FC2ブログ

KinoLog        blog  blog

油控えめ万博世代・40代の映画日記。




Counter



Tora Clock FLASH

FLASHで時計を作って見ました。ダウンロードしたファイルを携帯にメールで転送すると待ち受けになります。下の赤い字の部分を見てね。

携帯用待受けFLASHはこのテキストの上で右クリックして、対象をファイルに保存(A)を選んでください!
リンク先は携帯用コンテンツなのでPCでも表示されますが、時間が表示されません。


最近の記事


お気に入り

いもとようこの世界 Imoto.gif
『ないた赤おに』や『3びきのくま』など素敵な絵本作家のいもとようこ先生の公式サイトです。
TORA WEB


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

kinop

Author:kinop

油控えめ40代映画好き。普通のおじさん。
嫁一人、大学生の息子一人、ネコ一匹。最近、ウサギのポコとモモが冥界へ旅立ち、3人と1匹の我がB型家族。40代も半ばになり、楽しかった70年代に思いを馳せる今日この頃です。仕事はかっこよく言うとIT関係。でも給料は下がる一方。(トホホ・・・)
Profileの写真は、私じゃなく我が家のTORAが車から雪景色を眺めているところ。



月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


RSSフィード


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


TORA音楽涙するとき映画SE日記

ああいいなぁモブログテレビ・ドラマ欲しいもの


 iTunes Store(Japan)


やな研修       SE日記 
20060731084215今朝はちょっと雲が多いが、天気予報では晴れのち曇り。降水確率も20%なので雨の心配はなさそうだ。ただし、最高気温は34℃ぐらいに上がるようだ。アチッ!

今日は会社に一度行ってから、研修のため大阪のビルへ行く。フルピョンも一緒だ。研修は15時頃までなので、研修が終わったらまた京都に戻らないといけない。あー、この暑い日に想像しただけでくたびれる。(-"-;)

研修は、テーマを決めたディスカッション。研修に必要なレポートは昨日の晩に書いた。この手の期限がある物は自慢できないが、いつもギリギリまで放っている。私以外にも似たような奴が何人かいるが、私も今日一緒に行くフルピョンも常連だ。いつも最後の方に提出するので、提出物のサブちゃんと言われている。さしずめ、フルピョンは、五木ひろしといったところだ。
この研修がまたくだらないのだ。本社の人材開発担当の奴等が来て、黙って見てるだけ。与えられたテーマを参加者で話し合い、誰がリーダーシップをとってディスカッションを進行するかにしか興味がない。要するに品評会だ。
また、参加者にもオーバー・ヘッドの仕事ばかりやっている奴が、教科書に書いてあることばかり大きな声で言って、必死で仕切ろうとする。そういう奴に限って人の意見をまともに聞かず、逆にそんな事で良いのですかとのたまうのだ。
別にそれはそれで良いのかもしれないが、私も単純なので、すぐに反応してしまい、切れはしないが反論してしまう。

あー、いかんいかん。人間が出来ていないな。まだまだ、青い青い。
フルピョンも似たようなところがあるので、今日は2人で注意して研修に臨みたい。
目標とする「COOLな○○さん」と呼ばれる日は、まだまだ遠いようだ。
できれば今日は、そういう馬鹿な事を言う奴が来ないことを願うばかりだ。

という訳で今朝の1枚は、今日はスーツで!

(=^・^=)kinop

** Kino **
スポンサーサイト



    TSUTAYA online 

blogblog SE日記 / 2006.07.31 08:42 / TB[0] / CM[0]


ジョーイ       映画 


1973年に全米大学フットボール最優秀選手に贈られるハイズマン・トロフィーを受賞したジョン・キャパレッティと彼の弟ジョーイや家族との絆を描いた感動作だ。

ジョーイ(Something for Joey/アメリカ・1977年)
監督:ルー・アントニオ
製作:ジェリー・マクニーリー
脚本:ジェリー・マクニーリー
撮影:ゲイン・レシャー
音楽:デイヴィッド・シャイア
編集:ゲイリー・グリッファン
キャスト:ジェフリー・ライナス、マーク・シンガー、ジェラルディン・ペイジ、ジェラルド・S・オルーリン、キャスリーン・ベラー、ブライアン・ファレル、スティーヴ・グッテンバーグ


ペンシルバニア州のアパー・ダービィに暮らすキャパレッティ一家は、アンとジョンSr.夫妻とマーティ、ジョン、マイク、ジーンとジョーイの男4人と女1人5人兄弟。長男のマーティはジョイスと結婚して独り立ちしていた。ジョンは州立大のフットボール選手であり、将来有望な花形ランニング・バック。

幸せに暮らしていたキャパレッティ一家に不幸が訪れる。弟のジョーイが、白血病で余命数ヶ月と宣告されてしまう。突然の高熱で意識不明に陥るジョーイ。キャパレッティ一家の愛情と献身的な看護で奇跡的に意識を取り戻す。ジョンは、ジョーイの憧れであり誇りでもある存在。ジョンも弟が病気と闘う姿を見て、弟が元気になることに希望をかけて、アメリカン・フットボールで活躍する。

ジョンの試合にも行けるようになったジョーイは、ジョンに誕生日のプレゼントを頼む。それは、1試合で4つのタッチダウンを決めること。それも全てジョンに決めてほしいと頼まれてしまう。ジョンは、弟のため本当に4つのタッチダウンを達成する。ジョンの勢いは、誰にも止められない。その後も活躍し、ついに1973年のハイズマン・トロフィーを受賞することが決定される。

キャパレッティ一家は、授賞式に招待されジョーイも一緒に家族全員で授賞式に出席することとなった。授賞式でジョンは、両親や家族の愛情に感謝の気持ちを述べて、最後に弟のジョーイを紹介する。彼が白血病であること、自分はフットボールをしている時だけ闘っているが、弟はずっと闘い続けていること、自分は弟から闘うことを学んだことを涙に目を潤ませスピーチするジョン。

司教の祝福の言葉を受け、ジョンとジョーイを誇りに思い、抱き合い涙を浮かべるアンとジョンSr.。ジョーイに駆け寄り、抱きしめるジョンの姿がそこにあった。


これは、実話である。元は、テレビ用に作られたドラマであったが、内容が素晴らしかったことから、劇場用の映画に再編集され日本でも公開された映画である。ジョン・キャパレッティは、プロでもNFLのラムズで5年間プレイをした選手だ。ジョーイは、この授賞式の3年後にジョンに看取られて天国に召されるのだが、家族の愛情に囲まれ発病から10年間もの期間を生き抜いた。


ジョンがジョーイのため、約束どおり試合で4つのタッチダウンを成功させる。ハイズマン・トロフィの授賞式でジョンがジョーイを誇らしげに紹介するシーンでは心の底から熱いものがこみ上げてきた。ジョーイは兄のジョンに励まされ病気と戦い、ジョンは弟のジョーイが病気と闘う姿を見てフットボールに打ち込む。この兄弟の深い絆を見て、感動せずにはいられない。この手の映画は泣かせる為の過剰な演出が多いが、この作品は少し違う。もちろん、涙ウルウルになるが、根底にあるのは兄弟の絆であり病気の悲惨さじゃない。生き抜くことの大切さを伝えている。映画でもジョーイが息を引き取るシーンは映されていない。兄と弟の深い愛情で結ばれた絆を描いた傑作。心の底から熱くなった。
残念ながら、この作品はDVDも製作されていないし、ビデオもかなり前に廃盤になっている。お勧めしたいが、見てもらう術がないのが残念だ。

※amazonでユーズド・ビデオならまだあるようなので、興味のある人は下のリンクからamazonを訪問してほしい。
ジョーイ(字幕スーパー版) ジョーイ(字幕スーパー版)
ジェフリー・ライナス (1988/05/13)
東映
この商品の詳細を見る



    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2006.07.30 13:44 / TB[0] / CM[2]


グレート・レース       映画 
グレートレース 特別版ジャック・レモントニー・カーティスのゴールデンコンビによるスラップスティック・コメディ。要するにドタバタ喜劇だ。素晴らしきヒコーキ野郎、モンテカルロ・ラリーなどのレースを舞台にした華やかで楽しいコメディだ。キザで色男のグレート・レズリー(トニー・カーティス)といつも悪巧みを企てるフェイト伯爵(ジャック・レモン)が、ニューヨーク・パリ間の自動車レースで競い合う。フェイト伯爵は、助手マックス(ピーター・フォーク)とあの手この手でライバルたちの邪魔をするのだが、失敗ばかり。これに、紅一点の女性解放運動に熱心なマギー(ナタリー・ウッド)が加わり、珍道中が繰り広げられる。まさにチキチキマシーン!猛レース状態だ。

グレート・レース(The Great Race/アメリカ1965年)
監督:ブレイク・エドワーズ
製作:マーティン・ジュロー
脚本:ブレイク・エドワーズ
撮影:ラッセル・ハーラン
音楽:ヘンリー・マンシーニ
衣装(デザイン): ドン・フェルド 
スクリプター: エディス・ヘッド
キャスト:ナタリー・ウッド、トニー・カーティス、ジャック・レモン、ピーター・フォーク



映画の冒頭、「ローレルとハーディに捧ぐ」という言葉が映し出され、お洒落で楽しいタイトル・ロールが始まる。スライドに楽しいイラストとキャストの名前が書かれており、時々スライドがひっくり返ったり、ハエが止まったりと楽しい演出を織り交ぜられていて、タイトルだけでも本当に楽しい映画だ。ヘンリー・マンシーニの音楽も明るく楽しい華やかな音楽だ。ジャックレモンの相棒は、若き日のコロンボ警部だ。

トニー・カーティスとナタリー・ウッド。トニー・カーティスはいつも白い衣装でかっこよく決めていた。ナタリー・ウッドは、いけいけのお嬢さん。昔風に言うとお転婆娘だ。

ジャック・レモンとピーター・フォーク。あの手この手と悪巧みを考えては実行に移すのだが、いつも失敗ばかり。この手の映画の定番なのだが、ジャック・レモンのあの笑い方とピーター・フォークのとぼけぶりが面白い。


ドタバタ喜劇は、こうでなくっちゃのお手本のようなスタンダード・コメディ。いいなぁお勧めの映画だ。



    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2006.07.29 23:42 / TB[0] / CM[0]


夢だけど夢じゃなかった       モブログ 
2006072918033820060729180904

嫁さんの妹君が遊びに来た。嫁さんと一緒に岩盤浴に行ったそうだ。2人が帰って来た時、居間でテレビを観ながら昼寝をしてしまい、トントントンと起こされた。またまた、ケーキのおみやげだ。
まあーだだよのケーキだ。昨日の夜に「となりのトトロ」をテレビでやっていたが、私が喜ぶと思ってトトロのケーキだ。おおー!、トトロだー!トトロットトロ♪だ。食べるのが勿体ないぞ。
中味は、ストロベリームースチョコレート・クリームでふんわり包まれている。口の中でとろけるぞ。あー、おいしかった。ごちそうさま!また、よろしく!

