FC2ブログ

KinoLog        blog  blog

油控えめ万博世代・40代の映画日記。



01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 »03

Counter



Tora Clock FLASH

FLASHで時計を作って見ました。ダウンロードしたファイルを携帯にメールで転送すると待ち受けになります。下の赤い字の部分を見てね。

携帯用待受けFLASHはこのテキストの上で右クリックして、対象をファイルに保存(A)を選んでください!
リンク先は携帯用コンテンツなのでPCでも表示されますが、時間が表示されません。


最近の記事


お気に入り

いもとようこの世界 Imoto.gif
『ないた赤おに』や『3びきのくま』など素敵な絵本作家のいもとようこ先生の公式サイトです。
TORA WEB


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

kinop

Author:kinop

油控えめ40代映画好き。普通のおじさん。
嫁一人、大学生の息子一人、ネコ一匹。最近、ウサギのポコとモモが冥界へ旅立ち、3人と1匹の我がB型家族。40代も半ばになり、楽しかった70年代に思いを馳せる今日この頃です。仕事はかっこよく言うとIT関係。でも給料は下がる一方。(トホホ・・・)
Profileの写真は、私じゃなく我が家のTORAが車から雪景色を眺めているところ。



月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


RSSフィード


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


TORA音楽涙するとき映画SE日記

ああいいなぁモブログテレビ・ドラマ欲しいもの


 iTunes Store(Japan)


♪音楽のある生活~死闘篇       モブログ 
20080228094106

今朝は晴れ。昨晩は、会社からの帰り道に雪が舞っていた。今朝もすごく寒い。あともうちょい。我慢我慢。

昨日はAnastaciaから音楽の話題になって、アンパンマンに話題が及んだ。今朝は、Christina Aguileraが、耳元で♪Beautifulを熱唱している。彼女もまたパワフルだ。聴いていて心地よい。

私のポータブルプレイヤーにはお気に入りの洋楽が134曲入っている。プレイヤーからはシャッフル選曲で音楽が流れてくる。ジャンルにはこだわりがないからオールディーズからロック、ヒップホップ、ポップスと何でもありだ。まるでテレビの通販で売っているCD全集のようである。
ちらっとあげるとこんな感じだ。

Rhythm of The Rain(悲しき雨音) - The Cuscades
Alone Again - Gilbert O'sulivan
Hotel California - The Eagles
Desperado - The Eagles
Tonin' - Manhattan Transfer
Holding Out For A Hero - Bonnie Tyler
You Do'nt Have To Say You Love Me - Dusty Springfield
Go West - Pet Shop Boys
Burning Heart - The Survivor
Come Rain Come Shine - Eric Clapton B.B.King
Tears in Heaven - Eric Clapton
Melody Fair - The Bee Gees
Killing Me Softly - Roberta Flack
My Love - Westlife
The Rose - Bette Midler
Yesterday - Frank Sinatra
Rainy Days And Mondays - The Carpenters
Imagine - Ray Charles


なんとも一貫性のないミーハーなラインナップだ。聴き心地がよければこだわりはない。アンパンマンの歌だって入れても構わない。

シナトラが歌うTHE BEATLESのイエスタデイやレイ・チャールズのイマジンなんて最高に素敵だ。原曲とはまた違う魅力に溢れている。いぶし銀というかカッコイイのである。究極のカバーだ。

会社の玄関に近付いた時にサバイバーが歌う♪アイ・オブ・ザ・タイガーなんて流れてきたら、もう気分はロッキーである。勝てるかどうかわからない強敵に果敢に挑むファイターの心境でテンションも最高潮だ。
職場のドアを開け、ウィース!と声をかけながら席についてパソコンの電源を入れる。
さあ今日も頑張るでぇとメールに目をとおす。
差出人モグモグのメールが目にとまる。
今日は朝から強敵のお出ましだぜと唾を飲み態勢を整える。モグモグメールをダブルクリック!
おっと今日もまた必殺のルー大柴センテンスがずらりと並んでいるぞ。寝耳にウォーターの内容がこれでもかと攻撃してくる。チャンプは巧みなジャブを繰り出しながら、的確にチャレンジャーの体力を奪っていく。ワンツー、右フック、ストレートと徐々にコーナーに追い込まれていく。
おっと、お次は会議のバッティングだ。明らかな反則行為だが、レフェリーは気付いていない。意識朦朧とするなか、とどめの一撃が。

「基本了解。資料アジャストします。」

最後はルー語アッパー炸裂!1ラウンド2分30秒ノックアウト!
カンカンカンカン!試合終了のゴングがけたたましく鳴り響く。
リングに横たわるチャレンジャー。
バックに平井堅の♪瞳を閉じてが物悲しく流れる。

助けてくださーい!

