことはないが、名前の頭文字の「ひ」の印を押すのだ。

Hanko01.jpgHanko02.jpg

この石でできた印がなかなか良い感じでしょ。
この印を押して、フレームにはめて、出来上がり!!

Call12.jpg


という訳で、今日はARTな人の一日だった。

    TSUTAYA online 

blogblog Calligraphy / 2006.06.20 00:42 / TB[0] / CM[2]


今日は代休       モブログ 
20060619152116今日は楽しい代休だ。この前の休日出勤の代わりのお休みだ。月曜の休みだからなおさら嬉しい。

実はこのゆったりした時間を持てたので、昨日からある事をしている
それは、うまく行けば今晩にでも公開したい。
それをしていてちょっと疲れたので、気分転換にコンビニに来たところでパチリ。


という訳で、今日の1枚は、セブン、イレブン、良い気分♪

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.19 15:21 / TB[0] / CM[0]


子供の頃の地図 その2 三光       昭和の思い出 
子供の頃の地図 その2 ~ 真田山の続き



三光神社も良く遊んだ場所だ。夏には夏祭りがあり、夜店が並び、ヒヨコすくい、綿菓子、スマートボールなど、子供にとっては一大イベントだった。





これが三光神社の鳥居だ。この石の鳥居は、戦後修復されたもので、元々あった鳥居は空襲で倒壊したそうだ。
その事を後世に伝えるため、片側の柱はそのまま残されている。

三光神社の参道の灯篭の横に紫陽花が咲いていた。ちょうど雨が少し降ってきて、雨に濡れた紫陽花がとても綺麗だった。

この神社には、この地に馴染みの深い真田幸村の銅像がある。
この写真をあらためて見ると、雨が降っていたから傘をさしているように見える。なんか可笑しいが、念のため、傘ではないので。

真田 信繁 (さなだ のぶしげ、永禄10年(1567年) - 慶長20年5月7日(1615年6月3日))は、安土桃山時代から江戸時代の前期の武将である。一般には「真田 幸村(さなだ ゆきむら)」の名で知られている

これが、大阪城まで続いていたという伝説の伝わる抜け穴だ。子供時は柵がなかったので、ためしに友達と入ってみたが、真っ暗で怖くなって、すぐにやめた。

穴の中を試しにフラッシュを焚いて取ってみたが、途中で左に曲がっていて良く分からない。
途中で塞がっていて、大阪城まで続いていたかどうかは分からないらしい。でも、子供の時にはみんな続いていると結構信じていたなぁ。

三光神社の鳥居の前には、夏場にはよく金魚すくいのおじさんがやってきた。
よくお小遣いで、何回も行って針金に紙を貼ったポイですくったなぁ。

三光神社のすぐ近くには、アマノという駄菓子屋さんがあった。小柄なおばあちゃんが店をやっていた。
おせんべい、スルメ、当てものとかをしたものだ。三丁目の夕日の世界がここにもあった。今は、もう駄菓子屋はされていなかったが、今もお住まいのようだ。

家の近くの銭湯はなくなっていたが、三光神社のそばにある花見湯はまだ営業されている。懐かしいなあ。
よく銭湯で、あっちゃんと長い時間遊んでいて、風呂屋のおじさんに怒られたなぁ。

三光神社から玉造はすぐ近くだ。玉造には日ノ出通り商店街がある。この商店街にもお母さんと一緒に買い物に来た。この商店街には映画館もあり、ゴジラの映画を良く見に行った。

この本屋お母さんに色んな本を買ってもらった。
怪獣大図鑑は宝物で、穴が開くほど読んだなぁ。レッドキングの胃はこうなってるのかなんて感心して読んでいた。



今日1日で歩いた距離はどのくらいになったんだろう。3時間以上は、歩いたはずだ。行けないところもたくさんあったが、こんなに小さな世界だったとは思わなかった。
今日見た場所はどこも子供のときに見た記憶と違い全て小さく見えた。
大きく見えたのは、昔から立っていた木だけだった。自分が大きくなったんだろうか、街が小さくなったんだろうか。
今日も歩いていて思ったが、原っぱや空き地はほとんどなくなり、それに代わって、駐車場の数がやたらに増えていた。今もあちらこちらで工事をしており、また何年か経つと違った風景に変わってしまうのだろうか。
仕方ないことかも知れないが、なんか寂しいなぁ。
    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.06.18 01:03 / TB[0] / CM[8]