という訳で今日の1枚は、夢だけど夢じゃなかった!トトロのケーキ♪

108ピース となりのトトロ 五月晴れの日に AM 108-219
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.07.29 18:03 / TB[0] / CM[3]


NHKのすすめ       モブログ 
20060728085712今朝は、夏らしい空が広がっている。暑い1日になりそうだ。今日は金曜、今日頑張れば週末のお休みだ。今日1日あともう少し頑張ろう。


昨日、NHKプロフェッショナルという番組を見た。日本料理の老舗料亭の三代目が、様々な試練やプレッシャーを乗り越えてたどり着いた自分なりの日本料理のあり方についての道を番組で紹介していた。この番組では、職種にこだわらず、様々な仕事で活躍するプロフェッショナルを紹介している。子供達に人気のムシキング開発リーダー、樹木医の女性、キーパー川口を育てた高校サッカー監督など、本当のプロフェッショナルの考え方を垣間見れる面白い番組だ。司会は、アハ体験などで最近テレビによく出演されている脳科学者の茂木さんだ。おすすめの面白い番組だ。
その時歴史は動いたも、面白い。昨日の深夜は、碁の名人である本因坊秀策の生涯を紹介していたが、知らないドラマを見て、その生き様に感嘆した。林檎の歌誕生のエピソードやいろんな出来事にスポッとを当てて深く掘り下げて行く番組作りは、見ていて面白い。
NHKではこの他、BBCと共同制作したプラネット・アースなどのサイエンス・ドキュメンタリーなど、知的な興味をくすぐる優れたドキュメンタリーが多い。
また、デジスタのようなデジタルな技術を使ったクリエイティブな作品をコンテスト形式で紹介する番組や、アウトドア・スケッチの入門番組など民放では扱わないカルチャーな番組がたくさんある。英会話の番組でも単純に会話を勉強するだけでなくエンタテイメントの要素も盛り込まれ、実に楽しい。
不祥事問題で叩かれまくったNHKだが、まじめに番組制作されているものも多く、これからも頑張って欲しいものだ。

という訳で今朝の1枚は、朝日が眩しいぜ!

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.07.28 08:57 / TB[0] / CM[0]


ニコ×2にチューニング       SE日記 
20060727085419今朝は雲は多いが、一応は晴れ。もう少しで梅雨明けらしい。九州は梅雨明けしたそうだ。昨晩は暑くて寝苦しい夜だった。「熱帯夜で眠たいや」だ。とにかくオヤジギャグが飛び出すほど暑い夜だった。
今日は、スーパー・キャロル号ではなく、スーパー・ビートル、青い色したニクイ奴で出勤だ。クーラーも効いて涼しいぞ。


最近、メチャメチャ忙しい。前はメチャが1個少なかった。会社の仲間でも、忙しい忙しいと言いながら、忙し自慢をする人がいるが、できることなら、メチャ1個程度になって、充実してると思える程度になって欲しいものだ。今日も打ち合わせが5つ、明日の会議用の資料作成、協力会社さんと課題の相談、課題の整理と盛り沢山だ。月曜日までに研修のレポートも作らないといけないし、どうにでもしてくれといった感じだ。(-"-;)
チューニングできるバンド数の少ない性能の低いチューナーなので、既に波打ちながら雑音とともに聞こえて来る中国のラジオ放送状態だ。
もちろん、私だけじゃなくて、みんながメチャ×2忙しいから、俺だけとは思わないが、もう少し楽に進めるように出来ないものかと悶々とする今日この頃だ。
ただ、こういうメチャ×2状態の時こそ、ニコ×2モードでいかないといけない。人間、忙しくて追われる状態が続くと、不機嫌になり他の人の様子を見て腹を立てたり、ギスギスしてくる。仲間意識より不満が強くなって、線引きを始める。こうなると最悪だ。一度そうなると、簡単には修復出来ない。幸いにも今は、そうはなっていない。だからこそ、ニコ×2モードで行かないといけないのだ。笑顔の向こうに明日があるということだ。
と、今日も自分に言い聞かせて1日頑張ろう!

という訳で今朝の1枚は、青い色したニクイ奴

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog SE日記 / 2006.07.27 08:54 / TB[0] / CM[0]


映画音楽家       映画 
20060726090308今朝は曇り。今日の降水確率は30%。雨はあまり降らないみたいだが、夏らしい感じには程遠い梅雨空だ。Burning Heart 君は家族で海水浴と言っていたので、晴れることをお祈りしよう。晴れ来い、晴れ来い、晴れ来い。

映画に付き物と言えば、俳優、女優、監督、撮影、編集、脚本、美術と色々な役割があるが、音楽も重要な役割の1つだ。チャールズ・チャップリンのように1人でほとんどをこなすような例外を除けば、映画音楽家と呼ばれる作品に合わせた音楽を作曲する人達がいる。映画をより魅力的に演出したり、監督の思いを観る人に伝えるための大きな役割を担っている。音楽のない映画は存在しないと言ってもおかしくないほど重要な存在だ。
映画音楽家と呼ばれる人達は星の数のようにいるが、観客に受け入れられる人達は、監督やスター同様に一握りの人達だ。有名な映画音楽家を挙げてみたい。
お気に入りは、エンニオ・モリコーネ。マカロニ・ウエスタンの音楽からニュー・シネマ・パラダイスまで手掛けたイタリアのマエストロだ。ニュー・シネマ・パラダイスの繊細で心の中に染み込んで来る旋律は、モリコーネ独特の優しさに溢れている。イタリアと言えば、太陽がいっぱいのニーノ・ロータも忘れられない。ゴッド・ファーザーも彼が曲を書いた。ダイナミックだけど哀愁に満ちたイタリアを感じさせるメロディは秀逸だ。
ジェリー・ゴールド・スミスも有名な映画音楽家の1人だ。スター・トレック、砲艦サンパブロ、ポルターガイストなど彼が手掛けた作品の数は膨大だ。映画音楽家の中でも1、2を競う多さだと思う。作品に合わせた音作りに長けた職人だ。繊細にも、壮大にも、ロマンチックにも、ミステリアスにも仕上げられるセンスは、右に出る者はいないだろう。彼は晩年になって日本に来て何度か演奏をしているが、大勢のファンが、彼の演奏を聴くために集まったそうだ。
フランス映画で外せないのは、フランシス・レイ。男と女などクロード・ルルーシュ監督と組んだ作品をはじめ、ムードたっぷりで洒落ているロマンチックなメロディは、彼独特の美しいメロディだ。昔、日本で車のCMをルルーシュとレイで作られた事があったが、僅か15秒の中に彼らの世界が溢れていた。
ムーン・リバーなどで有名なヘンリー・マンシーニも映画音楽家の中でも特筆すべき存在だ。スクリーン・ミュージック××なんてCDを買ったらほとんどのCDに彼の曲が入っているはずだ。
スター・ウォーズのジョン・ウィリアムズ、イタリア映画の有名な映画音楽家のカルロ・ルスティケリなどなど、まだまだ書きたい人達がたくさんいるが、もうそろそろ会社なので、取りあえずここまでとしたい。続きはまた今度。

という訳で今朝の1枚は、ジェームズ・ボンドと言えばジョン・バリー

ベスト・オブ・ボンド007 ベスト・オブ・ボンド007
映画主題歌、シャーリー・バッシー 他 (2003/03/05)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2006.07.26 09:03 / TB[0] / CM[0]




花札というのは、1月から12月までの1点から10点札を引いて役を作ったりして遊ぶ日本古来からのカードゲームだ。1月から松、梅、桜、藤、菖蒲、牡丹、萩、芒(ススキ)、菊、紅葉、柳、桐がデザインされている。猪鹿蝶、赤短、青短、月見で一杯、花見で一杯、三光、四光と札が揃えば役になり点数が付く。花合わせやこいこいなど色々とルールがあるが、基本は札を揃えて役を作るゲームだ。
日本のカードゲームは安土桃山時代にポルトガルからトランプが伝わり、カルタが生まれ、時を経て江戸時代になって花札が生まれたそうだ。
何より素晴らしいのは、そのデザインだ。ススキの丘の向こうに赤い空に浮かぶ丸い月なんてシンプルだが強烈なインパクトだ。猪に鹿に蝶の組み合わせもお洒落だ。どなたが考えたのかは知らないが、花札はどの札も洒落たデザインで感心してしまう。
で、私のお気に入りは、赤塚不二夫さんの「天才花あそび」も花札だ。赤塚先生のキャラクターが札に描かれていて見ているだけで楽しくなる。レレレのおじさんが紅葉を掃除していたり、ハタ坊のハタが青短になっていたり、菖蒲にうなぎ犬なんて良い感じだ。

これでいいのだ!シェー!