こうして、チャレンジャーは、出口のない闘いに挑み続けるのであった。

という訳で、音楽の話題をするつもりが、チャンプ・モグモグとの死闘を繰り広げるチャレンジャーの物語に変わってしまった。

(=^・^=)kinop
スポンサーサイト



    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.02.28 09:41 / TB[0] / CM[0]


♪音楽のある生活       モブログ 
20080227113145今朝は快晴。良い天気だが、寒い!というか冷たい。放射冷却というやつだろうか。今日も寒いが頑張ろー!


今朝の1曲目はAnastacia♪I am Outta Loveだ。耳元でAnastaciaがシャウトする。元モデルのロックシンガーで白人とは思えないほどパワフルでソウルフルなのだ。乳癌を克服して活躍している。アメリカ・シカゴ出身でワールドカップの公式ソングも歌ったことがある一言で言えばカッコイイおねえちゃんなのだ。

良質な音楽は人を元気づけたり、心落ち着けたり、何かを考えさせたりしてくれる。多くの感動も音楽が与えてくれる素晴らしいものだと思う。それだけに実際の出来事より悲しみを煽ったり、感動的に感じさせる演出にも使われる。良心による演出が大半だとは思うが、偏った見方に誘導する場合も少なからずある。小田和正の♪言葉にできないをバックに流せば大概の出来事は物悲しく哀愁のあるものに見える。それだけの力を持つ物だ。
そういう一部のマイナスを除けば、人を幸せにする素晴らしい物だ。
一昨年の紅白でブレークした♪千の風になってでどれだけの人が励まされたことだろうか。以前、24時間テレビでSMAPの香取君が秋川さんと財政破綻した夕張市を訪れ、地元の小学生に歌い方を指導して、住民に披露するという企画を見た。バラエティー番組の企画ではあるが、財政難で苦しみながら立て直しに立ち向かおうとしている住民の方達には大きな励みになったことだと思う。言葉だけでは伝わらない歌の力を感じる出来事だった。
音楽にはクラシック、ポップス、ロック、フォーク、民謡、演歌に校歌と様々なジャンルの音楽があるが、突き詰めれば同じ目的があると思う。言葉にならない何かを人に伝えたいから音楽があるんじゃないかと思う。
考えれば、生まれてから死ぬまでいろんな場面に音楽は存在する。

誕生日には、♪HAPPY BIRTHDAY
運動会のフォークダンスには、♪オクラホマミキサー
卒業式には、♪蛍の光
キャンプファイヤーでは、♪翼をくださいで肩を組み。
パチンコ屋に行けば、♪軍艦マーチでジャンジャンバリバリ。
夏休みの朝は、♪ラジオ体操
結婚式には、♪ウェディングマーチ
日曜日の夕方に、♪サザエさんの歌を耳にして休みの終わりを実感し。
オリンピックで、君が代を聞き感動し。
♪ロッキーのテーマを聞いてファイトを湧かせ。
冬の夜には、外からチャルメラ♪いしやーきいもの誘惑に堪え。
スーパーの鮮魚コーナーでは♪お魚天国、キノコの前では♪キノコの歌
死んだ時には、♪御詠歌に送られて昇天する。


と、いつも周りには音楽は溢れている。
つい最近、島田紳介の深いい話という番組で♪アンパンマンの歌に関する素敵なエピソードを知った。ある学校の卒業式の日に担任の先生が♪アンパンマンの歌を生徒に聞かせ、この曲に込められた素晴らしいメッセージを感じて欲しいと言われたそうだ。
このエピソードを聞く前から同じように思っていた私にはうれしい話だった。
皆さんも口ずさみながら歌詞を読んでみて欲しい。

♪なんのために うまれて なにをして いきるのか
こたえられないなんて そんなのはいやだ!
いまをいきることで あついこころもえる
だからきみはいくんだ ほほえんで
そうだ うれしいんだ いきるよろこび
たとえ むねのきずが いたんでも
ああ アンパンマン やさしいきみは
いけ! みんなのゆめ まもるため

