FC2ブログ

KinoLog        blog  blog

油控えめ万博世代・40代の映画日記。



07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09

Counter



Tora Clock FLASH

FLASHで時計を作って見ました。ダウンロードしたファイルを携帯にメールで転送すると待ち受けになります。下の赤い字の部分を見てね。

携帯用待受けFLASHはこのテキストの上で右クリックして、対象をファイルに保存(A)を選んでください!
リンク先は携帯用コンテンツなのでPCでも表示されますが、時間が表示されません。


最近の記事


お気に入り

いもとようこの世界 Imoto.gif
『ないた赤おに』や『3びきのくま』など素敵な絵本作家のいもとようこ先生の公式サイトです。
TORA WEB


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

kinop

Author:kinop

油控えめ40代映画好き。普通のおじさん。
嫁一人、大学生の息子一人、ネコ一匹。最近、ウサギのポコとモモが冥界へ旅立ち、3人と1匹の我がB型家族。40代も半ばになり、楽しかった70年代に思いを馳せる今日この頃です。仕事はかっこよく言うとIT関係。でも給料は下がる一方。(トホホ・・・)
Profileの写真は、私じゃなく我が家のTORAが車から雪景色を眺めているところ。



月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


RSSフィード


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


TORA音楽涙するとき映画SE日記

ああいいなぁモブログテレビ・ドラマ欲しいもの


 iTunes Store(Japan)


平和?       モブログ 
20080829092413
今朝は曇り。最近、どんよりした天気が続いている。昨日は蒸し暑い1日だった。

オリンピックは24日に幕を閉じた。チベットの問題や四川省の大地震など大会直前に様々な問題をはらんだまま開催されたオリンピックだった。また、並行してロシアがグルジアに侵攻し22日に撤退する約束も守られていない。オリンピックの間だけ世界が平和になるわけもなく、世界の至る所で紛争は続いている。
そんな状態の中でオリンピックのエアーライフルでロシアの選手とグルジアの選手が銀と銅を獲得し、同じ表彰台に上がった。その時、グルジアの選手がロシアの選手に歩み寄り抱き合い讃えあった。もちろん彼女達が戦争を引き起こした訳ではないが、どんな心境だったのだろうか。

グルジアは旧ソ連の解体で独立した国である。ソ連時代から民族問題が燻っていた地域でもある。独立時から旧ソ連共産党勢力、脱ロシア民主化に加え南オセアチアなどの分離独立派の対立で政情不安な国である。北はロシアに接し、カスピ海の東に位置しており、東にはチェチェンがある。カスピ海近くにはロシアのパイプラインもあり、ロシアにとって非常に警戒する場所でもある。脱ロシア勢力は、ロシア語教育の廃止やNATOへの加盟に傾いており、ロシアは南オセアチアなどの独立により、情勢挽回を目論み今の状況になった。なんとも複雑に問題が絡んだ結果だ。

経済的な問題、宗教的な問題、民族問題を理由に世界で紛争は続いている。テレビに映し出されるのは銃撃戦の中で傷つき逃げ惑う人々だ。
結果や思惑は別として、今回のグルジアとロシアの停戦を仲裁したのはフランスのサルコジ大統領だ。ロシアがグルジアに侵攻した時もドイツやアメリカなど自由主義の国はロシアを厳しく批判した。日本はどうだろうか。いつもの如く言ったか言わなかったかわからない事なかれ主義である。憲法九条で戦争放棄を標榜しているが、海の遥か向こうのことには関わろうともしない。日本だからこそ言えることがたくさんあるだろう。世界で最初の被爆国である私たちの国は、戦争を忌み嫌い平和を愛する国だと信じている。はっきり主張しない国は誰からも相手をされない。遠慮と逃げるは違うはずだ。福田さん、友達が友達の嫌がることはしないでしょなんてボケたことを言っていないで、バシッと意見してほしい。友達になりたいなら嫌な事もはっきり言うべきだ。
同じ地球に生きているのだから対岸の火事ではないのである。

オリンピックには204の国と地域が集まった。中国で戦った台湾の人達の心境はどうだったのだろうか、君が代を聞く中国の人達はどう思ったんだろう。オリンピックでは多くの感動をもらったが、彼女達の姿を見て、世界はまだ決して平和じゃないことをあらためて思った。

クリスチャンじゃないが、汝 隣人を愛せの心が大事だな。

(=^・^=)kinop

スポンサーサイト



    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.08.29 09:24 / TB[0] / CM[0]