おそ松くん VOL.2

    TSUTAYA online 

blogblog ああ、いいなぁ / 2006.07.25 18:25 / TB[1] / CM[3]


ハゲレット       たわいもないこと 
20060725084824今朝は曇り空。雨は上がっているが、どんよりした空だ。

今日は、朝早く目が覚めた。まだ、4時半。寝ながら見ていたDVDの続きを見ることにした。
シェイクスピアの代表作「ハムレット」を、演劇界の鬼才といわれる鈴木聡が大胆に脚色した悲劇「ハゲレット ~Hagelet~」だ。昨日は早く帰宅できたので、帰りにTSUTAYAに寄って見つけたDVDだ。演劇のDVD自体がレンタルされるのも珍しいし、タイトルも「ハゲレット」とこれまたふざけたタイトルなので、面白そうなので借りることにした。


この「ハゲレット」だが、ハムレットは「生きるべきか、それとも死すべきか」と悩んでいたが、この舞台のハムレットは、そんな事では悩んでいなかった。実は若ハゲに悩んでいた。というふざけた設定の舞台だ。
デンマーク王子・ハムレットの実母が、国王の死去から2カ月後に国王の弟と再婚する。そんな中、ハムレットは前国王の亡霊の噂を耳にする...。というシェークスピアのハムレットをなぞっているが、ハムレットが若ハゲで、登場する役者さんもユニークなので、敷居の高いと思われるシェークスピアを楽しんで見れる面白い舞台だった。
若ハゲに悩むハムレットには、テレビや映画で活躍中の近藤芳正さんが演じていた。紀伊国屋ホールでの公演を収録したDVDだ。
その他の共演者は、笹本玲奈、久世星佳、ベンガルなど、皆さん芸達者な役者さんだった。近藤芳正さん演じる若ハゲのハムレットが、すねたり、落ち込んだりするのだが、ナチュラルな力の入っていない演技が最高にはまっていた。
NHKでも深夜にたまに演劇を放送するが、面白い作品も結構ある。演劇通ではないので偉そうなことは言えないが、「ハゲレット」は楽しいお芝居だった。

という訳で今朝の1枚は、お前は今日も楽しそうだな。

ハゲレット ~Hagelet~ ハゲレット ~Hagelet~
近藤芳正 (2006/07/21)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る

    TSUTAYA online 

blogblog たわいもないこと / 2006.07.25 08:51 / TB[1] / CM[0]


今日もブログ更新中       モブログ 
20060724100941今朝は雨。土曜に少し晴れたが梅雨が終わりかけになって本格的な梅雨になったみたいだ。抑抑、梅雨という言葉も、春の終わりから夏が始まるまでの時期に気圧配置の関係で長雨になりやすいというだけなので、当たり前だが、毎年期間が決まっている訳ではない。それにしてもよく降る。晴れた日が恋しい。
今日は月曜日。また1週間がスタートする。今日は有休を消化したかったが、お客様への説明があり、出勤することにした。今週も頑張ろう。


毎日、ブログを書いているが、最初の内は2日に1回か3日に1回みたいな感じだった。モブログなる秘密兵器を知ってからは飛躍的に投稿する頻度が高まり、最近は毎日更新の状態だ。このブログはFC2というサイトにお世話になっているが、FC2にはアクセス解析の機能があり、どんなキーワードでサーチされたとか、ドメインで判別できる範囲でどの都道府県や国からアクセスされたかを統計してくれる。もちろん、個人は特定出来ない。
前にも紹介したが、サーチワードを見ると面白いのは、キャロライン洋子が多いことだ。次に多いのは「マコちゃん本当は55歳」。その次が桜新町といった感じだ。アクセスが多い時間帯は、夜の10時から12時台が一番で、朝の9時とお昼休みの12時がそれに続いて多い。これは多分会社の仲間だろう。
海外からのアクセスは何でヒットしたのか分からないが、ドイツ、フランス、オーストリアとワールドカップ状態だ。もちろんアクセス数はわずかだが、変な感じだ。ささやかなインターナショナルを感じる。

それと、ブログを始めてから自分の行動をみんながよく知っていることだ。なんでそんな事知っているの?と一瞬思うが、よく考えれば自分で書いているのだから何ら不思議なことはない。嫁さんのお友達や妹君やお姉さんもよく見てくれるので、嫁さんより詳しいことが多々あり、嫁さんのことを書いて、何書いてるのとちょいちょい怒られることがある。
だから個人のブログなので好きなことを書いているが、そこら辺は最低限の配慮が必要だ。
でも、自分が良いなぁと思った出来事やものや体験を共有できるのは素敵なことだし、共感のコメントをしてもらえることも素敵だ。
ただし、書いている方は、あまり見られていることを気にしていないというか、忘れていることが多く、こっぱずかしい事もよく書いている。そこら辺は、普段の私を知っている人は差し引いて見ていただけると幸いだ。
という訳で、これからもエブリデイ更新するので飽きずに訪問してほしい。

という訳で今朝の1枚は、やみつき綿棒!
黒いヘッドがワイルドだ。

P.S.
まっちゃん!元気!
コメント書き込みありがとう。元気にしてますか。
無駄な時間も無駄じゃないよ。そういう時間が持てるのが幸せだから、後からみたらプラスになってると思うよ。
体に気をつけてね!また、コメント下さい。待ってるよ。

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.07.24 10:12 / TB[0] / CM[0]


ハーフ・ア・チャンス       映画 
ハーフ・ア・チャンス

フランスの2大ビッグスター、アラン・ドロンジャン=ポール・ベルモンド共演の軽快なアクション映画だ。この2人がかつて愛した女性の娘が、バネッサ・パラディ。どちらが本当の父親かは分からないが、2人とも彼女をめぐって張り合ったり協力し合ったりして、彼女が巻き込まれた事件から救い出すというライトなお話だ。髪結いの亭主や仕立て屋の恋を撮ったパトリス・ルコントの作品とは、まったく違う軽く楽しく撮った娯楽映画だ。バネッサ・パラディもスキッ歯が少し気になるが、キュートだ。最近は「エイリアンvsヴァネッサ・パラディ」なんて映画にも登場している。
何よりもこの映画の魅力は、筋がどうのこうのと言うよりも、ベルモンドとドロンの渋いかっこ良さを引き出していることに尽きる。ベルモンドは高級車のディーラー、ドロンはセキュリティ会社の社長。どちらも渋くてかっこいいお金持ちだ。ベルモンドはスポーツカーをとばし、ドロンはヘリコプターを操縦と、とにかくかっこよく撮っている。
ベルモンドは、1933年4月9日生まれ、現在73歳。ドロンは、1935年11月8日生まれ、現在70歳でベルモンドより少しだけ年下だ。フランスでは、ベルモンドの方が人気があり、日本は圧倒的にドロンの人気が高かったが、今となるとどちらも甲乙つける必要のないビッグスターだ。

◆Alain Delon(8 November 1935)
冒険者たち地下室のメロディ
暗黒街のふたり

チェイサーさらば友よ危険がいっぱい


◆Jean-Paul Belmondo(9 April 1933)
勝手にしやがれ デジタル・ニューマスター版暗くなるまでこの恋をラ・スクムーン

パリの大泥棒オー!パリ警視J


    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2006.07.23 16:47 / TB[1] / CM[1]


あぁ、テレビまんがDX3       昭和の思い出 
Justice of darkness~妖怪人間ベムのテーマ/8月の永遠

第3弾は、妖怪人間ベムから

妖怪人間ベム vol.1妖怪人間ベム
子供のときは怖かった。でも怖いもの見たさで楽しみに見ていた。主題歌は、ジャズっぽい演奏と、城達也さんのナレーションが良い感じ。
「それはいつ生まれたのか誰も知らない。暗い音のない世界で1つの細胞が分かれて増えていき3つの生き物が生まれた。彼らはもちろん人間ではない。また、動物でもない。だが、その醜いからだの中には正義の血が隠されているのだ。その生き物、それは人間になれなかった妖怪人間である。」
♪闇に隠れて生きる おれたちゃ妖怪人間なのさ
人に姿を見せられぬ 獣のようなこの体 早く人間になりたい
暗い定めを吹き飛ばせ ベム ベラ ベロ 妖怪人間


ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲBOX60's & 70's 2ボックスセット (完全予約限定生産)ゲゲゲの鬼太郎
水木しげる先生の作詞が楽しい。先生の故郷である山陰・鳥取県では、境線に鬼太郎列車が走っている。
♪ゲ ゲ ゲゲゲのゲー 朝は寝床で グーグーグー
楽しいな 楽しいな おばけにゃ学校も 試験もなんにもない
ゲ ゲ ゲゲゲのゲー みんなで歌おう ゲゲゲのゲー


巨人の星コンプリートBOX Vol.1巨人の星
スポ根物の金字塔。梶原一騎原作の誰もが見たテレビまんが。巨人ファンが多かったのは、このマンガの影響が大きい。
♪思いこんだら試練の道を 行くが男のど根性
真っ赤に燃える王者の印 巨人の星を掴むまで
血の汗流せ 涙を拭くな
ゆけ ゆけ 飛雄馬 ドンと行け


夕やけ番長
この歌詞もすごい。「自慢じゃないけど腕自慢」って結局自慢してるぞ。サザエさんの加藤みどりさんが声をあて、歌も歌っている。
♪ごっつい相手も バンバンバンのバーン
赤い拳骨だてじゃない 河原の石まで砕けるぜ
自慢じゃないけど腕自慢
ケンカの天才 夕やけ番長


タイガーマスク VOL.18<完>タイガーマスク
「トラだ、トラだ、お前はトラになるんだ!」って聞いて必死に見ていた。これも梶原一騎さん原作だ。この頃の熱いスポーツ物は、右に出る者なしだな。エンディングの「みなしごのバラード」も悲しい歌詞だが、みんな覚えていると思う。
♪白いマットのジャングルに 今日も嵐が吹きあれる
ルール無用の悪党に 正義のパンチをぶちかませ
ゆけ ゆけ タイガー タイガー タイガーマスク

♪温かい人の情も 胸を打つあつい涙も
知らないで育ったぼくは みなし児さ
強ければそれでいいんだ 力さえあればいいんだ
ひねくれて星をにらんだ ぼくなのさ
ああだけど そんなぼくでも あの子らは慕ってくれる
それだから みんなの幸せ祈るのさ


紅三四郎 DVD-BOX紅三四郎
サスケやこのまんがのケン坊で、子役はよく雷門ケン坊という人が声を当てていた。今は何されてるんだろう。
♪紅い太陽 それより紅い 胸に正義の血潮が踊る
ゆくぞケン坊 ゆくぞボケ
いつもこの世は正しいものが
勝つぞ その名は ぼくらの 紅三四郎


もーれつア太郎 (8)もーれつア太郎
これも赤塚不二夫さんの代表作。やっぱり、ア太郎よりもニャロメやココロのボスなど脇の方が目立っている。この演歌っぽい主題歌がまた良い。
♪堪えて生きるも男なら 売られた喧嘩を買うのも男
見せてやりたい肝っ玉 がんと一発しびれる啖呵ぁ
花のア太郎 江戸っ子気質


ひみつのアッコちゃん 第一期(1969)コンパクトBOX(3)ひみつのアッコちゃん
赤塚不二夫さんの女の子向けまんが。エンディングの曲も楽しい。
♪そいつの前では女の子 ずっとおすましそれはなに
それは鏡 鏡の中からツンツンツン
シンデレラ姫があらわれた ツンツンツン
それは誰 それはひみつ ひみつ ひみつ ひみつのアッコちゃん