♪なにがきみの しあわせ なにをして よろこぶ
わからないままおわる そんなのはいやだ!
わすれないでゆめを こぼさないでなみだ
だからきみはとぶんだ どこまでも
そうだ おそれないで みんなのために
あいと ゆうきだけが ともだちさ
ああ アンパンマン やさしいきみは
いけ! みんなのゆめ まもるため

♪ときははやくすぎる ひかるほしはきえる
だからきみはいくんだ ほほえんで
そうだ うれしいんだ いきるよろこび
たとえ どんなてきが あいてでも
ああ アンパンマン やさしいきみは
いけ! みんなのゆめ まもるため


この曲は、原作者でもあり、♪手のひらを太陽にの作詞もされたやなせたかしさんの作詞である。やなせさんは、アンパンマンの歌を敢えて子供向きにせず、すべての人に向けたメッセージとして作ったのである。

という訳で、音楽は良いものである。

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.02.27 11:31 / TB[0] / CM[0]


MUST出席?       モブログ 
20080225114524今朝は晴れ。今日も寒い。この週末に東京では春一番が吹いたそうだが、今朝の新聞ではこの冬一番の寒さとも書いていた。今朝、起きた時は、窓の外には雪がちらほら舞っていた。まだ暫くは冬が続きそうだ。早く春よ来い!

ちなみに2月22日は、ニャンニャンニャンの猫の日だったそうだ。最近の我が家のTORAは、ご覧のように私のセーターに包まって寝ている。あったかそうで、うらやましい。


会社は仕事をするところだ。
唐突に当たり前のことを宣ったが、殆どのサラリーマンは毎朝早起きをして電車に揺られて会社に行って真面目に働いている。冗談半分で仕事に取り組んでいる人は少なく、みんな真剣に仕事に取り組んでいるだろう。会社では誰もが会議やお客様説明のために資料を作る。書いている本人はいたって真剣なのだが、人から見ると変な文章になっていることも少なからずある。

最近、作業の進捗状況を確認する会議が毎週あるのだが、毎回私を楽しませてくれる人がいる。仮に彼のことをモグモグさんと呼ぶが、モグモグさんが作る資料には至る所に地雷が仕掛けてある。彼の資料を読む時は油断禁物だ。つい最近の資料だけでも2つ3つ地雷が仕込まれていて何人かは爆死した。
会議には毎回、課題管理表という資料が出される。プロジェクトに発生した問題をみんなで共有し、早期解決をはかるための資料だ。それぞれの課題には解決する期限と担当を決め、課題による影響が顕在化しないように対策を打つ。進捗会議では課題ごとに状況確認をし対策を協議する。課題管理表には会議での決定事項や状況を書き込み履歴管理する。
その課題管理表をモグモグさんが管理しているのだが、彼の書き込みが面白いのである。
ある課題の関係で打ち合わせを行うことを決めたが、当日は2人いる課長のどちらかに出席してもらうことが条件となっていた。しかし、その日はA課長が不在なためB課長の出席が必須になったため、モグモグさんはそのことを課題管理表にこう書き込んだ。

「A課長不在のため、B課長MUST出席。

「MUST」とは何のこっちゃ?彼は、英語の必然を意味する助動詞であるMUSTを出席の前に書いたのであった。
あんたはルー大柴か!とツッコミを入れたくなってしまった。
彼の書き込みの傍若無人さはこれだけではおさまらない。モグモグさんは進捗管理するために良かれと思って進捗報告の様式を提案し、私たちにその様式を使用する依頼があった。
その様式には作業の単位に何%進んだか完了率を数値で記入する欄があり、定量的に進捗を管理したかったようだ。設計書の作成は既に執筆状況を枚数管理し、レビュー日程もスケジュール管理していたので、正直なところ重複していて煩わしかったが、折角なので依頼を受け資料を作成した。設計書の執筆以外にも作業があるが、短期であったり、調整作業であったりして何%進んだか完了率として定量的に表現するのが難しいものもあった。計画より1週間遅れとか、1週間前倒しとは書けるが、イベント待ちの状態の時もあり書きにくい作業もあったので、そういう作業については進捗会議で断りを言って、遅れ気味か順調かを報告することにした。
モグモグさんが折角提案された様式なので一言あるかなと思っていた。

そんなことを思いながら進捗会議の当日、新様式の提案者であるモグモグさんの資料を目にして、思わずずっこけてしまった。
なんとモグモグさんが提出した資料は明らかに様式をアレンジしていたのだ。完了率という欄が存在しないのだ。
その代わりに、これまた変な項目名だが、「オンスケ」という欄が設けられ、1週遅れなどを書くようになっていた。
男らしいというが、なんというかランボーも真っ青の暴れん坊である。
結局は、B課長が無駄な資料を作らなくていいと判断し、モグモグさん考案の様式から解放されることになった。

モグモグさんが書いたその日の会議の議事録にはこう書かれていた。

モグモグ作成の様式については没(不要)とする。

悲しい、あまりにも悲しすぎる。
議事録には、「没とまで書かなくてもいいのでは」とコメントしたが、締めの議事録までモグモグワールドを展開するとは…
モグモグさん、恐るべし!

