FC2ブログ

KinoLog        blog  blog

油控えめ万博世代・40代の映画日記。



12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »02

Counter



Tora Clock FLASH

FLASHで時計を作って見ました。ダウンロードしたファイルを携帯にメールで転送すると待ち受けになります。下の赤い字の部分を見てね。

携帯用待受けFLASHはこのテキストの上で右クリックして、対象をファイルに保存(A)を選んでください!
リンク先は携帯用コンテンツなのでPCでも表示されますが、時間が表示されません。


最近の記事


お気に入り

いもとようこの世界 Imoto.gif
『ないた赤おに』や『3びきのくま』など素敵な絵本作家のいもとようこ先生の公式サイトです。
TORA WEB


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

kinop

Author:kinop

油控えめ40代映画好き。普通のおじさん。
嫁一人、大学生の息子一人、ネコ一匹。最近、ウサギのポコとモモが冥界へ旅立ち、3人と1匹の我がB型家族。40代も半ばになり、楽しかった70年代に思いを馳せる今日この頃です。仕事はかっこよく言うとIT関係。でも給料は下がる一方。(トホホ・・・)
Profileの写真は、私じゃなく我が家のTORAが車から雪景色を眺めているところ。



月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


RSSフィード


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


TORA音楽涙するとき映画SE日記

ああいいなぁモブログテレビ・ドラマ欲しいもの


 iTunes Store(Japan)


お~さぶ。       モブログ 
2008012509110920080125091503

今朝は晴れ。今日も寒い。昨日は雪がちらほら舞い落ちていた。寒いね~。

駅前のコンビニでこんな雑誌の表紙が目にとまった。
公園はうっすら雪が積もっていた。お~さぶ。
さぶいぞ~!

(=^・^=)kinop

スポンサーサイト



    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.01.25 09:11 / TB[0] / CM[1]


名前       モブログ 
20080124080847今朝は曇り空。昨日は雨。一昨日は曇り空。その前の日、奈良では雪が積もったようだ。先週から寒い日が続いている。皆さんも風邪にはご注意を


もうすぐすると47歳の誕生日がやってくる。後3年したら50歳だ。年が経つのは本当に早い。まさに「光陰矢のごとし」という感じだ。
20080124082104私の名前は「博」と書く。読みは単純に「ひろし」である。あのど根性ガエルのヒロシだ。父は1文字で画数が多く、誰にも読み違いされない字で良い字を選んだと言っていた。

しかし生まれて今まで名前の字が持つ意味をあまり深く考えたこともなかった。名前の漢字を人から尋ねられた時も、博物館、博士、万国博の「博」と答えていて、意味も博学や博愛など「広い」という意味合いなんだろうなと思っていた。確かにそういう意味もあるが、それ以外にも意味がありそうなので調べてみることにした。

「博」の字の右側は音符で、平らにひろがるという意味がある。左側の「十」は、多くの物を集める意味だそうだ。「愽」は異体字である。
「広く多くの物を集める」ということはまさに博物館や万国博の意味合いに相応しい。
更に意味をみるとこう書かれている。

①ひろい。「博愛・博大・博捜・博聞・寛博」。あまねくゆきわたっている。「博学・博識・該博」
②ひろめる。広範に得る。「好評を博する」「巨利を博する」
③「博覧会」の略。「平和博・万国博」
[二](バク)すごろく。ばくち。「博奕(バクエキ)・博徒・賭博(トバク)」


博打は余計だが、広く普くという意味合いの字だ。
ちなみに「傳」という「伝」の元字も広く伝えるという意味がある。しかし、一見すると右側の字は同じ字のように見えるがちと違うようである。こちらは転がるという意味合いがあり、人から人へ回すという意味になる。「転」も元字は「轉」で読みが「てん」や「でん」の字は「專」の仲間である。
一方、「博」や「縛」は「ばく」の仲間で右側の字は似てはいるが違う字なのだ。確かに「専」の右上にも「、」が打たれていて違う字だ。