♪好き 好き 好き好き 好き 好き 好き好き
好き 好き 好き好き 好き 好き 好き好き
アッコちゃん アッコちゃん 好き好き
アッコちゃん来るかと 団地のはずれまで出てみたら
アッコちゃん来もせず 用のないのに納豆売りが
ハー ハー 納豆


ハクション大魔王 DVD-BOXハクション大魔王
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!懐かしい。
♪くしゃみひとつで呼ばれたからは それがわたしのご主人さまよ
ハ ハ ハクション大魔王 つぼの中から ハ 跳んでくる
ハ ハ ハクション大魔王 つぼの中から ハハハン ハ 跳んでくる


トーベ・ヤンソンのムーミン 楽しいムーミン一家(1)第1~4話ムーミン
ムーミン谷に住む仲間たちがどれも個性的。何でもいいようなニョロニョロていたよね。
♪ねえムーミン こっち向いて
はずかしがらないで モジモジしないで おねんねネ
あらまあどして けどでも
わかるけど 男の子でしょ
だからねえ こっち向いて


忍風カムイ外伝 Vol.2忍風カムイ外伝
これまた、白戸三平原作で城達也のナレーションの忍者まんが。城達也のナレーションがかっこいい。
「今日もまた、太陽は昇り、川は流れる。忍びの世界には、なにびとも侵すことの出来ない掟がある。その掟を破る者には、ただ死あるのみ。だが、ここに一人の男があった。太陽の煌めきも、月光の聡明も一瞬、死の伴奏と変わるそのさだめを、自ら選び、貫いていく者。カムイ。忍者、カムイ。」
♪忍びが通る けもの道
風がカムイの 影を斬る
独り独り カムイ 独り独り カムイ
風の中を 抜けてゆく


アタックNo.1プレミアムDVD コンプリート・コレクションアタックNo.1
男子のスポ根物の代表が巨人の星なら、女子のスポ根物の代表は、このまんが。「だけど涙が出ちゃう 女の子だもん」は超有名だ。
♪苦しくたって 悲しくたって コートの中では 平気なの
ボールがうなると 胸がはずむわ
レシーブ トス スパイク ワントゥーワントゥー アタック!
「だけど涙が出ちゃう 女の子だもん」
涙も汗も 若いファイトで 青空に遠く 叫びたい
アタック アタック No.1 アタック アタック No.1


あしたのジョー 劇場版あしたのジョー
ちばてつやさんの代表作。力石徹と矢吹丈のストイックなかっこ良さが魅力だった。
♪サンドバッグに 浮かんで消える
憎いあんちくしょうの 顔めがけ たたけ! たたけ! たたけ!
おいらにゃ けものの血がさわぐ
だけど ルルルー ルルルルルルルルー
あしたはきっと 何かある あしたはどっちだ


〈ANIMEX1300 Song Collection シリーズ〉(4)いなかっぺ大将ヒットアルバム~わしはいなかっぺ大将だス~いなかっぺ大将
天童よしみさんが歌う主題歌。「あっちょれ」も不思議な掛け声だ。
♪行くと決めたら 一歩も引くな 意地が男の杖なのさ
強い嵐をまともに受けて 腕と心を磨くのさ
てなこと言っても力んでも ずっこけ丸出し おや 気が引ける

♪一つ人より力持ち 二つふるさと後にして 花の東京で腕試し
三つ未来の大物だい 大ちゃん あっちょれ 人気者
てんてん 天下のいなかっぺ


キックの鬼
キックボクシングのヒーローである沢村忠自らが歌う主題歌。これも梶原一騎さん原作だ。
♪行くぞゴングだ とびだせファイト 出てくる奴は ワンツウパンチ
ノックアウトだ 右回し蹴り 今だチャンスだ 真空飛び膝蹴り
キック キック キックの鬼だ


昆虫物語みなしごハッチ セレクション1みなしごハッチ
少年少女が涙を流してテレビを見ていた。
♪ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ
姿やさしい もんしろ蝶々 おどけバッタに テント虫
みんな友達 仲間だけれど 母さんほしかろ 恋しかろ
ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ ハッチ


天才バカボン (1)天才バカボン
赤塚不二夫のナンセンスまんがの代表作。これでいいのだ。
♪西から上ったお日様が 東へ沈む
これでいいのだ これでいいのだ
ボンボン バカボン バカボンボン
天才一家だ バカボンボン



というわけで、第3弾で一応おわり。あれがないとか、これがないとかあるかもしれない。
でも、色々あったな。ほんと。


    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.07.23 14:37 / TB[0] / CM[0]


あぁ、テレビまんがDX2       昭和の思い出 
マッハGO GO GO 全曲集

第1弾の続き。マッハGO GO GOから

マッハGO GO GO DVD-BOX 1st.legマッハGO GO GO
ハンドルについたアルファベットのボタンを押すといろんな仕掛けが動くスーパーカー。あのかっこいいスタイルが大人気だった。
♪風も震えるヘアピンカーブ
恐いものかと GO GO GO
ホワイトボディ・マッハ号 負けじ魂親譲り
走り出したら後にはひけぬ 行くぞ勝利のゴールまで
マッハGOGO マッハGOGO マッハGOGOGO


黄金バット DVD-BOX PART.1黄金バット
「わはははははは・・・」と笑いながら登場するのが凄い。あの笑い方ができるだけでもヒーローだ。
♪黄金バット どこ どこ どこからくるのか黄金バット
輝くドクロは正義の味方
ヒューッと風切るシルバーバトン 宇宙の怪物やっつけろ
どこ どこ どこからくるのか 黄金バット
こうもり だけが 知っている


リボンの騎士 Complete BOXリボンの騎士
リボンの騎士も女の子のマンガという意識はなく、楽しく見ていた。ちなみに歌詞は王子様バージョンと王女様バージョンがあった。
王子様♪ぼくの見る夢は秘密だよ 誰にも言わない秘密だよ
赤いマント ヒラヒラ 馬をとばす王子 それがぼく
ひらけよお城 朝日がのぼる 王子さまのおでかけ

王女様♪わたしの見る夢は秘密なの 誰にも言わない秘密なの
赤いマント ヒラヒラ 馬をとばす王女 それがわたし
リボンの騎士は ほんとは ほんとは 私なのさ


グズラ谷啓の歌と青島幸男の馬鹿げた詞が良い。
「おらぁグズラだど」「わーグズラだ!かっこいい!かっこマン!」
♪おらぁぐずらだど ヒヒヒ
力は千人力 リキキキキ 口から火を吹き ブヒヒヒヒ
鉄だって食べるよ ムシャシャシャシャ
だけどちょっぴり泣き虫 ムフフフフ ドタドタドンドン ドタドタドン


あかねちゃん (1) オンデマンド版 [コミック]あかねちゃんちばてつやの女の子向けまんが。綾小路秀麻呂という洟垂れ小僧のキャラが面白い。
♪ドカンポンカントンチンカン ドカンポンカントンチンカン
グズグズした人いやいや 気取り屋さんも大嫌い
元気のいい子は寄っといで
木登り教えてあげようか 口笛吹き吹き歩こうか
わたしはお茶目な あかねちゃん


アニマル1 DVD-BOXアニマル1
亡くなられた朱里エイコさんのど迫力の歌声が素晴らしい。メキシコオリンピックだもんな時代を感じる。
♪がんばれアニマル1 力の限り
進めよアニマル1 メキシコ目指して
やるぞ今に見てろ バババババンと日の丸揚げるのだ
がんばれアニマル1 元気を出して
ぼくらのアニマル1 強いぞレスリング


サイボーグ009サイボーグ009
とにかくかっこいい。石森正太郎さんの名作だ。004が好きだったな。
ワン、ツー、スリー、フォー、ファイブ、シックス、セブン、エイト、ゼロゼロナイン!
♪赤いマフラー なびかせて 進めサイボーグ われらの勇士
平和を守る 正義の瞳
赤いマフラー なびかせて 進めサイボーグ われらの勇士
平和を守る 正義の瞳 あーあー サイボーグゼロゼロナイン


サスケ DVD BOX(2)サスケ
白戸三平の忍者まんがだ。あのナレーションの解説が良い。
♪ひとりのサスケが二人のサスケに 三人 四人 五人 十人
オーオーオーオーヤー 忍法 影分身 サスケ
来るぞ 来るぞ 来るぞ 来るぞ 手強いぞ
行けよ 行けよ 行けよ 行けよ 負けるなよ
サスケ サスケ おいら男さ 名はサスケ


怪物くん 2 (2)怪物くん
オバQ、パーマンに続く藤子不二雄のまんが。「ウォーでがんす」なんて方言使うなんて良いよな。
♪おれは怪物くんだ 怪物ランドの王子だぞ
おれの指先一本で 一本で 大怪獣もでんぐりがえるぞ
1、2の3、4で畳んでノシイカ
ドカバカボカボン ドカバカボカボン ドカバカボカボン ドカバカボカボン
「ドラキュラ!」「ハイざます」「オオカミ男」「ウォーでがんす」「フランケン」「フンガーフンガー」
行くぞ三匹ついてこい ああユカイ 痛快 奇々怪々の 怪物くん

ドカチン
中村メイコさんがドカチンをやっていた。テテポッポ テテポッポ なんて歌詞をどうして思いついたんだろう。良い感じだ。
「どっか~ん ドカチ~ン」
♪テテポッポ テテポッポ ブンニャーブンニャー
さあさおいでよドカチンダンス
おヘソが逆立ち 宙返り 石のトンカチ振り回し
頭たたいて ホイドカチン 今も昔もありゃしない
ドカチン ハーイ ドカチン ハハーイ ドカチン ハイハイ ドカチン ヘイヘイ
笑って ウヒャヒャヒャ 泣くなら アグー


ファイトだ!! ピュー太 DVD-BOXファイトだピュー太
シェイイェイイェイにノンノノンだ。ファンキーだ。面白い発明品ばかり登場した。
♪ファイト! ファイト!ファイトだ!ピュー太 ファイトだ!ピュー太
山を越えれば山がある シェイイェイイェイ 海を渡れば海がある シェイイェイェイ
どこまで行っても シェイイェイ 途中でやめない シェイイェイ
かもめのお喋り ノンノノン 火を吹く岩でも ノンノノン 黄金の雲でも ノンノノン
だから最後はファイト ゴーゴゴゴー
ファイトだ!ピュー太 ファイトだ!ピュー太 レッツゴー!