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.02.25 11:45 / TB[0] / CM[0]


楽しい1日って?       モブログ 
20080220085441
今朝は晴れ。寒いが、最近の寒さを考えるとまだましかな。寒さに少し慣れてきたのかも知れない。お蔭様でこの冬は風邪もひかずに過ごしている。

毎朝毎朝、思うことは今日1日が楽しい1日であって欲しいということだ。
子供もティーンエージャーもサラリーマンも学校の先生も八百屋さんも魚屋さんもお年寄りも誰もがそう思っているだろう。
では、楽しい1日ってどんな1日だろう?
私が言っているのは、旅行や遊園地に行って楽しむような非日常ではなく、ごくごく普通の日で楽しい1日ということだ。旅行に行ったらたいていは楽しいものだ。ごくごく普通の日で楽しい1日とは、どういう1日なんだろうか?

今までの楽しかった思い出を振り返ってみると、楽しかった出来事のほとんどはなんだか忙しかった時ばかりだ。暇な時は記憶に残らず、忙しかった時のことばかりよく覚えている。

サービスを2ヶ月後に控えた年明けに問題山積していた頃
3日間でまだ出来ていないお客さん向けの提案資料を作った日
サービス提供の切り替え作業で思わぬトラブルが発生し完徹した日

どれも大変な思いをした日ばかりだ。
忙しい時、困難にぶち当たった時、期限が迫っている時、そういう時は集中力も高まり、テンションも高くなり1日の密度は高いものとなる。1日が充実しているのだ。
ただ忙しいというだけでは駄目で、苦労を共にする仲間がいなければならない。辛いことを成し遂げた後の達成感は仲間と分かち合ってこそ楽しいからだ。
好き好んで辛いことをしたいとは思っていない。誰もが、出来れば何事も起こらず順調に事が運ぶことを望んでいる筈だ。だけど世の中そんなに甘くない。必ず思いがけない事が起こるものだ。
開発用機器の設置時期の遅れ、お客さんの気まぐれ、誰もが想定していなかった解析の難しいプログラムの不具合などなど、必ずそういう問題が起こる。
そういう問題が起こった時、一生懸命に考え、仲間と力を合わせて乗り越えた時、やったぞという達成感を感じる。だから仕事はやめられないのだ。

マラソンを完走した時、高い山を登った時、逆上がりが出来た時、どれも同じように困難を乗り越えたから達成感を味わえ、楽しいし嬉しい。
なんでマラソンなんてしんどいことするんだろう。山に登って何が楽しい。と思うけど、結局のところ困難を乗り越えて達成感を味わうためなんだろう。

自分も含め、最近は苦労することなくいろいろ出来る世の中だ。若い人の中で冷めた考えの人が増えたのも、そういう事が関係しているような気がする。周りの環境がそうなっているから、はっきりした夢や目標がなければ、困難を乗り越えて行く時に感じる充実感や成し遂げた時に得られる達成感は味わえない。

学校教育で最近になってゆとり教育は失敗だったから学習時間を増やす方向に話が進んでいる。それも大事かも知れないが、それだけでは不十分だと思う。仲間と何か目標を立て成し遂げるような教育を義務付けるようにしてはどうなんだろうか。毎年、テレビでやっている小学生の30人31脚なんて見たら、みんな良い顔で頑張っている。負けても勝っても彼らの心には素晴らしい物が残ったことだろう。
押し付けは良くないとか、頭でっかちの馬鹿な奴は反対するかも知れないが、算数だって理科だって最初は押し付けから始まるのだ。どこに違いがあるだろうか。人間、子供の頃に経験したことは、良い経験も悪い経験もその後の考え方やものの見方に大きく影響する。そういう取り組みを考えて欲しいなぁ。