子供の頃の地図 その2 真田山       昭和の思い出 
子供の頃の地図 その2 ~ 清水谷・東雲の続き



通っていた幼稚園は真田山幼稚園。小学校は真田山小学校。遊んでいた公園は真田山公園。皆さんご存知の戦国武将の真田幸村が大阪冬の陣で出城を作り徳川勢の攻撃を防いだ場所だ。
このあたりは上町台地の中でも高台にある場所で坂も多いところだ。





この小学校が、私が通っていた真田山小学校。壁や玄関も綺麗になり、子供の頃の古い校舎のイメージはなくなったが、真田山小学校のユニークな形をしたプレートは昔のままだ。
この文字の形が、何とも可愛い。あー懐かしいなぁ。

真田山小学校の向かい側に大きな公園がある。真田山公園だ。
野球場やプール、テニスコートもある大きな公園だ。
ここでも良く遊んだが、変なもので学校の近くなので、帰ってからまた学校のほうに行く気がしなかったからか、日曜日にしかあまり遊びに行かなかったような気がする。

真田山幼稚園は、真田山公園の中にあった。小さな幼稚園だ。桜組さんだった。
小学校は、6クラスあった結構大きな学校だったので、この小さな幼稚園に入るのは大変だったようだ。

真田山公園と真田山小学校をつなぐ歩道橋の上から撮った写真だ。
この道は今も昔も綺麗な通りだ。この歩道橋が出来たのは、小学校の3年生の頃だったと思う。交通事故に合わないよう、建設されたものだ。


真田山小学校の裏には、陸軍墓地がある。日露戦争で亡くなった人達のお墓だ。かなりの数の墓標がある。
かなり古いお墓で、同じ形の墓が整然と並んでいるのを見ると死んでも軍隊だなと思ってしまう。
夜にこんなとこには行かなかったが、この場所はそんなに怖いと思ったことはなかった。この墓地には原っぱもあり、子供の遊び場にもなっていた場所だ。

この陸軍墓地にも大きな木があった。写真では分かりにくいと思うが、太い幹の大きな木だ。お墓より、こっちの木の方が迫力があって、怖かった。

空堀町から真田山界隈にはお寺がたくさんあった。
すぐ近くには、善福寺というお寺があった。御本尊は弘法大師で、何でか良く知らないが、どんどろ大師と呼ばれていた。
子供の頃、マグマ大使が流行っていたので、覚えやすい子供にもなじみのあるお寺だ。夏には、漫画映画の上映会もしてくれる素敵なお寺だった。
昔の写真

家から学校へ行く道中にも4つぐらいかお寺があった。本当にお寺の多いところだ。
この坂道の右側は、明星高等学校。いとこの通っていた学校だ。昔から中高一貫教育で、吹奏楽部のの人は親父の喫茶店に良く来ていた。
店を閉店するときも、OBの人達が来て演奏してくれたそうだ。


考えてみると住んでいたところは、公園とお寺と学校が多い場所だったな。
すぐ近くに高校が3つもあったし、お寺は数え切れないくらいあった。公園も6つぐらいあったと思う。大阪市内だったが、ゆったりした雰囲気のあるいいところだったな。

三光神社編に続く・・・

    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.06.17 23:30 / TB[0] / CM[2]


子供の頃の地図 その2 清水谷       昭和の思い出 
子供の頃の地図 その2 ~ 空堀の続き



子供の頃に、一番遊んでいた公園が清水谷公園だ。学校から帰るとランドセルを置いてあっちゃんと公園に行ってよく遊んだ。
大きな交差点は東雲町の交差点と呼んでいたと思うが、今は空堀町という名前に変わっていた。東雲町の方も遊び場がいっぱいあった。
今の子は、公園にいく余裕があるのかな。塾に行って、TVゲームして、家にいる時間が多そうだな。子供は外で遊ぶのが一番





今日、子供の頃の地図の一人歩きをして、最も嬉しかったのがこの場所だ。
この木は、昔のまま何も変わっていなかった。遊具も新しくなり、石垣は直され、フェンスが出来て公園の様子も変わっていたが、この木は昔のまますっくと立っていた。友達と遊ぶときの待ち合わせ場所が、いつもこの木だった。
自然は、すごいな。今も変わっていなかったのは、本当に嬉しかった。