さて、親が付けてくれた名前に見合った人間になっているのだろうか。広い心で人を愛する博愛の精神を心掛けたいものだ。

ところで名前に関連して最近思うのだが、普通の読みでは読めない名前や難しい漢字を組み合わせて外国語を宛てたりすることも多くなっているけど一生使うことを考えてみるとどうかなと思う時がある。
子供の将来を思って親が名前をつけるのだから、思いがこもっていればどんな名前でも良いとは思うが、親の満足のためであってはならない。あくまでも子供の幸せを第一に良い名前を考えて欲しいものだ。
という訳で今朝の1枚は、寒いニャー

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.01.24 08:08 / TB[0] / CM[2]


どっこいしょ       モブログ 
20080117161305今朝は超寒い。関節や足先がジンジンして、携帯を握る手もかじかんでいる。会社に着く頃にはちらほら雪が降ってきた。今週は寒い日が続いているが、皆さんも風邪にはご注意を。
ちなみに今日は山口百恵さんの誕生日だ。


大して疲れてもいないのに、「あー、しんど」と口にしたり、耳にしたりする。口癖というか何となく言ってしまうことがあると思う。人から自分の知らないことを聞いた時、「ほんま」とか「うそ!」とか、つい口にしてしまうこともある。どちらも無意識に口から出てしまう言葉だ。広く考えると「どっこいしょ」や「よっこいしょ」も同じだが、こちらは掛け声である。

この「どっこいしょ」って英語ではなんて言うのかと思い、携帯から辞書検索してみた。するとこんな例文が書いてあった。

おばあさんはどっこいしょとソフアーに腰を下ろした。
The old lady plumped herself on the sofa.

plump oneself は「どすんと体を投げ出す」の意味らしいが、この例は本来の掛け声の「どっこいしょ」の意味を表してはいない。
「どっこいしょ」は民謡の中でも使われている。「♪草津よいとこ一度はおいで~あ~どっこいしょ」というやつだ。この「どっこいしょ」には意味はないが、草津節には欠かせない掛け声だ。
さらに語源を調べたら、六根清浄(ろっこんしょうじょう)が元になっている説と「何処へ」から変化したとする説の2つがある。六根は仏教語で感覚や意識の6つの器官、眼・耳・鼻・舌・身・意のことを意味し、六根を清浄にして修行に臨むという意味があるそうだ。
こういう掛け声は、発生してからいろいろ変化するため、語源の特定は困難らしい。
それにしても、「どっこいしょ」が「六根清浄」とはえらく掛け離れているように思うが…

いよいよ受験シーズン。TOPPTOPPに。

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.01.17 16:13 / TB[0] / CM[6]


コンピューター       モブログ 
ENIAC
今朝は曇り空。路面は濡れており、夜中か朝方に雨が降ったようだ。気温も低く昨日同様に寒い1日になりそうだ。

年が明けて1月も半分が過ぎた。と言っている内に2月になる。日が過ぎて行くのは本当に早い。
2月といえば、節分にバレンタインデーだが、62年前のバレンタインデーに現在のコンピューターの基礎となる1台のコンピューターがアメリカで公開された。

名前は、ENIAC(エニアック、Electronic Numerical Integrator and Computer)