水球ができる亀仙人       モブログ 
20080828084045
今朝も曇り空。少し蒸し暑い。天気は下り坂らしい。

昨日は本社から預かっている新人君の歓迎会があった。場所は京都駅界隈にある笑笑。直接お世話になる協力会社のメンバーと一緒にワイワイ盛り上がった。全員で18人。私が一番オヤジだ。

新しいところで最初に苦労するのは名前を覚えることだ。私の職場には約80名ぐらいの協力会社のSEさんがいる。大概は名前がわかるが、新しく来た人や物静かな人は中々名前を覚えられない。昨日も数人は名前がわからなかった。
という訳で新人君に名前を覚えてもらうという建前で順番に名前を教えてもらった。自己紹介なんて言ったら緊張して負担に感じるだろうから、とりあえず名前だけ。みなさんそれぞれ特徴があるので、名前を言うたびにオリンピックの水球に出てただろうとか、なんやらかんやら言い一通り回った。
面白いもので、みんなで楽しみながら名前を覚えると名前と顔がしっくりイメージされてくる。一通り回った後に新人君におさらいで順番に名前を呼んでもらった。若干微妙なところもあったが、どうにか名前を言えた。次は私や私の同僚も同じように名前を呼んでいく。その中でまたみんなからなんやらかんやら言ってイメージが膨らみ、最後には完璧に名前を覚えてしまった。水球の彼なんかは最後には水球のできる亀仙人になってしまった。彼の姓が私の親戚のおじさんの亀次郎さんと一緒だったからだ。

自己紹介を回すよりずっと楽しいし、効果的だ。飲んでる席で半分以上ゲーム感覚なので失礼もない。新人歓迎の際は是非やって欲しい。お勧めだ。

それにしても仲間が増えるというのは楽しいものだ。

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.08.28 08:40 / TB[0] / CM[0]


さよなら夏の日       モブログ 
20080827092025今朝も曇り空。お盆明けからぐっと涼しくなった。あまりにもはっきりした変わり様にちょっと驚いている。
あー、夏ももう終わりだなぁ。

因みに私のポータブルプレイヤーに入っている曲で夏という言葉から始まるタイトルの曲が何曲あるか見てみたらが、40曲ちょいもあった。
途中や後ろに夏という言葉が入っている曲やサマー、Summerは含んでいないからそれらを含めると100曲近くあるんじゃないだろうか。

夏色/ゆず
夏色の永遠/瀬戸朝香
夏色パズル/SunSetSwish
夏大盛り2008/ET-KING
夏が終われば/TRIPLANE
夏が来る/大黒摩季
夏が来れば/SunSetSwish
夏陰/スガシカオ
夏空グラフィティ/いきものがかり
夏だね/TUBE
夏に恋する女たち/大貫妙子
夏のお嬢さん/榊原郁恵アイスクリーム~ユースクリーム好きさ~♪
夏の思い出/ケツメイシ
夏の終わりに…/TUBE
夏の終わりのハーモニー/井上陽水
夏のクラクション/稲垣潤一
夏の女優/南佳孝
夏の扉/松田聖子髪を切ったわた~しに~♪…フレッシュフレッシュフレッシュ!
夏の匂い/LUNKHEAD
夏の花火/BEGIN
夏の魔物/スピッツ
夏はこれからだ!/福耳
夏ひらく青春/山口百恵百恵ちゃ~ん!
夏祭り/TUBE
夏休み/吉田拓郎
夏よありがとう/TUBE
夏をあきらめて/サザンオールスターズ
夏をあきらめて/研ナオコ
夏を抱きしめて/TUBE
夏を待ちきれなくて/TUBE
夏を待つセイルのように/ZARD


とこんな感じだ。夏が入っている他の曲ならこんなのもある。

何も言えなくて…夏/JAYWALK
さよなら夏の日/山下達郎
ひと夏の経験/山口百恵百恵ちゃ~ん


こうして並べてみると、予想どおりTUBEが圧倒的に多い。季節労働者だ。
それと、並んだ曲を見ていただいたらわかるように、郁恵ちゃん、百恵ちゃん、聖子ちゃんと若かりし日のアイドルが結構入っている。恥ずかしながら、彼女達の歌声を聞くとなんとも楽しい気分になる。だって、チュールチュルチュルだよ。
全体的に明るい曲が多いけど、夏が終わる寂しさもあって、ちょっとセンチメンタルな感じがただよってもいる。

あー、暑かった夏も終わりだなぁ。

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.08.27 09:20 / TB[0] / CM[0]