ここは清水谷公園の上の方の広場。昔は、真ん中にコンクリで出来た大きな滑り台があって、親父凧揚げをしにきた場所だ。

清水谷公園の脇にある石段。ここでは、缶蹴りをしてして遊んだものだ。石段の一番上に缶を置いて、できるだけ遠くへ蹴っ飛ばした。単純なルールだったが、楽しかったな。

ここは、清水谷公園より家に近い場所にある大阪府立清水谷高校だ。ここでも、あっちゃんといたずらしたな。
バスを待っているお兄さんが塀の上においていたカバンをつついて、どぶに落として逃げたものだ。
色々思い出すと、いたずらばかりしていたような気がする。

ここは、記憶にある場所じゃないが、あまりにもすごいので、写真に撮ってきた。
外から見たら良く分からないが、3階か4階建ての建物で、屋上やベランダから木が生い茂っている。写真では分かりにくいと思うが、玄関横から2階を突き抜けて大きな木が聳え立っている。これだけ木が育っているから子供の頃からあったはずだが、覚えていない。
こんな強烈な建物を覚えていないはずはないのだが?うむむ・・、謎だ。

家から北のほうに上がると、大阪女学院がある。クリスチャンのお嬢様学校だ。学校の角のほうには細川ガラシャ夫人の像もあった。
ここには、クリスチャンセンターという結婚式やカルチャースクールもあり、子供の頃は絵を習いに行っていた。この時の影響だと思うが、下手だけど絵を描いたりすることは好きなほうだ。昔は大きな芝生があったが、今は駐車場や新しい建物が増えて窮屈な感じに見えた。

大阪女学院の向かい側には寺山公園という小さな公園があった。清水谷公園がホームグラウンドとしたら、いろいろあるサブグラウンドといったところだ。
縦長の公園なので、かくれんぼや缶蹴りには不向きな公園なので、いつもの公園に飽きたときに来ていたことが多かったと思う。

公園を歩いたら、野良猫君が4匹集会の真っ最中。
人間をそんなに怖がってはいないようだ。構って欲しくはなさそうだが、そばに行っても逃げる気はあまりないようだ。


やっぱり、遊んでいた場所に来て見ると色々思い出して、楽しい気分になる。だけど、思い出すのはいたずらしたことばかりだ。

真田山編に続く・・・

    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.06.17 22:23 / TB[0] / CM[0]


子供の頃の地図 その2 空堀       昭和の思い出 


子供の頃に住んでいた場所。大阪市天王寺区空堀町。
玉造から南の心斎橋に抜ける長堀通りに面した場所で親父が喫茶店(ドゥウ=DEUX)を営んでいた。その頃の記憶の地図は、子供の頃の地図 その1でも書いたが、今日はその場所がどうなっているか確かめたくなり、行ってみた。
まずは、実際にすんでいた空堀町界隈から紹介したい。





地図のあっちゃんちが、弥生鮓の看板のあるお寿司屋さん。あいにくお休みであっちゃんには会えなかった。
その右隣に家があった。昔のまま残っているのはあっちゃん家だけだ。
2階建ての家がほとんどだったので、町の変わりように驚いた。
店の前から写した写真だ。シャッターが下りていて、少し残念だった。その隣が我が家のあったところ。
今は、2階がショールームのようになっていた。

こちらは、裏にあったお風呂屋さん市場があった通りだ。今は面影もない。友達の家ももうなかった。

市場があった場所には大きなマンションが建っていた。2000年ぐらいまではあったようだが、なくなっていた。
寂しいなぁ。

幽霊の空き家は、まだ残っていたが、1回は荷物置き場になっていた。1階ももっとおんぼろだったと思うが、今見たら大したことのないボロ小屋だ。

ここで、あっちゃんとライトバンの上に乗って遊んでいて、店の親父に追っかけられたところだ。逃げ込んだ路地も無くなっていた。

その斜め向かいに昔からある粟おこし屋さんを見つけた。浪速名物粟おこしの島屋総本店だ。
懐かしい。ここは昔のままだ。

ここの文房具屋さんで、スパイ手帳とか買ったな。溶ける紙とかが付いていて、スパイごっこをして遊んだものだ。

えらい可愛いヘアサロンも出来ていて、町の様子はかなり変わった。小さなお店はかなり姿を消して、高いビルや100円パーキングが増えていた。

道の形はほとんど変わっていなかったが、街は思っていた以上に様変わりしていて、驚いてしまった
やはり30年という月日は長いということかなぁ。

清水谷編に続く・・・

    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.06.17 21:24 / TB[0] / CM[0]