一般には、ENIACが世界最初のコンピュータとして知られているが、厳密にはアタナソフ&ベリー・コンピュータ (Atanasoff-Berry Computer/ABC) が1939年に稼動している。
ENIACは、1946年2月14日にペンシルバニア大学で初めて公開され、1955年10月2日まで稼動した。現在は、一部がスミソニアン博物館のアメリカ歴史博物館やペンシルバニア大学に分散して保管されている。
ENIACは、17,468本の真空管、70,000個の抵抗器、10,000個のキャパシタ等(コンデンサ等)で構成されていた。幅24m、高さ2.5m、奥行き0.9m、総重量30トン、設置には倉庫1個分のスペースを要した。消費電力は150kW。開発費の総額は49万ドル。(Wikipedia調べ)
ENIACの処理能力は、符号付き10桁の演算が可能で、毎秒5000回の加算、14回の乗算が行え、20個の変数と300個の定数を記憶するメモリをもっていた。ENIACでは、現在のようなプログラムをコーディングして読み込ませるようなことは出来なかったので、人が配線をすることにより行われたそうだ。うーん、すごい。
このENIACは、陸軍の弾道計算を目的に開発された。コンピューターは、当初から軍事的な目的で開発されたため、ハードウェアの開発だけでなく、開発技法やプロジェクトマネージメントなどの分野でもアメリカ軍隊で基礎を築いたものが多い。

FUJIC
NEAC-2200 モデル500

一般の人はあまり知らないと思うが、日本最初のコンピューターは、1959年に富士フイルムが開発したFUJICだ。その後、1960年代から日立、富士通、NECなどの会社でコンピューターの開発が盛んになり、NECのNEAC、日立のHITAC、富士通のFACOMが登場した。名前もENIACを意識したネーミングが目につく。

DIPS-11/45

日本における大規模なコンピューターシステムの開発には、現在のNTTの前身である電電公社が一役を担った。
1966年、本格的なデータ通信システムの運用を目的に郵政省からデータ通信サービス実施の認可を受け、NEC、富士通、日立の3社にソフトウェア互換のあるハードウェアを開発させた。これが、データ通信の基盤を作ったDIPSである。
キャッシュメモリー、CPUの並列処理、仮想メモリーなど先駆的な技術を導入し、電子交換機並みの品質基準を設け、信頼性を達成する努力によってコンピュータ産業の発展に寄与した。また、納期管理についても厳しかったことから各社の技術者を鍛え、ソフトウェア工学的な管理手法を各社に植えつけた。また、LSIの集積技術など基盤技術での目標設定も行われたため、各社が独自に開発していたら急速な発展はなかったかも知れない。

ちなみに私も10年間ほどDIPSを使用したシステム開発に携わった経験がある。薄い緑がかったグレーの筐体のマシンは、まるで交換機のようで、今と比べるとかなり大きなコンピューターだった。長年に渡って蓄積されたノウハウや標準化が徹底されていたお陰で、開発スキルの高いメンバーも多く、DIPSであれば違うシステムの開発に変わったとしてもアーキテクチャの違いで困惑するようなことや、要員スキルの問題は今ほどでもなかった。
DIPSは、35年間に渡り稼動し続けていたが、世の中でのシステム開発の傾向がダウンサイジングや分散処理に進み、メインフレームタイプからクライアントサーバ方式にあったサーバタイプに変化し、DIPSも2001年に灯を消した。
今となっては懐かしい思い出である。

真空管で動作するコンピュータが登場して20年足らずで日本では大規模システムの運用が開始し、現在ではどの家庭にもパソコンがある時代になった。メモリも1GB、2GBなんて言っているが、20年前は大きなメインフレームでも1MBで驚いていた。すごいスピードで進歩しているが、使う人間がついて行けず、コンピュータに合わせて暮らしているような気もする。

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.01.16 14:06 / TB[0] / CM[0]


気の持ちよう       モブログ 
20080115083244
今朝は晴れ。だけど、超寒い。コートの中に寒さが染み込んで来る。
TORAも今朝は私の布団の中に潜り込んで、私が起きても暫くは出て来なかった。
昨日、karinさんのブロクでクローバーの写真を拝見して小さな春を感じたばかりだが、やっぱりまだしばらくは冬だなぁ。おー、さぶ。