いつものように、ところで何が言いたいねんというブログになってしまった。

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.02.20 08:54 / TB[0] / CM[0]


みっともない       モブログ 
20080218093240チャオ!お久しぶりです!
いろいろあってブログをなかなか更新できませんでした。コメントの返事も遅くなりすいませんでした。
今朝は雪がちらほら舞い、寒い1日になりそうです。
写真は先週のものですが、今年はこんな風景をよく目にします。
皆さんも風邪には気をつけてくださいね。


昨日、テレビのニュースでゴミを大量に放置し続けていたおじさんが逮捕されたと聞いた。以前、騒音おばさんが条例違反になったのと似た感じだ。他人はどうなろうと知ったことではないという感覚だ。上の階がうるさいからという理由で、刺したという事件も少し前にあった。これまた、他人の行為に過敏に反応し、自分の尺度で許されなかったという事件だ。なんとも、身勝手な事件が多い。
程度もあるだろうが、人を刺したりするのは、ひど過ぎる。
繁華街のビルの屋上から飛び降り自殺して、偶然通り掛かった男性が巻き添えになった事件もあったが、死ぬ時まで自分勝手な行為だ。
ニュースで目にした事件だけで世の中すべてがそうだとは言わないが、そういうニュースをよく耳にする。

今朝、横断歩道を歩いている人を睨みながらクラクションを鳴らす軽トラのおじさんを見掛けた。
電車の中では、顔に粉をはたき、睫毛をカールしている女性を見掛けた。
小さなことかも知れないか、これも自分勝手な行為だろう。
化粧するぐらい何が悪いと言う人も多いかも知れないが、決して良い見た目ではない。会社に行って何人に会うのか知らないが、電車の中でいろんな人に見られるのは平気ということだろうか。
私には理解しがたい。
みんな一人で生きているなら良いかも知れないが、そんなことは無人島にでも行かなければ無理だろう。

先日、オジサンズ11という番組で露木さんが言っていたが、「みっともない」とは「見とうもない」という意味だそうだ。確かに電車の化粧も見とうもないことだ。

偉そうに言っているが、自分はどうなんだろうか。注意しないといけないな。

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.02.18 09:32 / TB[0] / CM[2]


スピリチュアル?       モブログ 
20080208091646今朝は曇り空。今日も寒い。あー、温かな春よ早く来てくれ。

倖田來未さんの発言で朝からワイドショーで騒いでいた。昨日、謝罪会見をしたそうだ。いろんな境遇にいる人や悩みを抱えている人のことを忘れ、若気のいたりで軽はずみなことを言ってしまったようだ。大いに反省はして欲しいが、もう許してあげて欲しい。謝れば、それで良いという訳ではないが、本人も後悔しているだろうし、教訓にして頑張って欲しい。自分自身も若い頃は、周りを考えず軽率なことを言った覚えがある。良いとは言わないが、電波に乗せて有名人が発言することの重みは十分分かっただろうから、許してあげて欲しい。
しかし、聞くとこの番組は生放送ではなかったらしいか、放送した制作スタッフが反省すべき点は多いと思う。
何も考えず出演者まかせ、その時に注意して本人に指摘していたらよかったはずだ。そのことを反省して欲しいものだ。


公の場で発言するということは気をつけないと怖いものだ。たとえ私のくだらないブログであっても、間違ったことを書いてそれを信じてよろしくないことになる可能性だってあるだろう。風邪をひいたらXXが良いよと間違って書いて、実は真反対に良くなかったらやはり問題である。意見や思いを自由に書くのとは次元の違う話だと思う。