三光神社に咲く紫陽花       昭和の思い出 
20060617133623パラパラ雨が降ってきたと思ったら、本格的に降り出してきた。
三光神社まで来ていたので助かった。玉造には、すぐ行ける距離だ。雨の中に咲く紫陽花がとても綺麗だったのでパチリ!本当に雨が似合う花だ。
11時少し前に着いて歩き回ること3時間。日頃の運動不足のせいか足が少し痛い。でも、たくさん歩いたが、子供の頃はもっと大きく広い世界だと思っていたが、こんなに小さな世界だとは思わなかった。


十年一昔と言うが、30年も経つとこんなに変わるものだとは思わなかったなぁ。

詳しくは、また今晩。

今日の2枚目は、三光神社の紫陽花

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.06.17 13:36 / TB[0] / CM[2]


ちょっと大阪へ       昭和の思い出 
20060617102407今日はちょっと曇り空。午後から雨が少し降ってくるかもしれない。

今日は休日。大阪の方に電車で出かける。目的地は、子供の頃の地図のある場所だ。この前、子供の頃に住んでいた場所の地図を思い出して、昔の事を色々とブログした。
住んでいたのは30年前、それから20年前に一度行ったきりで、現在まで行ったことはない。ブログしてから、どうしても、もう一度行って、あの場所がどうなっているか確かめたくなった。本当はもっと天気の良い日に行きたかったが、また行きそびれるので、今日行くことにした。



あの場所もあの場所も行きたいが、取りあえず行ってみようということだ。
市場、小学校、公園、空き地、お寺、あっちゃん家、どうなっているんだろう。

という訳で、今朝の1枚は「おはようTORA」

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.06.17 10:24 / TB[0] / CM[0]


Day Tripper       モブログ 
20060616084817今朝は雨が上がり、快晴だ。昨日の予報では、朝はまだ雨が残ると聞いていたので、晴れて少し嬉しい。沖縄の方は雨が続いて地盤が緩んでいるとニュースで聞いたが、本当にお気の毒だ。早く雨が治まることをお祈りするばかりだ。
電車が木津川を渡る時に川の様子を見たが、濁った水が勢い良く流れていてかなり増水していた。晴れたが、川の状態は結構危険なので、もうしばらく川には近付かない方が、良さそうだ。皆さんも気をつけて。


今日は、金曜!今日1日頑張れば、明日は休みだ。仲間のワラピー君は、既存のサービスの対応で週末は会社に来ないといけない。ご苦労様です。

今日も、昨日に続き懐かしいCheap Trick を聴きながら通勤。昨日はCarpenters 、今日はCheap Trick 。一貫していないが、あれはあれ、これはこれ。
The Flame、Clock Strikes Ten、Day Tripper とかを聴きながら、良い感じで電車に揺られている。
Day Tripper は、LIVE音源だ。朝からテンションが上がるし、良い感じだ。

♪Day Tripper ~、yeah!yeah!

という訳で今朝の1枚は、朝日をうけて。

チープ・トリック・シルバー・トゥエンティフィフス・アニバーサリー・ホームカミング・コンサート チープ・トリック・シルバー・トゥエンティフィフス・アニバーサリー・ホームカミング・コンサート
チープ・トリック (2004/04/21)
バップ
詳細を見る


(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.16 08:48 / TB[0] / CM[0]


Calligraphy       Calligraphy 
call16.jpg

以前も紹介したことがるが、変わった趣味がある。Calligraphyだ。オッサンの趣味にしては乙女チックだが、結構面白い。簡単に言うと西洋風書道である。
We've Only Just Begunのブログでも書いていたが、弟の結婚式で作ったWelcome Boardが下の写真だ。

Calligraphy.jpg


Carpenters - The Carpenters: Love Songs - We've Only Just BegunWe've Only Just Begun Carpenters

♪We've only just begun to live,
White lace and promises
A kiss for luck and we're on our way.
And yes, We've just begun.


ふたりは今
生きることを始めたばかり
白いレースと誓いの言葉
幸運の口付けを交わして 2人は旅立つ
2人の人生は始まったばかり


♪Before the rising sun we fly,
So many roads to choose
We start our walking and learn to run.
And yes, We've just begun.