日によってうきうきした気分であったり、憂鬱な気分であったり、その日によって違うものだ。天気の良し悪し、その日の予定、前の日に起こったこと、月曜日か金曜日か、楽しみにしているテレビ番組が有るか無いか、などなどいろんな出来事で変わってくる。朝は良い気分でも午後に変わることもある。ニコになるかムスになるかは、その時々で違うものだ。
人によってもその波には個人差がある。いつもニコニコしている人、いつもムスっとしている人。何が違うのだろうか。
正常な精神状態の人が、欝状態になるにはどうすればいいか研究した偉い学者さんの話を聞いたことがある。その先生は心理学の権威で、欝についての研究をされていたそうだ。先生は、欝に至る心理状態を解明するため、ある実験をすることを決意し、研究員にそのことを伝え、自らがサンプルになって実験を行った。その実験方法は至って簡単で、何をしても消極的、悲観的に考えることだ。天気が悪いのも自分のせい、うまくいかないともう駄目だとあきらめ、とにかく消極的に悲観的に考えるように生活をした。すると、自信に満ちてバイタリティ溢れていた先生はあっという間に欝になったそうだ。
その実験を知っていた研究員は、先生を元の精神状態にするのに一苦労したそうだ。自信を完全に無くした先生をとにかく褒めまくり、自信を回復させたのだが、欝になるより長い時間がかかったらしい。
学者という人は研究のためならそんなことまでするのかと感心してしまうお話だ。

要は、人間は気の持ちようでどういう状態にもなるということだ。
営業マンが雨の日に「あー、雨が降って外回りは嫌だな。」と思うか、「今日は雨が降っているから、家に居る人が多くてラッキー。」と思うかで良い方向に行くか行かないかのプラス思考の話と根っこは同じだ。
「気の持ちようでどうにでもなる」、「病は気から」、「雨が降ってもいつかは晴れる。」とよく耳にするが、本質は同じだ。

とは言うものの人間は否定的にとらえがち、何をするにもその負の面ばかりを見て可能性は見ようとはしない。どんな物にも良い面もあれば悪い面もあるが、とらえ様でどうにでも変わるだろう。

と偉そうに良いながら、今朝のような寒い朝はやっぱり嫌だなぁ。
「寒くて良いこと」って考えると、美味しい高野豆腐が出来るとか、鍋が美味しいとか、食べることしか思い付かない。
という訳で今朝の1枚は寒い朝。

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.01.15 08:32 / TB[0] / CM[2]


あれ~?       TORA 


パソコンをさわっていると、リビングからがたがたと物音が聞こえてきた。
何かな?と覗きに行ったら、TORAがカーテンレールの上に乗って、「フニャ?何か?」といった顔
暇つぶしに時々高いところに上るのだが、その時はいつも自慢げだ。



見て、この凛々しいお姿を。

    TSUTAYA online 

blogblog TORA / 2008.01.14 14:51 / TB[0] / CM[5]


濃霧       モブログ 
20080108085627
今朝は濃い霧。視界は50mもないだろう。予想通り電車の到着が遅れ、そのせいで逆に1本早い電車に乗れた。
霧は小雨がふって、夜から晴れてきた次の日の朝などによく現れる自然現象だ。夜の間に地面が冷え、地面近くの水蒸気をたくさん含んだ空気が冷やされて、霧ができやすい状態になっているからだ。
まさしく昨日と今日の天気はそんな感じだった。

霧がかかった光景は、なんとも幻想的だ。大昔の人が、この光景を見て神様の存在を感じたのも頷ける。日本だけでなく、世界の国々に伝わる神話や伝説には、天候の急激な変化や異常気象は神の御業として考えられることが多い。ノアの箱舟もそうだし、エジプトでは太陽神なんて神様もいる。自然は偉大な存在だったのだ。
しかし、文明が進歩し、自然現象が発生するメカニズムのほとんどは解明され、神の御業という概念は希薄になっている。それに連れ、神に対する畏れを忘れた人間は、やりたい放題に自然を破壊し続けている。

霧の光景を見て、ふとそんなことを思った。

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.01.08 08:56 / TB[0] / CM[2]