というわけで続きは第3弾

    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.07.23 01:38 / TB[0] / CM[0]


あぁ、テレビまんがDX1       昭和の思い出 
エイトマン DVD-BOX collection 1

昨日、懐かしいテレビまんがを色々上げてみたが、もうチョイ深くブログしたくなった。というわけで、懐かしのテレビまんがをつらつらと並べてみた。

エイトマン Vol.10エイトマン
悪漢に殺された警視庁の刑事の東八郎が、ロボットとしてよみがえり活躍するといったマンガだ。栄養補給はタバコだったと思う。
この歌がまた良い。
♪光る海 光る大空 光る大地
ゆこう 無限の地平線
走れエイトマン 弾丸よりも早く
叫べ胸を張れ 鋼鉄の胸を


鉄腕アトム Complete BOX 1鉄腕アトム
定番中の定番。マンガの神様 手塚治虫原作の鉄腕アトム。アトムの誕生日は、2003年4月7日。3年前にもなるわけだ。
♪空を越えて ラララ 星のかなた
ゆくぞ アトム ジェットの限り
こころやさし ラララ 科学(かがく)の子
十万馬力だ 鉄腕アトム


鉄人28号 DVD-BOX 1鉄人28号
正太郎君は、あの2本しかないレバーで操作ができるものだと感心した。
♪ビルの街にガオー 夜のハイウェイにガオー
ダダダダ ダーンとたまが来る ババババ バーンと破裂する
ビューンと飛んでく鉄人28号
♪あるときは 正義の味方 あるときは 悪魔の手先
良いも悪いもリモコン次第 鉄人 鉄人 どこへゆく
ビューンと飛んでく鉄人28号


狼少年ケン狼少年ケン
エイトマンも狼少年ケンもノリ玉のおまけでシールがついていたと思う。
♪ワ~オワ~オワオ~ ボバンババンボンブンボバンババ ボバンババンボンブンバボン
いつもおいらは泣かない どこまで燃える命
がっちりつかむぜ太陽 嵐はまた来る
歌えよ(ケーン!)叫べよ(ケーン!)太陽に届くまで
泳げよ(ケーン!)ジャンプだ(ケーン!)走れ狼少年ケン


ビッグX 第3巻 (3)ビッグX
万年筆みたいな注射を刺すと体が大きくなって戦うヒーローだ。あのでかい服はどうしたんだろう?
♪弾なんか跳ね返せ(ヤッ!)ジェット機だって手づかみだ(ヤッ!)
鉄の身体がモリモリのびる 立ち上がれビッグX
軍艦なんか踏んづけろ 戦車だって手づかみだ
鉄の身体が正義を守る 立ち上がれビッグX
がんばれ がんばれ がんばれ ビッグX


スーパージェッター Vol.1スーパージェッター
流星号って名前がかっこいいよね。セリフもよく覚えている。
「僕はジェッター1千年の未来から時の流れを越えてやって来た。流星号応答せよ、流星号。来たな よーし 行こう!」
♪未来の国からやって来た 知恵と力と勇気の子
進めジェッター虹をめざし 走れ流星まっしぐら
マッハ15のスピードだぁ(エネルギー 全力噴射!)
ジェッター ジェッター スーパージェッター われらのスーパージェッター


遊星少年パピイ DVD-BOX collection 1遊星少年パピイ
ガムかなんかのプレゼントに応募して手帳をもらった覚えがある。本当はパピイが着けていたペンダントが欲しかった。
「ピー!パピイ!」
♪たちまち変わるピーパピイ みるみる変わるピー パピイ
地球の上を掃除しろ 悪者たちを追っ払え
遊星少年パピイ 遊星少年パピイ


宇宙エース DVD-BOX 1宇宙エース
やけに丸顔でずんぐりしたヒーローだった。
♪宇宙の果てで燃えている 星の炎に照らされて
真珠の瞳の少年が 正義のために闘うぞ
オーオー 輝くシルバーリング
エース エース 宇宙エース 飛んで行け


宇宙少年ソラン Vol.13宇宙少年ソラン
ちょっとヘアスタイルもかっこよくって、お気に入りだった。死んだ親父が、最終回でソランが宇宙に帰っていって泣いた話を何回も聞かされた。
♪ソラン ソラン ソラン 遥かな宇宙から
ソラン ソラン ソラン 虹を越えてやってきた
胸に輝く 秘密のペンダント 燃え上がるファイト みなぎる力
さあ行くぞチャッピー みんなが待っている
宇宙少年ソラン ソラン ソラン ソラン


ワンダースリー Complete BOXワンダースリー(W3)
歌詞が楽しい。白石冬美さんらの声優さんたちも一緒に歌っていたと思う。
♪とても好き ボッコ プッコ ノッコ 星からきた
仲間よ 肩を組み ボッコ プッコ ノッコ ばっちり行こうよ オー!ワンダースリー 
ピーカ ピッポッポッポッポ プーカ プッポッポッポッポ ペケペケ パピプペ ポッポッポ
へんてこ天使 ボッコ プッコ ノッコ ふざける時でも 真面目にやろうよ
ゆけゆけ ワンダースリー ワンダースリー ワンダースリー ワンダースリー


新ジャングル大帝 進めレオ! DVD-BOXジャングル大帝レオ弘田三枝子さんが歌うワイルドな曲も良かったが、富田勲作曲のこの壮大感のある主題歌が良い。
♪あ~あ~あ~あ~ 響くこだま あ~あ~あ~レオの叫び
ジャングルの友よみんな
瞳輝かせ立ちて 戦い進もうあすは
未来が待っている
あ~あ~あ~あ~ 響けこだま あ~あ~あ~大空へ


VINYL COLLECTIBLE DOLLS パーマン1号パーマン
不二家提供のテレビまんがだ。オバQ、パーマンは藤子不二雄の子供向けマンガの定番だ。
♪真っ赤なマントを ひるがえし 来たぞ ぼくらの パーマンが
時速は91キロだい! パーマン2号も遅れるな
グルグル旋回グルリのパッ!グルグル旋回グルリのパッ!
グルグル旋回グルリのパッ!グルグル旋回グルリのパッ!
パピプペ パピプペ パピプペ パーマン 雲の上


オバケのQ太郎 6 (6)オバケのQ太郎
子供の友達のキャラクターの元祖は、Qちゃんだろう。
♪キュ キュ キュ オバケのQ ぼくはオバケのQ太郎
頭のてっぺんに毛が3本 毛が3本
だけどもぼくは飛べるんだ 8キロ 10キロ 50キロ
ひと休み ひと休み
空から降りたら犬がいた ワーン ワン(あら怖い キャー!)
ぼくは犬には弱いんだ 弱いんだ


おそ松くん VOL.1おそ松君
イヤミやチビ太など赤塚不二夫のマンガは脇役のほうが目立っていて生き生きしている。
♪僕らは六つ子だ ぼくおそ松 僕らは何でも知ってるぜ
ちび太の頭に毛が1本 小さなおててにおでんが2本
イヤミがシェ-すりゃ歯が3本 ダヨーンの大食い箸4本
デカパンのパンツから猫5匹 ぼくらは6人 六つ子だい
力を合わせリャなんでもできる。


ハリスの旋風(7)ハリスの旋風
ちばてつやさんの元気なやんちゃ坊主キャラといえば、国松だ。
♪ハリスの旋風 ハリスの旋風
ドンガ ドンガラガッタ ドンガ ドンガラガッタ 国松様のお通りだい
屋根の子猫さん こんにちは 町のおまわりさん こんにちは
うじ虫 弱虫こんにちは
ドンガ ドンガラガッタ ドンガ ドンガラガッタ国松様のお通りだい


魔法使いサリー魔法使いサリー
いいなあ、この「マハリクマハリタ ヤンバラヤンヤンヤン」っていうの。
♪マハリクマハリタ ヤンバラヤンヤンヤン
マハリクマハリタ ヤンバラヤンヤンヤン
魔法の国からやってきた
ちょっとチャームな女の子 サリー サリー
不思議な力で街中に 夢と笑いをふりまくの
サリー サリー 魔法使いサリー


冒険ガボテン島 (上)冒険ガボテン島
このころの歌は、こういう面白い音がたくさん入った楽しい歌が多いなあ。
♪ザザザザ ザザザザ ザザザザザ
ガボテン ガボテン ガボテン ガボテン
ガボテン ガボテン ガボテン ガボテン
ガボテン ザザザザザ
俺たちゃ仲間さ バッチリ組んでいこう
進めあの山へ 渦巻く霧を突き破れ
ガボテン ガボテン ガボテン
胸張って ドカンと行こう 
ガボテン ガボテン ガボテン ザザザザザ
けどちょっぴり思い出しちゃうふるさとのことを
ケロロ ケロロ ケロロ ケロロ
ケロロ ケロロ ケロロ ケロロ
ケロロ ケロ ケロロ
ザザザザザ ザザザザザ ガボテン
ガボテン ガボテン ザザザザザ
ザザザザ ガボテン島


ピュンピュン丸 コンプリートDVD花のピュンピュン丸
財津一郎の歌が良いのだ。「キビシー」なんて最高だ。
♪アリャリャン コリャリャン おつむのネジが
こりゃまたバッチリ ゆるんでる
なんだなんだなんだ ピュンピュン丸だ
赤いマスクのチビ丸つれて
こりゃまた ちょいとちょいと ドッテドテの大事件


悟空の大冒険悟空の大冒険
この悟空の大冒険は、主人公の悟空も仲間も面白くって個性的。「かもね」なんて良い感じだな。
♪学校が好き好き好き 勉強が好き好き
お掃除好き好き好き 留守番好き好き
そんなやつが悟空の大冒険を いっぺんみたら
キスしてひっくりかえって ヒョイてなことになってしまう
かもね
いたずら好き好き好き 遊ぶの好き好き
まんがが好き好き好き テレビが好き好き
そんなやつが悟空の大冒険を いっぺんみたら
喜んでひっくりかえって ヒョイてなことになってしまう
かもね



いや、こうしてみると男の子向けのマンガが多かったような気がするな。歌詞も「ボバンババンボン」だとか「ドンガ ドンガラガッタ」、「マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン」なんて楽しい。ほとんど空で歌える曲ばかりだ。

とりあえず、第1弾はここまで!