日の出を待たずに 2人は飛び立つ
道を選びながら
ゆっくりと歩み始めて
走ることも覚えていきましょう
そう2人の人生は始まったばかり


♪Sharing horizons that are new to us,
Watching the signs along the way,
Talking it over just the two of us,
Working together day to day
Together.


新しい地平線を分かち合いながら
道標に気を配りながら
2人だけで語り合いながら
一日一日と 一緒に過ごしていきましょう
一緒に


♪And when the evening comes we smile,
So much of life ahead
We'll find a place where there's room to grow,
And yes, We've just begun.


そして夕闇が迫れば
ふたりは微笑みあう
人生はまだ長いわ
成長することもたくさんあるでしょう
そう2人の人生は始まったばかり


結婚式にぴったりの曲だと思いませんか

自分で本読んで覚えたので、うまくはないがこういうチマチマしたことをするのが大好きだ。
他にもこういうのを描いたが、最近は全然。こういう事する時間があるときが一番幸せだと思う。気持ちの問題だと思うけど。

call01_06.jpg


call07_02.jpg


因みにCalligraphyの本は、小田原真喜子さんの本が一番分かりやすいし、良いセンスをされている。

カリグラフィー 本格入門独習ブック カリグラフィー 本格入門独習ブック
小田原 真喜子 (1995/03)
日本ヴォーグ社
この商品の詳細を見る


気が向いたら、また何か描いてみようかな。


    TSUTAYA online 

blogblog Calligraphy / 2006.06.16 00:31 / TB[0] / CM[3]


しとしとぴっちゃん       モブログ 
20060615210019今晩は大雨。ズボンもボトボト。気持ち悪い。
明日の朝も雨みたいだ。
梅雨だから仕方ないが、早く明けてくれるのを願うばかりだ。

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.15 21:00 / TB[0] / CM[0]


お姉さんかっちょエー!       モブログ 
20060615085109今朝は雨。降水確率100%。梅雨らしいお天気だ。
紫陽花の青が雨を浴びて嬉しそうだ。

今日は、ちょい二日酔い。昨日は、会社の仲間の何人かで飲みに行った。好きなこと言って、好きなように騒いで酔っ払って帰った。楽しいお酒だ。たまには飲みに行くのも良いもんだ。


今朝も嫁さんの旅行代理店で遅刻気味。後で親方君にメールしておこう。

嫁さんのお姉さんは、私より1こ上。学生の頃、声楽の勉強をされていた。今は、生徒さんにピアノのレッスンをされている。プロフェッショナルだ。かっちょエー
以前に姪っ子の京都造形芸術大の卒業制作展を紹介したが、彼女のお母さんだ。芸術親子である。
今年のお正月に我が家へみんなで遊びに来てもらった時、みんなでカラオケに行った。その時、この2人が歌ってくれたが、S席特別指定で聴かせてもらった。さすが、声楽を勉強されただけあって、声の艶や張りが全然違う。かっちょエーのだ。
姪っ子が歌ってくれたはじめてのチュウも芸達者。あの早回しの声を見事にコピーしていた。恐るべし、姉親子。

で今日嫁さんは、お姉さん家に行くそうだ。お姉さんによろしく!

という訳で今朝の1枚は、雨に喜ぶ紫陽花の青。

はじめてのチュウ はじめてのチュウ
LUV and SOUL (2001/11/21)
トイズファクトリー
この商品の詳細を見る


(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.15 08:51 / TB[0] / CM[2]


We've Only Just Begun       音楽 
20060614085111今朝は晴れ。大阪の最高気温は31℃まであがり真夏日になるそうだ。今日も暑い1日になりそうだ。

今朝は、Carpenters を聴きながら通勤だ。前にも書いたがCarpenters は大好きなアーティスト。カレンの透明感がある声が大好きだ。

Carpenters が流行ったのは中学の頃、昼休みの校内放送は、いつも Please Mr.Postman が流れていた。カレンが亡くなって久しいが、ヘッドフォンから聞こえてくる彼女の声は、今も変わらず輝き澄みきっている。

Yesterday Once More
Superstar
Rainy Days And Mondays
Goodbye To Love
I Need To Be In Love
We've Only Just Begun
Top Of The World
Only Yesterday
Solitaire
..... etc.etc.