でも本当に絵になるなぁ       映画 


絵になるスターの第4弾。
♪シャバダバダ~といえば、クロード・ルルーシュの「男と女」。黒い髪の美女アヌーク・エーメと渋い男ジャン・ルイ・トランティニアン

BorgnineErnes(Marty)_01.jpg

ずんぐりした体にブルドッグのような顔にぎょろ目の男。真面目な独身男を演じた「マーティ」アーネスト・ボーグナインはアカデミー賞を受賞した。数多くの映画で個性的な脇役を演じ続けた名優だ。

intheheat_l.jpg

黒人の敏腕刑事シドニー・ポワチエが偶然立ち寄った街で殺人事件の捜査に協力する。差別が残る街の保安官ロッド・スタイガーと反目し合いながら事件のなぞを解いていく。この「夜の大捜査線」でロッド・スタイガーはアカデミー賞を受賞した。

HepburnKatharine(PhiladelphiaStoryThe)_16.jpg

「フィラデルフィア物語」ケーリー・グラントキャサリン・ヘップバーン。清潔感のある心の美しい女性といえば、このキャサリン・ヘップバーンが頭に浮かぶ。ヘンリー・フォンダもジョン・ウェインもスペンサー・トレイシーも最後に共演したのはこの人。ビッグスターを引き付ける魅力があるのだろうか。

HestonCharlton(Ben-Hur)_01.jpg

昔よく見た映画のヒーローといえば、チャールトン・ヘストン「ベン・ハー」で見せた屈強な肉体が彼のトレードマークだった。

StewartJames(SpiritofStLouisThe)_01.jpg

タカ派のアメリカ人の代表がジョン・ウェインなら、善良なアメリカ人の代表といえばジェームズ・スチュアートだ。写真はリンドバーグの偉業を描いた「翼よあれが巴里の灯だ」

という訳で、やっぱり絵になるなぁ。

    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2008.01.05 17:19 / TB[0] / CM[6]


本当に絵になるなぁ       映画 
MonroeMarilyn(Bus Stop)_04

絵になるスターの第3弾。
マリリン・モンローは、セクシーさで人気を集めたが、彼女の本来の魅力は、「バス停留所」で見せる純粋な可愛さだろう。

ChaplinCharlie(Modern Times)_02

「モダンタイムス」のラストシーン。山高帽に燕尾服とぼろ靴を履いたチャールズ・チャップリンが道を歩いていくシーンはあまりにも有名だ。

LemmonJack(Apartment The)_01

お人よしのサラリーマンと不倫に悩むエレベーターガールの恋を描いた「アパートの鍵貸します」に出演したジャック・レモンシャーリー・マクレーン

CharlesBronson_.jpg

角ばった顔に深い皺と細い目。決して美男ではないが、その男らしさでアラン・ドロンと対等に渡り合ったタフガイ、チャールズ・ブロンソン「ウェスタン」ではヘンリー・フォンダと決闘するガンマンを演じた。日本も人気を博し、マンダムのCMにも出演した。

AlainDelon_Monica.jpg

「太陽がいっぱい」、「若者のすべて」、「危険がいっぱい」など陰のある青年といえばアラン・ドロン。そのアラン・ドロンがモニカ・ビッティと共演したのが、この「太陽はひとりぼっち」

GrantCary(NorthbyNorthwest)_01.jpg

あまりにも有名なこの写真。飛行機に追われるケーリー・グラント。サスペンス映画の巨匠ヒッチコックの「北北西に進路をとれ」

という訳で、まだ物足りないから第4弾に続く・・・
    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2008.01.05 16:33 / TB[0] / CM[0]