    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.07.22 18:02 / TB[0] / CM[0]


あぁ、テレビまんが       昭和の思い出 
20060721091042今朝も雨。いつまで続くのか。雨ばかりで憂鬱な気分だ。薄墨色をした空が恨めしい。
今日は、プロ野球のオールスター第1戦が神宮球場で行われるが、雨が止んで新庄のパフォーマンスや清原や藤川の活躍が見られることを願うばかりだ。


chicomさんのブログを拝見して懐かしいテレビまんがを色々思い出した。こういう憂鬱な日は、 My Favorite Thing を思い出すに限る。あえてアニメと呼ばずにテレビまんがと呼ぶ。だいたい、子供の頃にアニメなんて言葉がなかった。
という訳で古いと思う順に挙げてみたい。

定番!10万馬力の鉄腕アトム、光る海光る大空エイトマン、ビルの町にガオー鉄人28号、ボバンババンボン狼少年ケン、立ち上がれビッグX、流星号応答せよ流星号スーパージェッター、ピー!パピー、エース!エース!宇宙エース、さあ行くぞチャッピー!宇宙少年ソラン、とってーも好き♪ワンダー3、輝くたてがみ白い獅子レオ♪ジャングル大帝レオ、真っ赤なマントをひるがえし来たぞ僕らのパーマン、キュキュキュ♪オバケのQ太郎、デカパンのパンツから猫5匹♪おそ松くん、ハリスの旋風♪ドンガ~ドンガラガッタ国松様のお通りだい、マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン♪魔法使いサリー、ガボテンガボテンガボテン♪冒険ガボテン島、アリャリャンコリャリャン♪ピュンピュン丸、悟空が好き好き好き♪悟空の大冒険、風に震えるヘアピンカーブ♪マッハGO!GO!GO! etc.etc.etc.・・・

と、これまた挙げだしたら切りがない。
ちょい昔懐かしいテレビまんがを思い出し、少しだけ楽しい気分になった。
でも、「ボバンババンボン」や「マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン」、「アリャリャンコリャリャン」なんて良い感じだな。

という訳で今朝の1枚は、マッハGO!GO!GO!

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.07.21 09:12 / TB[0] / CM[0]


やんちゃオヤジ       モブログ 
20060720085858今朝も大雨。各地でも大きな被害があったようで、被災地の方はお気の毒なばかりだ。もういい加減に止んで欲しい。


最近、ちょい悪オヤジとか言って、こ洒落た渋い中年オヤジを呼ぶらしいが、「ワル」の呼び方も色々あって面白い。
どちらかと言うと「悪い」というより「やんちゃ」な感じの表現が多いような気がする。
「やんちゃ」っぽい人の呼び方は、どこかさすらっていて、自由な感じがする。
ならず者、風来坊なんてまさにそんな感じだ。自由で型にはまらず自分の生き方を持っている人が素敵に思えるからちょい悪オヤジなんて言葉が流行るのかもしれない。そう考えると、フーテンの寅さんなんて、究極のちょい悪オヤジかもしれない。
洒落たジャケット来て、チョビ髭はやして、さり気なくうん万円する小物を持っているのが、かっこいい人という訳ではないから、見た目だけ変えても意味はないということだ。
そう考えると、ちょい悪オヤジよりやんちゃオヤジの方が楽しそうだ。
今朝も何のこっちゃブログになってしまった。

という訳で今朝の1枚は、トースター君の仲間、オーブントースター君。

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.07.20 09:00 / TB[0] / CM[2]


映画の邦題       映画 
20060719090514今日は大雨。梅雨最後の大雨だろうか、すごい降り様だ。

昨日は割りと早めに帰宅した。疲れもピークだったので、10時過ぎにはベッドで映画を観ていた。映画も途中で知らない内に寝てしまった。

映画のタイトルだが、80年代以降ぐらいから原題をそのまま邦題にする傾向が強くなったと思うが、それ以前は、良いか悪いか別として、色々と配給会社が考えて日本でヒットするようにタイトルを付けていた。
007の「ロシアより愛をこめて」なんかは、公開当時は「007危機一発」という邦題で公開された。当時、ユナイトにいた水野晴郎氏が考えたタイトルだ。アクション映画なので、ロマンチックなタイトルでなく危機一発とし、本当は「一髪」のところを「一発」にされたそうだ。面白いお話だ。
水野さんは、これ以外にも色々とタイトルを考えられたそうだが、全てじゃないが原題と全然関係のないタイトルも少なくなかった。更に古い映画で、「茶碗の中の嵐」という映画があったが、本当の意味合いは内輪もめというような感じだが、Storm In A Teacup という原題をそのまま直訳して不思議なタイトルになったそうだ。
昔の映画のタイトルでは、「愛」、「恋」、「歌」、「詩」、「雨」とかの単語を使った詩的でロマンチックなタイトルも多かった。
「ある愛の詩」、「天使の詩」、「雨の訪問者」、「ロシュフォールの恋人達」、「二人だけの恋の島」などなど良い感じだ。べただが、カタカナだらけのタイトルより好みだ。
「天使の詩」という映画は、母親を亡くした少年が、父親を慕っているのに些細な誤解から起こった悲劇を描いたイタリア映画だ。父親が愛しているのは弟で自分は愛されていないと思い込み、少年が事故に遭い、死を迎えようとしていた時に、誤解が解け分かりあえるという悲しい映画だ。
なるほど、「天使の詩」は良いタイトルだ。原題は「誤解」だから、それじゃヒットしないと考えるのも無理はない。
色々のたまったが、タイトルもそうやって見ると面白いものだ。

という訳で、今朝の1枚は、トースター君の秘密

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2006.07.19 09:06 / TB[0] / CM[3]


My Favorite Thing!       モブログ 
20060718090832今朝は曇り。昨夜に降っていた雨は上がっているが、どんよりした空だ。梅雨最後の一仕事といった感じだ。

昨日は結局夜の10時過ぎまで会社でお仕事。かなり疲れてきた。先週の貫徹からかなりハードだ。今日も昨日の続きを片付けないといけない。あー、辛いのう。(-"-;)
と、ぼやきはここまで!新しい1週間、今週も頑張ろう!


映画のサウンド・オブ・ミュージックに私のお気に入り My Favorite Thing という曲がある。JRのCMにも使われていた有名な曲だ。 The Supremes - 20th Century Masters - Christmas Collection: Best of the Supremes - My Favorite ThingsSupremes

悲しい時や辛い時に楽しいことや好きなことを思い出すと楽しい気分になってくるといった歌詞だ。青色のリボン、おもちゃの兵隊さん♪とかジュリー・アンドリューズが子供達と歌っていた。
という訳で、 My Favorite Thing を挙げてみよう!

青い空、TORAのおでこ、ナタデココ噛んだ食感、プリプリの海老フライ、荒法師マンセル、我が家のアイスコーヒー、映画の本、クラプトン、カーペンターズ、Calligraphy、チェルシーの歌♪あなたにもチェルシーあげたい!、たくさん並んだ色鉛筆、ウルトラマンの目玉の形、餃子のカリッとしたところ、真っ青の紫陽花、ガーベラのピンク、ブログにもらう素敵なコメント、ジャック・レモンの表情、冷えたグラスがかく汗、ハマチのお刺身、普通のミートソース・スパゲッティ、キューピーのタラコマヨネーズのCM♪タ~ラコ~♪タ~ラコ~、マッハGO!GO!GO!、翼をください♪、よく冷えた真っ赤な熟したトマト、金曜の夜、ズル休み、etc.etc.etc.・・・

とあげだすと切りがない。ちょっと楽しい気分になったかな?
会社に着いたらそうでもなかったが、まあ頑張るか!

という訳で今朝の1枚は、お気に入りのトースター君。

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.07.18 09:09 / TB[0] / CM[4]


今日も休日出勤       SE日記 
20060717085353今日は祇園祭りの日だというのに、あいにくの雨。私は、3連休だというのに、昨日に続いて今日も仕事。雨の中、スーパー・キャロル号と出勤だ。

昨日は、Burning Heart 君と頑張ったが、お客さんからあれやこれや言われて、かなりややこしい状態になっていて、結局今日も本社の対応で資料作りすることになった。
今日もサッサと済ませて、パッパと帰りたいが、なかなか厳しそうだ。
ふー、(-"-;)

と文句ばかり言っても始まらないので、今日も1日頑張ろう!

良いタイミングで、Geri HalliwellIt's Raining Menがヘッドフォンから聞こえてきた。Geri Halliwell - Scream If You Wanna Go Faster - It's Raining Men

という訳で、今朝の1枚は、今日も頑張るでー!

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog SE日記 / 2006.07.17 08:54 / TB[0] / CM[0]


休日出勤       SE日記 
20060716085937今朝は曇り空。今日は3連休のど真ん中だが、Burning Heart 君と会社でお仕事。
昨日というか昨夜は、嫁さんのお友達が我が家に来られて飲み会だった。男は私だけなので、紅一点の反対、黒一点?状態だった。あまりないシチュエーションなので、ちょっと戸惑ったが、楽しい時間を過ごすことが出来た。
楽しいことの後は、楽しくないことがやってくるのは世の常。という訳で、今日は会社。早く終われば良いけど、中身が中身なのであまり期待は出来ない雰囲気だ。まあ、文句言わずにトットと済ませたいものだ。

という訳で今朝の1枚は、頑張るでー!

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog SE日記 / 2006.07.16 09:00 / TB[0] / CM[2]


妹君のおみやげ       モブログ 
2006071516565520060715170340
今日、嫁さんの妹君が家に遊びにやってきた。写真はおみやげのケーキだ。フランボワーズのピンク色したケーキだ。
ちょっと甘酸っぱくてフワッとした食感だ。お上品な甘さでとってもおいしい。
ちょっと乙女チックなケーキだ。

取りあえず。サンキューブログ!
妹君ありがとう!

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2006.07.15 16:57 / TB[0] / CM[2]


模様替え       TORA 


KinoLogも梅雨に入ってからしばらくスイカバージョンだったので、夏バージョン第2弾TORAサーフィンバージョンに模様替えをしてみた。
どう?夏っぽい?