Carpenters - Carpenters - Rainy Days and MondaysRainy Days And Mondays

とあげたしたら切りがない。どの曲も優しく美しい素敵な曲ばかりだ。
ちなみに最近は、気持ちのゆとりがないからペンを持つことがないが、Calligraphy いわゆる西洋風の書道というか、ペンを使って文字や絵を描く趣味を持っている。自分で本を読んで自分勝手に覚えたので人に自慢できるような物ではないが、弟が結婚した時にウェルカム・ボードを頼まれて、安請け合いして描いたことがある。
その時にボードに綴ったのが、Carpenters のWe've Only Just Begun だ。
門出を祝福するのにぴったりの素敵な曲だと思ったからだ。結婚式の披露宴で弟が式場に頼んで、この曲が流れた時は、ちょっと嬉しかった。

そういう訳で、Carpenters には色々な思いや想い出がある。あぁ、良いなぁ。

朝から物思いにふけってしまった。
今日も1日、ガンバロー

という訳で今朝の1枚は、道に咲く白い小さな花。

カーペンターズ・ゴールド<スーパー・ショック・プライス>(DVD付) カーペンターズ・ゴールド<スーパー・ショック・プライス>(DVD付)
カーペンターズ (2005/11/23)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog 音楽 / 2006.06.14 08:51 / TB[0] / CM[0]


全国金魚すくい選手権大会       モブログ 
20060613214821駅でなんと第12回全国金魚すくい選手権大会のチラシを見つけた。左上の片隅には、金魚のロゴとNational Championship Of Golfish Scooping YAMATOKORIYAMA の文字があり、反対の右上には、「平和のシンボル、金魚が泳ぐ城下町。」と書かれている。
かっちょエー!


奈良県大和郡山市といえば、金魚の養殖で有名な町だ。他にも、柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺スイカなんかも有名だ。
この金魚すくい選手権大会の決勝が、8月20日に開催される。
個人・団体各部門の優勝者にはハワイ旅行がプレゼントされるそうだ。ユニークなのは、奈良県在住の人は前日の8月19日に奈良県予選をクリアしないっいけないのだ。地元の参加者が多いからバランスをとるためだと思うが、地元の方が厳しい大会はそうざらにはない。
参加費無料なのでチャレンジしてみてはいかがだろうか。団体は3人1チームで350チームが参加、個人の小中学生の部が500名、一般の部が800名だから、総勢2500名が競うかなり大きな大会だ。
多分、金魚すくいは日本特有のものだから、これに優勝するとワールド・チャンピオンを名乗っても良いはずだ。皇帝シューマッハの気分が味わえるチャンスかもしれない。

公認審判員も募集中だそうだ。でも、どんなルールブックがあるんだろう。注意とか警告があるんだろうか。ペナルティとして10秒間の金魚すくいストップとかあるのかな?

詳しくは、下記まで問い合わせを!

大会事務局:奈良県大和郡山市商工観光課
TEL.0743-53-1151 FAX.0743-55-4911


さあ、あなたもKing Of Golfish Scooping になれるチャンス!
公式ホームページはこっち

でも、すごい大会だのう!

詳しい情報は、家に帰ってからまたアップしたい。

◆家に帰って調べてみた。23:32

ルールは、動物愛護の精神に則った素晴らしいルールだ。
以下、ホームページからの抜粋(因みにポイはあのすくうための道具だ。)

◎競技はすべて3分間に1人1枚のポイ(すくい網)で何匹すくえるかを競います。
◎競技は片手(利き腕)だけで行って下さい。
 ボールは水に浮かせた状態にし、遠くに流された場合は、ポイを持っている手で自分の方に引き寄せて下さい。
◎ポイは柄の部分を持って下さい。円の部分を持つのは反則です。
◎3分以内であっても、金魚がすくえない状態までポイが破れた場合は、審判員から競技終了の判定があります。その後、金魚がすくえないポイの枠で金魚を引っかけてすくおうとするのは動物愛護の精神に反しますので、失格になります。


因みに第10回大会の上村恵美さんの61匹が記録のようだ。
うーん、すんばらしい

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.13 21:48 / TB[0] / CM[0]


またまた、切れてなーい       SE日記 
20060613093014
今朝は遅刻。天気は少し曇り空。雨が降りそうな感じはしない。
朝からまた旅行代理店だ。