やっぱり、絵になるなぁ       映画 
TaylorElizabeth(Father of the Bride)_02

絵になるスターの第2弾。
まずは、「花嫁の父」エリザベス・テイラー。綺麗な黒髪に純白のウェディングドレス。綺麗だなぁ。

ConnerySean(Goldfinger)_03.jpg

007もダニエル・クレイグで6代目になるが、なんと言っても初代007のショーン・コネリーが1番だ。写真は「ゴールドフィンガー」

WayneJohn(Alamo The)_01

デュークの愛称で親しまれたアメリカ映画の大スター。「アラモ」ジョン・ウェイン。ジョン・フォードが手がけた西部劇の数々に出演し、良くも悪くもこれぞアメリカというスターだった。

grace-kelly-gary-cooper2-721983.jpg

「真昼の決闘」で初老の保安官を演じたゲーリー・クーパーとその妻グレース・ケリー。クーパーはこの映画で「ヨーク軍曹」以来の2度目のアカデミー賞を受賞した。グレース・ケリーは、この後「上流社会」を最後にモナコのレーニエ大公と結婚し、惜しまれながら映画の世界から去った。

EastOfEden.jpg

わずか3作の映画出演で伝説のスターとなったジェームズ・ディーン。3作とも孤独で愛されたいのに愛されない屈折した青年を演じていた。今なお彼の人気に翳りはない。写真は「エデンの東」

FondaHenry(Grapes of Wrath The)_04

ジョン・スタインベック原作の社会派ドラマである「怒りの葡萄」に主演したヘンリー・フォンダ。「十二人の怒れる男」、「ミスター・ロバーツ」など存在感のある演技で定評があったが、アカデミー賞には縁がなく、遺作となった「黄昏」で初のアカデミー主演男優賞を受賞した。

という訳でまだまだ紹介しきれないので、第3弾に続く・・・

    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2008.01.05 14:21 / TB[0] / CM[0]


絵になるなぁ       映画 


あー、やっぱりヘップバーンは絵になるなぁ。

銀幕のスターと呼ばれる人達は、人を魅了する独特の輝きを持っている。いわゆるオーラというものだろうか。ちょっとした仕草が絵になるのだ。
という訳で、素敵な映画の一こまを集めてみた。多くのスターはすでに冥界の人になってしまったが、その輝きは失われず、今も輝き続けている。

LeighVivien(GoneWiththeWind)_16.jpg

セルズニックが手がけた世紀の大作「風と共に去りぬ」クラーク・ゲーブルヴィヴィアン・リー。セルズニックが、多くの女優のフィルムテストを行ったが主演女優が決まらず、アトランタの炎上シーンを先に撮影したのも頷ける。

ChakirisGeorge(West Side Story)_01

「ウエストサイド物語」の有名なダンスシーン。スリムなパンツを履いたジョージ・チャキリスの長い足がかっこいい。

HepburnAudrey(Roman Holiday)_03

「ローマの休日」オードリー・ヘプバーングレゴリー・ペック。「麗しのサブリナ」、「昼下がりの情事」でオードリー・ヘプバーンを起用したビリー・ワイルダー監督は、「胸の膨らんだ魅力を過去のものにするだろう。」と語ったそうだ。本当に妖精のような美しさだ。

steve_mcqueen_on_motor.jpg

ジョン・スタージェス監督の娯楽大作「大脱走」の中でバイクで疾走するスティーブ・マックイーン。かっちょえーなぁ。

BogartHumphrey(Casablanca)_01.jpg

説明不要。「カサブランカ」ハンフリー・ボガートイングリッド・バーグマン。ボギーは渋いなぁ。♪ボギー、ボギー、あんたの時代は良かった~。

という訳でどの写真も有名なものばかりだ。いつになっても輝きは失われない。本当に絵になるなぁ。

第2弾に続く・・・


    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2008.01.05 01:18 / TB[0] / CM[0]


新年       言葉 



謹賀新年!