    TSUTAYA online 

blogblog TORA / 2006.07.15 12:39 / TB[0] / CM[2]


My Favorite Actors #1       映画 
20060714091822今朝は早く目が覚めた。昨日は会社を昼過ぎに出て、家に帰って、シャワーを浴び、3時に寝た。目が覚めたら夜の8時。軽く食事をしてビール飲んで11時には寝た。会社で貫徹したからよく寝れた。さすがに早く寝たから6時に目が覚めてしまった。
40代半ばにもなると貫徹はきつい。(-"-;)
今日はかなり熱そうだ。朝から温度も高い。

今日は会社で飲み会だ。本社の人達も来て、プロジェクト成功に向けて頑張りましょうといった飲み会だ。我が友
、団子魔王も来る予定だ。

あらためて言うのも変だが、映画が大好きだ。この前は、1960年~1979年の20年間に公開された映画の中からお気に入りの映画を紹介したが、1960年より前のクラシックな映画や1980年以降の新しい映画にもたくさん良い映画があるし、これからも良い映画が数多く世に出ることと思う。
今日は私のお気に入りのスターを並べてみた。

★ジャック・レモン
ビリー・ワイルダーの「アパートの鍵貸します」や「あなただけ今晩は」、「お熱いのがお好き」、「グレート・レース」、「おかしな夫婦」などのコメディに出演して楽しませてくれた名優だ。人が良く神経質で生真面目、おっちょこちょいの心優しい人物を演じたらピカイチ。映画の中で観せてくれる何とも言えない表情は、レモン独特のものだ。

アパートの鍵貸します アパートの鍵貸します
ジャック・レモン (2001/12/21)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


★アラン・ドロン
ジャン・ポール・ベルモンドに並ぶフランス映画のビッグスター。1970年代には洋画専門雑誌のロードショーやスクリーンの読者人気投票では、長期に渡って1位に君臨していた。「太陽がいっぱい」、「サムライ」、「地下室のメロディ」、「ビッグ・ガン」など、どこか陰があり、クールなやさ男のドロンは本当にかっこ良かった。紳士服のダーバンのCMも懐かしい。

地下室のメロディ 地下室のメロディ
ジャン・ギャバン (2004/07/24)
紀伊國屋書店
この商品の詳細を見る


★ジョン・ウエイン
早いもので、彼が亡くなってから27年も経っている。彼はアメリカで最も愛されデュークの愛称で親しまれた俳優だ。タカ派の代表的な面もあり、ベトナム戦争当時には反共映画「グリーン・ベレー」を撮ったが、彼の魅力は、ジョン・フォードを始めとした監督達と撮った西部劇の数々で観せる男らしいかっこ良さだ。「駅馬車」、「黄色いリボン」、「勇気ある追跡」、「オレゴン魂」など、どの映画で西部のヒーローを演じていた。
「勇気ある追跡」の片目の保安官が馬に跨がり、ライフルを片手でくるりと回すシーンなんて、めちゃめちゃかっこ良いのだ。

勇気ある追跡 勇気ある追跡
ジョン・ウェイン (2006/05/12)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


★スティーブ・マックイーン
「荒野の七人」、「大脱走」、「ブリット」、「ゲッタウェイ」、「栄光のルマン」、「ジュニア・ボナー」、「華麗なる賭け」などなど、とにかくかっこ良い。ドロンとはちょっと違うが、彼も孤独で周りと完全に交わることなく一定の距離を置いた孤高の人といったイメージが強い。現代の賞金稼ぎを演じた「ハンター」が遺作となったが、最後までそのイメージは変わらなかった。様々なスターは現れたが、彼以上に個性的でかっこ良いスターは、未だ現れていない。

大脱走 大脱走
スティーブ・マックイーン (2006/06/17)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


もっと書くつもりだったが、もうすぐ会社に着くので今朝はここまで。

という訳で、今朝の1枚は、TORAポトスは囓るなよ!

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2006.07.14 09:18 / TB[0] / CM[0]


早くお家にBack to The Future       SE日記 
20060713053608やっとこさ資料作りが終わった。ちょっと古いが、今の感じは、疲れたびーだ。
思考能力はかなり低下してきた。Burning Heart 君と話していても、下らない誤字見ても笑ってしまう。ランナーズ・ハイみたいな状態だ。
もう十分、お腹いっぱい。今日は、早く帰りたいな。

という訳で今朝の1枚は、早くお家にBack to The Future

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog SE日記 / 2006.07.13 05:36 / TB[0] / CM[0]


今夜はマッハGO!GO!GO!       SE日記 
20060713031212今夜は会社でオールナイト。本社で作成しているお客さんへの説明資料が間に合わないので、今晩はBurning Heart君と会社でお泊まりだ。
説明しずらい内容ばかりで根拠を整理して、お客に納得してもらう内容にしないといけない。とは言え、人間はこの時間になると脳ミソは回転しなくなる。良いアイデアが浮かぶ訳でもないし、かなりお疲れちゃんだ。
あー、いつまで掛かるのやら。トホホ|||(-_-;)||||||

という訳で深夜の1枚は、マッハGO!GO!GO!

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog SE日記 / 2006.07.13 03:12 / TB[0] / CM[0]


フォークな時間       昭和の思い出 
20060712085145今朝は曇り空。今日も蒸し暑そうだ。

昨夜は、chicomさんのブログを拝見したり、あんじゅなさんにコメントをもらって、なぜか懐かしいフォークソングを思い出した。
切なくておセンチなメロディや底抜けに明るく夢や希望を歌う曲を聴くと、良いなあと思ってしまう。年なんだろうか。この分かり易さが、心地よく感じるのだ。

で、今日はHDプレイヤーから「フォーク」を選曲。
できれば手元にがり版で刷った歌集のプリントがあれば最高だ。
ちょっとフォークから外れてるんじゃないといった曲もあるが、あの頃を感じる曲ばかりだ。

あの素晴らしい愛をもう一度/加藤和彦
ある日突然/トワエモア
遠くへ行きたい/ジェリー藤尾
心の旅/チューリップ
誰もいない海/トワエモア
この広い野原いっぱい/森山良子


「さあ、皆さん歌いましょう!歌集の12ページを開いて下さい。恥ずかしがらず、大きく元気な声で!
♪ジャジャン~ジャジャン~
「はい!この広い野原いっぱい!
♪この広~い野原いっぱい~
「はい、良いですよ!もっと元気良く!
♪咲く花を~

なんて光景を思い浮かべてしまう。
でも、今はこんな光景はどこで見られるんだろうか。屈託のない明るい笑顔で大きな声で歌う楽しさは良いなあと思うなあ。

という訳で今朝の1枚は、野に咲く花

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.07.12 08:51 / TB[0] / CM[4]


kaze.jpg

あんじゅなさん「翼をください」のブログコメントをいただいて、という歌も思い出してしまった。はあんじゅなさんのお気に入りだそうだ。確かにこの曲も良い曲だ。
調子に乗ってこれも、ブログしてしまおう。
この曲は、はしだのりひことシューベルツのヒット曲だ。はしださんは、こういうフォークの素敵な曲をたくさん作った人だ。

♪人は誰もただ一人 旅に出て
人は誰も故郷を 振り返る
ちょっぴり淋しくて 振り返っても
そこにはただ風が吹いているだけ
人は誰も人生に つまづいて
人は誰も夢破れ 振り返る

♪プラタナスの枯葉舞う 冬の道で
プラタナスの散る音に 振り返る
帰っておいでよと 振り返っても
そこにはただ風が吹いているだけ
人は誰も恋をした 切なさに
人は誰も耐えきれず 振り返る

♪何かを求めて 振り返っても
そこにはただ風が吹いているだけ

♪振り返らずただ一人 一歩ずつ
振り返らず泣かないで 歩くんだ
何かを求めて 振り返っても
そこにはただ風が吹いているだけ
吹いているだけ


なんか泣けてくる良い歌だな。やっぱり熱いものが込み上げてくるぞ。(あんじゅなさん、この写真もフリーの写真だよ!

はしだのりひことシューベルツ - 未完成 - 風

風
はしだのりひこ (2003/01/22)
ドリーミュージック
この商品の詳細を見る
    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.07.12 01:55 / TB[0] / CM[0]


翼をください       昭和の思い出 
Tsubasa.jpg

chiecomさんのブログを拝見していたら、好きな曲を思い出した。
1971年にフォークグループの赤い鳥が歌ってヒットした誰もが知っているあの歌だ。メロディも歌詞も当時を思い出させる素敵な曲だ。何よりも爽快感と高揚感にあふれていて、古くさい言い方をするとHappyな気分になれる曲だ。あー良い曲だなぁ!

♪いま 私の 願いごとが
かなうならば 翼がほしい

この背中に 鳥のように
白い翼つけてください
この大空に翼をひろげ飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ 行きたい

♪子どものとき夢みたこと
今も同じ夢に見ている
この大空に翼をひろげ飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ

♪この大空に翼をひろげ飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ 行きたい


恥ずかしながら曲を聴いただけで、胸に熱いものが込み上げてくる。そういう曲だ。なんだろう。良いんだな、この曲が。

iTuneは徳永英明。徳永英明 - VOCALIST - 翼をください

赤い鳥 コンプリート・コレクション 赤い鳥 コンプリート・コレクション
赤い鳥 (2003/02/19)
Sony Music Direct
この商品の詳細を見る

    TSUTAYA online 

blogblog 昭和の思い出 / 2006.07.12 00:34 / TB[0] / CM[3]


ビリー・ワイルダー       映画 
20060711092406今朝は曇り空。湿度も高い。蒸し暑い1日になりそうだ。
今朝は、TORAが携帯を床に落っことして電池が床に飛び出した状態だったので、目覚ましが鳴らなかった。おかげで20分ぐらい寝過ごしてしまった。