今日も打ち合わせのオンパレード。サクサク決めて、サッサと済ませたいものだ。
最近、気が短いので気を付けないといけない。この間も本社の部長に切れてしまった。
今やっている作業がスムーズに運ぶように本社の仲の良い課長の団子魔王さんが、本社の部長にこちらの偉いサンに一言入れてもらうように気を遣ってくれて頼んでくれたのだが、その部長さんは、なんで一々そんな事を言わなきゃなんないのといった感じで横柄な態度。別に偉い人なので偉そうに言ってくれても構わないが、元々考えていたスケジュールを前倒しして、いつものルールを変えて対応するので、一言言ってくれるだけでスムーズに事が運ぶのにそういう事を言うのだ。
それも、スムーズに進まないとお互い困る事なのに無神経な言い方だ。
大概は怒らないが、団子魔王の顔もつぶすような言い方は許せない。つい切れてしまった。
「別に言いたくないなら言わなくて結構です。言いたくない人に言って欲しくもありません。」とのたまってしまった。

人間が出来ていないから、すぐに言っちゃダメ回路が麻痺してしまう。
本当は切れなくてもうまく進める技量があれば、切れる必要はないが、そんな技量は持ち合わせていないので、誰に物言ってるか覚悟して物言ってるのか分からしてやろうと思ってしまう。恥ずかしいがヤクザの思考回路に近いかも。
見下した言い方には、敏感に反応してしまう。もうちょい大人にならないといけない。まだまだ尻が青いということだ。
結局、その部長さんは、会議の後すぐにこちらの偉いサンに電話されたとのことだ。1分も掛からないなら、気持ち良くすぐにしてくれちゅうねん!
いかんいかん、また回路が、

そんな感じで、また反省しているが、冷静に冷静に冷静に。怒らない、怒らない、怒らない。
と、自分に言い聞かせて、今日は冷静に行きたいものだ。

目標は、COOLな○○さんと呼ばれること!

切れてなーい?

という訳で今朝の1枚は、わがままOK?ダメダメ!

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog SE日記 / 2006.06.13 09:30 / TB[0] / CM[2]


さあ、帰ろう!       モブログ 
20060612220411今日は9時半に会社を出た。今日も1日頑張った。月曜から良いペースだ。(-"-;)

東寺の横を通ったら、五重の塔が、まだライトアップされていたので、パチリ。モブログした。きれいなもんだ。
このライトアップだが、10時過ぎると消えてしまう。ライトアップされている間に帰るようにはしたいものだ。

Nat King Cole - The Very Best of Nat King Cole - Mona Lisa
Mona Lisa Nat King Cole



今晩は、散髪もしたし涼しいはずだが、蒸し暑い夜だ。湿った空気が顔に張り付いてくる。これからもっと暑くなるのかなぁ。暑いのは困るのう。
今朝は、ほのぼのジョン・デンバーだったが、帰りは渋くナット・キング・コールでリラックス。最近はやりのダヴィンチ・コードに合わせた訳じゃないが、Mona Lisa を聴きながら帰ろう。でも、ナット・キング・コールって良い声してるなぁ。

という訳で、今晩の1枚は、ライトアップされた五重の塔。

ナット・キング・コール・ベスト ナット・キング・コール・ベスト
ナット・キング・コール (2002/02/20)
東芝EMI
詳細を見る


(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.12 22:04 / TB[0] / CM[0]


Sunshine on My shoulders!       モブログ 
20060612085109John Denver - John Denver: Unplugged Collection - Sunshine On My Shoulders
Sunshine on My shoulders John Denver

今朝は青空。良いお天気だ。今日は1日、雨は大丈夫らしい。また、新しい1週間が始まる。

今日も好きな音楽を聴きながら通勤だ。
今朝は何となくジョン・デンバーが聴きたくなった。ジョン・デンバーといえば、カントリー・ミュージックのビッグ・スターで、飛行機事故で亡くなったシンガーだ。映画にも出演したことがある。たしかOHだったと思うが、神様がこの世に現れて騒動を起こすコメディだったと思う。エラのはった顔に丸いフレームのメガネをかけた愛嬌のある顔で皆から愛された人だ。
カントリーロード~故郷に帰りたい、ミスター・ボージャングル、悲しみのジェットプレーン、サンシャイン・オン・マイ・ショルダー~太陽を背にうけて、ロッキー・マウンテン・ハイなど、聴き馴染みのある曲ばかりだ。カントリーロードは、オリビア・ニュートンジョンなど多くの人が歌っているが、私はやっぱりジョン・デンバーが歌うカントリーロードが一番好きだ。
サンシャイン・オン・マイ・ショルダー~太陽を背にうけてなんて、頭のところを聴いただけで幸せな気分になれる。
歌詞も良い歌詞だ。また、帰ってから歌詞もアップしたい。
さあ、今日も太陽を背にうけて会社へ出勤だ。
今週もガンバロー。

という訳で今朝の1枚は、Sunshine on My shoulders!