「新しい年を謹んで賀する。」ということだけど、これから始まる新しい年って当たり前だけど期待に満ちて、祝いたくなるものだ。「新」は何かが生まれ変革することを感じさせる字だ。「親」と同じように右側にある辛+木は、木を鋭いナイフで切ることを表し、その横に斤(おの)を加え切りたての生々しい木を意味している。「年」は禾(いね)+人で作物が実り人が収穫する期間を表している。要するに新しい収穫の時期を迎えたことがおめでたいのだ。



誰しも実り多き年にしたいと願うが、肥やしも必要だし、日ごろ注意深く見ていないと実りは得られない。人によって何を実らせたいかも違うから、その実らせたいものに合わせて努力しなければならない。欲張って大きく実らせようと思って肥やしばかり与えてもいけないし、台風のように自分の力ではどうにも出来ないことが起こるかもしれない。しかし、何事もはじめなければ何も起きないし、続けていかなければ何も実らない。先に何が起こるかわからないことを楽しむか、不安がるかも人それぞれだが、そういうものだと思っていないといけないだろう。

三箇日も終わり、週明けには初仕事だ。良い1年になるようにしたいものだ。

    TSUTAYA online 

blogblog 言葉 / 2008.01.04 13:51 / TB[0] / CM[0]


お稲荷さん       ああ、いいなぁ 


今日は、今年1年を幸せに暮らせるよう、伏見稲荷に参詣した。
我が家からは電車で1時間ぐらいの場所にある。伏見稲荷は稲荷神社の総本社にあたり、お稲荷さんの名前で親しまれる神社だ。昨年は関西で一番初詣客が多かった寺社でもある。稲荷明神は、本来農業の神様で、稲がなる意味の「いねなり」から転じて「いなり」と呼ばれるようになったとか。現在は、商売繁盛の神様として多くの企業のビルや向上の屋上や敷地内に祭られている。お稲荷さんは、全国で2~3万の社がある庶民に親しみのある神様だ。落語や昔話にお稲荷さんと狐がよく登場するのも親しみ深い存在だからである。
伏見稲荷は、711年(和銅4年)に、伊侶具秦公(はたのきみのいろく)が勅命を受けて伊奈利山三ヶ峯(稲荷山)に三柱の神を祀ったことから始まったそうだ。



多くの神社で見られる狛犬とは違い、お稲荷様の付き物といえば、狐である。狐を神様と混同しがちだが、狐=お稲荷様ではなく神様の使いなのである。基本的にお稲荷さんにいる狐は白狐だそうだ。



稲荷神社までの参道は人人人。伏見稲荷の門前には、多くの露店が並び正月らしい賑わいに溢れていた。




伏見稲荷の楼門は、豊臣秀吉が造営した立派な門だ。



伏見稲荷といえば、有名なのが千本鳥居。本殿から奥社奉拝所に向かう坂に鳥居がトンネルのように連なっている。鳥居をくぐると目の前に朱色の世界が広がり、右左にくねりながら上っていく光景はなんとも幻想的だ。



本殿では、今年の運を占うためおみくじを引いた。ななんと、第三十番大吉。こいつは春から縁起がいいや、となった。くじどおり、良い1年になればと願うばかりだ。

というわけで、今年1年、皆様にとってもいい年になりますようお祈りしています。
    TSUTAYA online 

blogblog ああ、いいなぁ / 2008.01.02 18:54 / TB[1] / CM[2]


あけおめ、ことよろ!       ああ、いいなぁ 
NewYear2008_01.jpg

新年あけましておめでとうございます!
旧年中はお世話になりました。
皆様にとって、本年も素晴らしい一年になることをお祈りします。


昨年は大きな病気を患い、本当に大変な1年でした。入院したのも初めて、手術したのも初めて、会社も4ヶ月休んでしまいました。皆様の暖かい励ましのお言葉のお陰で、楽しいお正月を迎えることが出来ました。変な言い方ですが、せっかく大きな病気を体験したので、病気の時に感じたことをこれからの人生に役立てたいと思います。