この話題に関連して、どうかなと思うことがある。
一昨年ぐらいからスピリチュアルなるものが流行っている。前世が何だったとか、オーラがどうのの心霊術というか占いというかオカルト的なものだ。そういう心霊能力を持つという江原さんや細木さんが芸能人とバラエティー番組を放送している。はっきり言って私は心霊だとか前世だとかは信じていない。人間は死んだ後どうなるかなんて死ななきゃ分かるはずもないし、自分の存在は生きている間に関わった人の記憶や息子の中に残るだけだと思う。
信心も生きている間は楽しく暮らしたいし、死に対する恐怖から逃れるために、人間が神様や仏様を創造したもので実在するかどうかはこれも死んでみないとわからない。
電気もガスもテレビも何もなかった大昔の人が理解できない現象を神の御業と信じていたことは分かるが、文明が発達し生命の神秘まで科学的に解明しようとしている現代において、宗教や信仰は違った意味を持っていると思う。
正しい生き方とはどういう生き方なのか?楽しく幸せに生きるためにはどう行動すべきなのか?心の平安は何によって得られるのか?といった今を生きている人間の心の依りどころとして存在している。死んだ祖先に手を合わせるのも自分が存在していることへの感謝することの大事さを忘れないためだ。
宗教を信心することを否定している訳ではない。それは人それぞれの思いや考え方で違うだろう。
私が一番怖いと思うのは、生まれ変わりや前世という考えだ。今、不幸にある人が、死んで生まれ変われば素晴らしい世界になると信じたり、極楽は素晴らしいなんて信じて、自らの命を絶つことを考えるかも知れない。実際により良い将来を期待して自殺した若者のニュースを耳にすることは少なからずある。テレビでどなたかが言っていたが、ある意味ポジティブにとらえた自殺なのだ。
そこまで考えて、スピリチュアルなんてものを放送しているのだろうか。

私は、他人の未来や前世が見れるなんて信じない。見られてたまるかとも思う。
世の中には神秘的で分からないことはたくさんあるだろう。そういう分からないものに、さも本当らしく説明を付けるのはどうなんだろうか。私には見えると言えば、誰もが心霊能力者だ。そんな馬鹿な話はないだろう。

信じる前に一旦停止。

とこんな事を考えてしまった。

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.02.08 09:16 / TB[0] / CM[6]


if~八百屋さんになったら       モブログ 
20080207084449今朝は曇り気味だが一応晴れ。相変わらず寒い日が続いている。


もしも、ある日突然神様が枕もとに立ち、「貴方は八百屋さんになりなさい。」とお告げを受けて、八百屋さんにならなければいけなくなったらどうしよう?

神様は店舗や必要な道具は用意してくれている。後は、自分でどうすれば良いか考えて実行するだけだ。
とはいっても、野菜は食べるが売ったことはない。大根、人参、葱、キャベツ、白菜、モヤシなどなど一般的な野菜はしっているが、八百屋さんのノウハウなんて殆ど知らないも同然だ。

先ず、仕入れの仕方が分からない。
どういう団体に入っておかないと青果市場にいって仕入れができないだとか、季節によって何が売れてどのくらいコストが掛かり利益がどの程度見込めるのかも分からない。それに農作物は、その年の天候によって収穫量も変わる。最近問題になっている中国の韮をはじめ多くの野菜は海外からの輸入に頼っているし、葉物や根野菜やきのこ類、果物などその種類によって仕入れの仕方も扱いも違うだろう。最近流行りの無農薬の有機天然栽培なんて扱おうと思えば、いろんな産地の農家の人と知り合いにならないといけないし、作物の良し悪しを見る目利きの力量を磨かないといけない。突き詰めていくと、気象に関しても通じていた方が良いだろう。今年は夏は天候が良く、があまり降らなかったから、この果物は糖度が高く美味しいが収穫量は少ないだとか、予測を立てておかないといけないかも知れない。
仕入れだけでもこれだけ分からない事だらけだ。

肝腎なお店のコンセプトも大事だ。
会社でいう企業理念というやつだ。何をモットーとして、社会にどう貢献し、何を目指しているのかがハッキリしなければ、いずれ方向を見失ってしまうだろう。それにお客様を引き付ける魅力もなく向上することもない。

更に経営戦略も重要だ。大手量販店は価格も安く品数豊富で、野菜以外の食材も一緒に買える便利さがある。それに対抗しようとすると、量販店と同じことをやっても対抗出来ないし、資金力でも対抗できっこない。そうなると、逆に大手ではできないサービスや商品を扱わないといけない。最近流行りの野菜ソムリエの資格なんて取っておいて当たり前だろう。美味しい野菜の見極め方や美味しい食べ方を熟知していれば、お客様の質問にも答えられ、購買意欲も掻き立てられるし、商品の良さも実感してもらえる。

店の雰囲気も大事だ。安全で自然のかおりがただよい、ヘルシーかつ美味しいと感じさせる雰囲気作りが必要だ。
さらに言うと、成功出来るか否かはリピーターをどれだけ作れるかに掛かっている。高いリピート率が保てれば、安定した売上が見込めるし、ブランド力も高まる。何よりファンが増えれば口コミで噂が広がり顧客も増える。