昨日は、三丁目の夕日で、今日はSunshine on My shoulders。なんか面白い感じだ。

ア・ソング・イズ・ベスト・フレンド~コンプリート・オブ・ジョン・デンバー ア・ソング・イズ・ベスト・フレンド~コンプリート・オブ・ジョン・デンバー
ジョン・デンバー (2004/11/24)
BMG JAPAN
詳細を見る


(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.06.12 08:51 / TB[0] / CM[0]



 +  OLD >


Link

クリックで救える命がある クリック募金とは、クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで、無料で募金ができる仕組みです。 あなたに代わって、スポンサー企業が寄付をしてくれます。
難病情報センター 難病情報センターは、厚生労働省が難治性疾患克服研究事業(特定疾患調査研究分野)としている疾患を中心とした情報を提供しています。
J-FOP~光~ 進行性骨化(化骨)性線維異形成症の患者会のサイトです。FOPの正しい理解、寄付や署名の呼びかけ、活動記録の紹介をされています。
細菌性髄膜炎から子ども達を守りたい 年間約1000人の子ども達が細菌性髄膜炎に自然感染 5%の方が亡くなり、4人に1人後遺症に苦しんでいます。細菌性髄膜炎は、ワクチンで救える病気ですが、まだ十分な医療体制にはないそうです。正しい理解とその活動の記録や支援の呼びかけをされています。
日本ユニセフ協会
ユニセフは、第二次大戦で被災した子どもたちの緊急援助を目的に1946年の第1回国連総会で国連国際児童緊急基金(United Nations International Children's Emergency Fund=UNICEF)として設立されました。その後、活動の重点を開発途上国の子どもたちを対象とした社会開発に移し、国連児童基金(United Nations Children's Fund)と改称されましたが、UNICEFの略称は世界中の人々に親しまれていたため、そのまま現在まで引き継がれています。ユニセフは子どもの権利を擁護する主要な団体であり、2005年現在、155の国と地域で子どもたちの生存と健やかな発達を守るため、保健、栄養、水と衛生、教育などの支援事業をその国の政府やNGO、コミュニティと協力しながら実施しています。また、先進工業国37カ国にユニセフ国内委員会があり、アドボカシー活動(政策提言活動)と募金活動を支えています。資金はすべて任意拠出であり、その3分の2は各国政府からの、3分の1は民間からの拠出です。ユニセフは1965年にノーベル平和賞を受賞。2001年にも、国際連合、国連事務総長コフィ・A・アナンとともにノーベル平和賞を共同受賞しました。
WWF(世界自然保護基金)は、約100カ国で活動する世界最大の自然保護NGO(非政府組織)です。人と自然との共存をめざして、生態系の保全から地球温暖化防止まで幅広く、世界の自然を守る活動に取り組んでいます。WWFの活動はすべて、一般の方々からの会費やご寄付によって支えられています。
JHP・学校をつくる会
JHPは戦争や自然災害で教育の機会を奪われた世界の子ども達に、人種、国籍、宗教、その他の信条の違いにかかわらず広く教育等の援助を行い、また紛争や自然災害で被害を蒙った人々への救援活動と、これらの活動を通じて、次代を担う若者達への地球市民教育を実践することを目的としています。
日本国際ボランティアセンター
JVCは、1980年にインドシナ難民救援を機にタイ・バンコクで設立されました。当初タイ国境難民キャンプでの支援活動を行っていましたが、その後、孤立していたカンボジア国内などインドシナ3カ国の復興に協力し、和平への提言も行いました。また広く難民を生まない国づくりを目指した開発協力支援を行うようになりました。現在は、9カ国・地域で、農村開発支援や教育支援などの開発協力活動、紛争地域での緊急医療活動や交流、関係する調査提言活動を行っています。


KinoLog Factory


KinoLog FactoryでCalligraphy作品を公開中。


Flower


想いを花にのせて スプリングギフト


Music


art1_120x90.jpg

ショップ紹介(小)2


Watch


ブランドロゴ2




MoMA


160-600_flatware=0">


* Designed by cadet; * -----【Login】