昨日は、ウィリアム・ワイラーの大いなる西部の感想をブログしたが、ワイラーのように好きな監督は何人かいる。クロード・ルルーシュ、ビリー・ワイルダー、フランク・キャプラ・・・。中でもビリー・ワイルダーは大好きな監督だ。ビリー・ワイルダーと言えば、これまた大好きなジャック・レモンが多くの作品に出演していた。ワイルダーの映画作りの基本は、まず映画は面白くなければならない。説明がいるような映画は駄目だということだ。元々、彼はドイツの出身。ドイツ映画界でシナリオライターをしていたが、ヒトラー政権となり、自由な表現が出来ない時代になった事を機にフランスに渡り、更にハリウッドに渡った。ドイツ語しか話せなかったワイルダーは苦労して脚本家になったそうだ。グレタ・ガルボのニノチカなどがこの頃の彼の作品だ。
ちなみにドイツ時代の仲間だったジャッカルの日などの作品で知られるフレッド・ジンネマンは、彼の親友だったそうだ。
映画監督になってからは、「失われた週末」、「サンセット大通り」、「アパートの鍵貸します」とヒットを続け、アカデミー賞の監督賞、脚本賞、作品賞を次々と獲得した。この後も「第十七捕虜収容所」や「麗しのサブリナ」、「七年目の浮気」、「翼よ!あれが巴里の灯だ」、「昼下がりの情事」と続けてヒット作を世に送りだした。ワイルダーと言えばジャック・レモンやウォルター・マッソーは欠かせない存在だ。「あなただけ今晩は」、「おかしな二人」、「お熱い夜をあなたに」、「フロント・ページ」などこの二人が出演した作品は多い。
ビリー・ワイルダー作品の中で好きなのは、ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンのコンビで撮った「アパートの鍵貸します」と「あなただけ今晩は」の2本だ。マクレーンはかわいいし、神経質で生真面目な男をやらせたらピカイチのレモンのコンビは素晴らしいの一言に尽きる。

と色々のたまったが、ビリー・ワイルダーは大好きな監督だ。

という訳で今朝の1枚は、隠れてるつもり

(=^・^=)kinop

** Kino **
    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2006.07.11 09:24 / TB[0] / CM[0]


The Big Country       映画 
BigCountry01.jpg

今日は、有休でお休み。大好きなウィリアム・ワイラー(William Wyler)大いなる西部(The Big Country)を見た。
ウィリアム・ワイラーといえば説明も要らないほどの巨匠だ。何が凄いかというと、その幅の広さである。数ある作品の中でも、良く知られている映画だけを並べてみた。

我等の生涯の最良の年 (46)
ローマの休日 (53)
大いなる西部 (58)
ベン・ハー (59)
噂の二人 (61)
コレクター (65)
おしゃれ泥棒 (66)
ファニー・ガール (68)


人間ドラマ、ロマンス、ウェスタン、史劇、コメディ、サスペンス、ミュージカルまで、どれも一流。ワイラーの映画は、軽快でテンポが良く騒々しさがない見やすい映画が多い。ワイラーの術中にはまって、見入ってしまうような作品が多い。ヘップバーンのローマの休日を撮った監督がベン・ハーやコレクターを撮った監督と同一人物だから凄い。名人芸としかいえない小気味の良い演出もこの監督ならではだ。

大いなる西部 The Big Country (アメリカ・1958年作品)
監督:ウィリアム・ワイラー
製作:ウィリアム・ワイラー、グレゴリー・ペック
原作:ドナルド・ハミルトン
脚本:ジェームズ・R・ウェッブ、サイ・バートレット、ロバート・ワイルダー
脚色:ジェサミン・ウェスト、ロバート・ワイラー
撮影:フランツ・プラナー
音楽:ジェローム・モロス
美術:フランク・ホテリング
題字:ソウル・バス
キャスト:
グレゴリー・ペック、ジーン・シモンズ、キャロル・ベイカー、チャールトン・ヘストン、バール・アイヴス、チャールス・ビックフォード、アルフォンソ・ベドーヤ、チャック・コナーズ


BigCountry08.jpg映画の冒頭、西部の大平原をバックに幌馬車が疾走する。あのバイオリンなどの弦楽器の疾走感にあふれる演奏が流れる。
1870年代のテキサスに東部から1人の紳士が訪れる。グレゴリー・ペック演じるジム・マッケイだ。この町の有力者であるテリル少佐(チャールズ・ビックフォード)の娘パット(キャロル・ベイカー)と結婚するためにやってきたのだ。ジム・マッケイは、物静かで温厚な人物でグレゴリー・ペックにぴったりの役柄だ。テリル少佐の邸宅から見渡す荒野は、まさに大いなる西部だ。

BigCountry03.jpgテリル少佐は、根っからの西部の男。自分も家族も土地も力で守る。自分が法律だと信じている。父親を慕うパットも父親譲りの負けん気の強い女性だ。パットは、テリル少佐と反目しあうヘネシー家の息子バック(チャック・コナーズ)にちょっかいを出されても、抵抗もしないジムに苛立つ。

BigCountry02.jpgテリル少佐に拾われて牧童頭として仕えるリーチ(チャールトン・ヘストン)は、この東部のやさ男が気に食わない。密かにパットに心を寄せるリーチは、ジムを挑発するが、一向に乗ってこない。
ヘネシー家とは、パットの友人でもあるジュリー(ジーン・シモンズ)が所有する牧場の水源を巡って長年反目しあっている。それを知っているジュリーはどちらにも牧場を譲ろうとしない。ジムは、この対立を解決するため、ジュリーから土地を買取り、お互い水が使える計画を考える。

BigCountry05.jpgテリル家の誰にも説明せず、行動に出るジム。1人だけでジュリーの牧場へ向かい、ジムはジュリーにこの計画を話す。ジムの人柄と彼の勇気のある行動を感じ、ジュリーはジムに牧場を売る決意を固める。
突然、姿を消したジムを心配していたパットは、ひょっこり帰ってきたジムにバックやリーチに挑発されてもはむかわないジムが臆病者呼ばわりされていることの不満をジムにぶつける。ジムは、この家を出て行くことを決意する。

BigCountry04.jpgジムはこの牧場を後にする前に、リーチを訪ねる。牧場を出て行く前にジムは自分の思いをリーチに伝えるため、男同士でとことんまで殴り合った。殴り合えば、男同士は分かり合えるといった西部劇の定番のシーンだ。

BigCountry06.jpgヘネシー親子(パール・アイブス、チャックコナーズ)は、ジュリーを無理やり連れてきて、彼女の牧場を譲り受けようと考えるが、既にジムに売り渡しことを知り、激怒する。ジュリーが連れ去られたことを知り、テリル一家もヘネシー一家と決着をつけるために、ヘネシー一家のあるブランコ谷へ向かう。それを知ったジムも、ヘネシー一家の元へ向かうのだが、・・・。
これ以上は言えねえ、言えねえ、もう言えねえ。

BigCountry07.jpgとにかく軽快な展開であれよあれよと持っていかれる。良い映画なのだ。若い日のチャールトン・ヘストンも野性味たっぷりでカッコイイし、ジーン・シモンズやキャロル・ベイカーも綺麗だし、グレゴリー・ペックの飄々とした演技がまた良い感じなのだ。大いなる西部を感じたい人、まだ見ていない人は是非見てほしい映画だ。


という訳で、今日のおすすめは、大いなる西部 The Big Country

大いなる西部 大いなる西部
グレゴリー・ペック (2001/09/21)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2006.07.10 23:34 / TB[0] / CM[2]



 +  OLD >


Link

クリックで救える命がある クリック募金とは、クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで、無料で募金ができる仕組みです。 あなたに代わって、スポンサー企業が寄付をしてくれます。
難病情報センター 難病情報センターは、厚生労働省が難治性疾患克服研究事業(特定疾患調査研究分野)としている疾患を中心とした情報を提供しています。
J-FOP~光~ 進行性骨化(化骨)性線維異形成症の患者会のサイトです。FOPの正しい理解、寄付や署名の呼びかけ、活動記録の紹介をされています。
細菌性髄膜炎から子ども達を守りたい 年間約1000人の子ども達が細菌性髄膜炎に自然感染 5%の方が亡くなり、4人に1人後遺症に苦しんでいます。細菌性髄膜炎は、ワクチンで救える病気ですが、まだ十分な医療体制にはないそうです。正しい理解とその活動の記録や支援の呼びかけをされています。
日本ユニセフ協会
ユニセフは、第二次大戦で被災した子どもたちの緊急援助を目的に1946年の第1回国連総会で国連国際児童緊急基金(United Nations International Children's Emergency Fund=UNICEF)として設立されました。その後、活動の重点を開発途上国の子どもたちを対象とした社会開発に移し、国連児童基金(United Nations Children's Fund)と改称されましたが、UNICEFの略称は世界中の人々に親しまれていたため、そのまま現在まで引き継がれています。ユニセフは子どもの権利を擁護する主要な団体であり、2005年現在、155の国と地域で子どもたちの生存と健やかな発達を守るため、保健、栄養、水と衛生、教育などの支援事業をその国の政府やNGO、コミュニティと協力しながら実施しています。また、先進工業国37カ国にユニセフ国内委員会があり、アドボカシー活動(政策提言活動)と募金活動を支えています。資金はすべて任意拠出であり、その3分の2は各国政府からの、3分の1は民間からの拠出です。ユニセフは1965年にノーベル平和賞を受賞。2001年にも、国際連合、国連事務総長コフィ・A・アナンとともにノーベル平和賞を共同受賞しました。
WWF(世界自然保護基金)は、約100カ国で活動する世界最大の自然保護NGO(非政府組織)です。人と自然との共存をめざして、生態系の保全から地球温暖化防止まで幅広く、世界の自然を守る活動に取り組んでいます。WWFの活動はすべて、一般の方々からの会費やご寄付によって支えられています。
JHP・学校をつくる会
JHPは戦争や自然災害で教育の機会を奪われた世界の子ども達に、人種、国籍、宗教、その他の信条の違いにかかわらず広く教育等の援助を行い、また紛争や自然災害で被害を蒙った人々への救援活動と、これらの活動を通じて、次代を担う若者達への地球市民教育を実践することを目的としています。
日本国際ボランティアセンター
JVCは、1980年にインドシナ難民救援を機にタイ・バンコクで設立されました。当初タイ国境難民キャンプでの支援活動を行っていましたが、その後、孤立していたカンボジア国内などインドシナ3カ国の復興に協力し、和平への提言も行いました。また広く難民を生まない国づくりを目指した開発協力支援を行うようになりました。現在は、9カ国・地域で、農村開発支援や教育支援などの開発協力活動、紛争地域での緊急医療活動や交流、関係する調査提言活動を行っています。


KinoLog Factory


KinoLog FactoryでCalligraphy作品を公開中。


Flower


想いを花にのせて スプリングギフト


Music


art1_120x90.jpg

ショップ紹介(小)2


Watch


ブランドロゴ2




MoMA


160-600_flatware=0">


* Designed by cadet; * -----【Login】