屋号も覚えやすくて、個性的で温かみや味がなければならないだろう。

店舗のデザインも大事だ。店のコンセプトに合った色合いや質感がなければならない。何か懐かしさもありながら洗練された雰囲気が必要だ。照明なんかも野菜を引き立てるためには工夫しないといけないだろう。

服装や見た目も大事だ。せっかく素晴らしい店舗と商品を並べても貧相でダサい恰好ではダメだ。場合によっては髭もはやした方が良いかも知れない。

発声練習もしないといけない。
独特の声で「えー、いらはい、いらはい!良い大根入ったよー!おろしにしてもおでんにしても最高だよー!眺めてるだけじゃ大根の美味しさはわかんないよー!さあ、ジアスターゼたっぷりでダイエットにも良い奥さんみたいな色白の大根、今日は1本100円だ!買ってってよ!」なんて大きく通るように言えないといけない。やはり腹式呼吸の発声練習をしないといけないだろう。

多分、今あげた事柄はまだ準備の一部だろう。こう考えただけでも気が遠くなる努力が必要だ。
イメージ、クオリティ、サービスが高いレベルで、それに加えてオリジナリティがあり、楽しく温かみのあるものになってこそ、ブランドとして認められるのだろう。
八百屋さんは自分で野菜を作る訳ではない。いかに魅力的に売るのかを追究する仕事なのだ。要するにプロデュースの能力が問われるのだ。
うーん、なんとも奥が深い。

という訳で、神様には、「八百屋だけは御勘弁を」とお祈りしてみた。

すると、神様が、また枕もとに現れこう言った。
「不甲斐のない奴じゃ。それではお前に相応しい仕事を考えて、またくることにしよう。その時を心して待つのじゃぞ。」と言って霞のように消えていった。

という訳で、今日は八百屋さんの仕事を考えてみた。

八百屋さんはすごいなぁ。

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.02.07 08:44 / TB[0] / CM[0]


水曜どうでしょう       モブログ 
20080201091437寒い、寒い!こうも寒いと嫌になりますねー。


楽しい話題が何かないかと周りを見ますが、最近馬鹿笑いをするようなことはあまりありませんねー。
と言っても、普通はそうですよね。
会社がつまらない訳ではありませんが、馬鹿笑いするような場所ではないし、テレビ見て馬鹿笑いするぐらいです。

そんな中で最近、1つはまっているテレビ番組があります。
それは、北海道のローカル番組で、「水曜どうでしょう」という大泉洋さんが出演するバラエティー番組です。これをバラエティーというカテゴリーに入れていいのか悩むところですが、馬鹿笑いできる番組であることは間違いありません。
番組では毎回、藤村さんと嬉野さんの2人のディレクター陣とミスターこと鈴井さんが、企画を立て、大泉さんに過酷な体験をさせるという内容です。正確には、鈴井さんが中心になって企画しているようです。この鈴井さんは、タレントでもあり、大泉さんの所属するCUEという会社の社長さんでもあり、なんとも不思議な関係なのです。
その過酷な企画ですが、サイコロの出た目で移動手段と目的地を決め、東京から北海道に帰るというサイコロの旅をはじめ罰ゲーム的な内容が大半です。出た目が無情にも深夜バスで博多行きになればそれに従わなければなりません。要するにリアルな双六なのです。
その緊迫感と大泉さんやミスターのどうしようもないボヤキが、なんとも言えず可笑しいのです。
企画はサイコロの旅以外にも1週間でヨーロッパ21カ国をレンタカーで走破するだとか、絵葉書を引いてその撮影場所に訪れるだとか、原付きのカブでベトナムを縦断するなど、かなり大変な内容です。
毎回、企画は大泉さんには一切知らされなく、寒い国に行くのか暖かい国に行くのかも分からず、短パンにTシャツで北欧にも連れて行かれました。
ローカル番組のため低予算で番組制作しなければなりませんが、3ヵ月分の予算を使って1週間ヨーロッパへ行って、毎週30分で3ヵ月弱に渡って放送するなど、低予算であるにも関わらず結構大胆な企画が多い番組です。
当然、いきあたりばったりで進むため、宿がとれずに野宿する場合もあり、先の読めない行動を視聴者が共感して見れるのが人気の秘訣です。番組の大半は出演者2人と撮影するディレクター陣2人がかわす会話であり、子供のケンカか大泉さんのボヤキが流れるのですが、その掛け合いが可笑しく楽しいのです。
ひどい目にあっているのを笑うという感覚よりも非日常的な行動を一緒に楽しむというか羨ましく見るという感覚なのです。
本放送は数年前に終了しましたが、その後も不定期で企画が番組化されており、全国の放送局で今も再放送されています。関西だけでも、朝日放送、KBS京都、SUNテレビで個別に放送されています。メジャーな番組ではないですが、根強い人気を誇っています。