お正月は、お節を食べて、お酒を飲んで、テレビ見て馬鹿笑いして、いいお正月になりました。

NewYear2008_01.jpg

正月早々から凛々しい我が家のTORAは食器棚の上に登って、すまし顔です。
今年もTORA共々昨年と変わらぬお付き合いよろしくお願いします。


    TSUTAYA online 

blogblog ああ、いいなぁ / 2008.01.02 00:54 / TB[0] / CM[2]



 + 


Link

クリックで救える命がある クリック募金とは、クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで、無料で募金ができる仕組みです。 あなたに代わって、スポンサー企業が寄付をしてくれます。
難病情報センター 難病情報センターは、厚生労働省が難治性疾患克服研究事業(特定疾患調査研究分野)としている疾患を中心とした情報を提供しています。
J-FOP~光~ 進行性骨化(化骨)性線維異形成症の患者会のサイトです。FOPの正しい理解、寄付や署名の呼びかけ、活動記録の紹介をされています。
細菌性髄膜炎から子ども達を守りたい 年間約1000人の子ども達が細菌性髄膜炎に自然感染 5%の方が亡くなり、4人に1人後遺症に苦しんでいます。細菌性髄膜炎は、ワクチンで救える病気ですが、まだ十分な医療体制にはないそうです。正しい理解とその活動の記録や支援の呼びかけをされています。
日本ユニセフ協会
ユニセフは、第二次大戦で被災した子どもたちの緊急援助を目的に1946年の第1回国連総会で国連国際児童緊急基金(United Nations International Children's Emergency Fund=UNICEF)として設立されました。その後、活動の重点を開発途上国の子どもたちを対象とした社会開発に移し、国連児童基金(United Nations Children's Fund)と改称されましたが、UNICEFの略称は世界中の人々に親しまれていたため、そのまま現在まで引き継がれています。ユニセフは子どもの権利を擁護する主要な団体であり、2005年現在、155の国と地域で子どもたちの生存と健やかな発達を守るため、保健、栄養、水と衛生、教育などの支援事業をその国の政府やNGO、コミュニティと協力しながら実施しています。また、先進工業国37カ国にユニセフ国内委員会があり、アドボカシー活動(政策提言活動)と募金活動を支えています。資金はすべて任意拠出であり、その3分の2は各国政府からの、3分の1は民間からの拠出です。ユニセフは1965年にノーベル平和賞を受賞。2001年にも、国際連合、国連事務総長コフィ・A・アナンとともにノーベル平和賞を共同受賞しました。
WWF(世界自然保護基金)は、約100カ国で活動する世界最大の自然保護NGO(非政府組織)です。人と自然との共存をめざして、生態系の保全から地球温暖化防止まで幅広く、世界の自然を守る活動に取り組んでいます。WWFの活動はすべて、一般の方々からの会費やご寄付によって支えられています。
JHP・学校をつくる会
JHPは戦争や自然災害で教育の機会を奪われた世界の子ども達に、人種、国籍、宗教、その他の信条の違いにかかわらず広く教育等の援助を行い、また紛争や自然災害で被害を蒙った人々への救援活動と、これらの活動を通じて、次代を担う若者達への地球市民教育を実践することを目的としています。
日本国際ボランティアセンター
JVCは、1980年にインドシナ難民救援を機にタイ・バンコクで設立されました。当初タイ国境難民キャンプでの支援活動を行っていましたが、その後、孤立していたカンボジア国内などインドシナ3カ国の復興に協力し、和平への提言も行いました。また広く難民を生まない国づくりを目指した開発協力支援を行うようになりました。現在は、9カ国・地域で、農村開発支援や教育支援などの開発協力活動、紛争地域での緊急医療活動や交流、関係する調査提言活動を行っています。


KinoLog Factory


KinoLog FactoryでCalligraphy作品を公開中。


Flower


想いを花にのせて スプリングギフト


Music


art1_120x90.jpg

ショップ紹介(小)2


Watch


ブランドロゴ2




MoMA


160-600_flatware=0">


* Designed by cadet; * -----【Login】