そういえば若い時は友達と似たような経験をしました。六甲山でテントを張って野宿したり、北陸や鳥取にもいきあたりばったりで旅をしました。誰もが、多かれ少なかれ似たような経験があると思います。そういう懐かしさも共感を生んでいるような気がします。

ローカル番組ながら結構人気のある番組なのでご存知の方が多いと思いますが、まだ未見の方で馬鹿笑いしたい人は是非見てください。必見です。

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.02.01 09:14 / TB[0] / CM[0]



 + 


Link

クリックで救える命がある クリック募金とは、クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで、無料で募金ができる仕組みです。 あなたに代わって、スポンサー企業が寄付をしてくれます。
難病情報センター 難病情報センターは、厚生労働省が難治性疾患克服研究事業(特定疾患調査研究分野)としている疾患を中心とした情報を提供しています。
J-FOP~光~ 進行性骨化(化骨)性線維異形成症の患者会のサイトです。FOPの正しい理解、寄付や署名の呼びかけ、活動記録の紹介をされています。
細菌性髄膜炎から子ども達を守りたい 年間約1000人の子ども達が細菌性髄膜炎に自然感染 5%の方が亡くなり、4人に1人後遺症に苦しんでいます。細菌性髄膜炎は、ワクチンで救える病気ですが、まだ十分な医療体制にはないそうです。正しい理解とその活動の記録や支援の呼びかけをされています。
日本ユニセフ協会
ユニセフは、第二次大戦で被災した子どもたちの緊急援助を目的に1946年の第1回国連総会で国連国際児童緊急基金(United Nations International Children's Emergency Fund=UNICEF)として設立されました。その後、活動の重点を開発途上国の子どもたちを対象とした社会開発に移し、国連児童基金(United Nations Children's Fund)と改称されましたが、UNICEFの略称は世界中の人々に親しまれていたため、そのまま現在まで引き継がれています。ユニセフは子どもの権利を擁護する主要な団体であり、2005年現在、155の国と地域で子どもたちの生存と健やかな発達を守るため、保健、栄養、水と衛生、教育などの支援事業をその国の政府やNGO、コミュニティと協力しながら実施しています。また、先進工業国37カ国にユニセフ国内委員会があり、アドボカシー活動(政策提言活動)と募金活動を支えています。資金はすべて任意拠出であり、その3分の2は各国政府からの、3分の1は民間からの拠出です。ユニセフは1965年にノーベル平和賞を受賞。2001年にも、国際連合、国連事務総長コフィ・A・アナンとともにノーベル平和賞を共同受賞しました。
WWF(世界自然保護基金)は、約100カ国で活動する世界最大の自然保護NGO(非政府組織)です。人と自然との共存をめざして、生態系の保全から地球温暖化防止まで幅広く、世界の自然を守る活動に取り組んでいます。WWFの活動はすべて、一般の方々からの会費やご寄付によって支えられています。
JHP・学校をつくる会
JHPは戦争や自然災害で教育の機会を奪われた世界の子ども達に、人種、国籍、宗教、その他の信条の違いにかかわらず広く教育等の援助を行い、また紛争や自然災害で被害を蒙った人々への救援活動と、これらの活動を通じて、次代を担う若者達への地球市民教育を実践することを目的としています。
日本国際ボランティアセンター
JVCは、1980年にインドシナ難民救援を機にタイ・バンコクで設立されました。当初タイ国境難民キャンプでの支援活動を行っていましたが、その後、孤立していたカンボジア国内などインドシナ3カ国の復興に協力し、和平への提言も行いました。また広く難民を生まない国づくりを目指した開発協力支援を行うようになりました。現在は、9カ国・地域で、農村開発支援や教育支援などの開発協力活動、紛争地域での緊急医療活動や交流、関係する調査提言活動を行っています。


KinoLog Factory


KinoLog FactoryでCalligraphy作品を公開中。


Flower


想いを花にのせて スプリングギフト


Music


art1_120x90.jpg

ショップ紹介(小)2


Watch


ブランドロゴ2




MoMA


160-600_flatware=0">


* Designed by cadet; * -----【Login】