夢の超特急       モブログ 
20080826085255
今朝は曇り。昨日から降っていた雨は上がったが、どんよりした空はいつ雨が降ってもおかしくない雰囲気だ。

今朝のめざましテレビで読売のナベツネさんが星野監督のWBC監督就任の是非についてコメントした内容を伝えていた。ナベツネさんいわく、「北京は失敗したが、他に誰がいる。星野しかいないだろう。」とのことだ。全くそのとおりだ。他に誰がいる。今回の経験をバネにして、星野監督に日本の選手達を引っ張っていって欲しい。
それにしてもナベツネさんは好きなことを言うが、良いこというな。

1964年、東京オリンピックが開催された年に夢の超特急新幹線が開業した。当時の技術者が苦労の末、安定した安全な高速走行を実現し、東京-大阪間を約3時間で結んだ。淡いクリーム色のボディにブルーのライン。大きな丸い鼻に丸い目の流線型のスタイル。日本が誇る新幹線ひかり号が誕生した。
この初代0系が誕生してはや44年。現在は山陽新幹線で本数を限定して運転しているのみだ。夏休みのJRの企画として「夢の超特急に乗ろう」というチラシが駅にも置いていて大人気だそうだ。
しかし、みんなに愛された0系もこの11月で役目を終える。あのだんごっ鼻のひかり号が姿を消すと思うと寂しい。

私達の年代はなんといっても新幹線といえば、美しい丸みで愛嬌のある表情の0系だ。0系以降、流線型の新幹線が数多く開発され、現在のN700系まで進化してきた。時代の進歩に合わせて新幹線も更なる高速化と快適さを追求してきた。飛行機も発達し、かつての夢の超特急も「夢」ではなく移動手段の1つになってきた。切ないが、これも致し方ないことだ。

もし可能なら、願わくば8年後の2016年にもう一度東京でオリンピックが開催されたら、1本だけの限定でもいいから、新大阪を出発した0系ひかりが東京駅に到着する姿を見たいものだ。

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.08.26 08:52 / TB[0] / CM[0]


ありがとう、ご苦労様       モブログ 
20080825093018
昨日で北京オリンピックは幕を閉じ、次は4年後の2012年にロンドンオリンピックが開催される。閉会式でもジミーペイジやベッカムが登場し、会場を盛り上げていた。三大テノールのドミンゴは出るわ、ジャツキー・チェンは出るわ、数え切れない花火は上がるし、これでもかこれでもかの演出は少々くたびれた。大会を盛大に終わり、国威を示したい意図をどうしても感じてしまう。時間ももう少し短くて良いと思う。あまりにも長い。うちの嫁さんはテレビ見ながら寝てしまった。

メダルをとれた種目もあれば、一歩とどかなかった種目もあった。野球は特に期待が大きかっただけに、星野監督や選手はもちろんだが、日本の人々も落胆も大きい。
監督や選手を非難する声もある。なんでダルビッシュに最後は投げさせなかったのかとか、なんであそこでピッチャーを替えなかったのかとか、言いたい放題だ。
でも、どうだろうか。勝つと決まっていた楽な試合に行ったのだろうか。勝負は勝ちもあれば負けもある。結果を見て非難するのは簡単だ。もしもこれで勝っていたら、星野監督 名采配という文字が一面を飾るだろう。

何が言いたいかと言えば、王さんや長嶋さんの代わりに日の丸を託せる人はいたんだろうか。勝って当然の空気の中で監督を引き受けるのは凄い重圧も含めて引き受ける覚悟をされたということだ。
星野監督は、インタビューの度、「選手は精一杯頑張ってくれた。責任は全て俺にある。」と答えていた。落球もエラーもあったが、誰も頑張った結果だろう。星野監督に期待し、任せたのに負けたからといって非難をするのはフェアじゃない。監督や選手達のあの悔しそうな表情を見て、誰もが「申し訳ない」と言っているのに責める必要はないと思う。

テレビでどこかの馬鹿コメンテーターが言ったが、オリンピックに負けても年俸には関係ないから他の国に比べて日本の選手は甘いから負けると言っていた。WBCに勝った時と何が違うというのだろうか。状況を見て非難するのは簡単だ。喝を入れるのは大沢親分と張本さんに任せとけばいいじゃない。
負ければ非難されるのを分かった上で戦った結果だから、八つ当たりのようなヒステリックな非難はもう十分だろう。

残念なのは次のロンドンでは野球もソフトボールも競技種目から外されることが決まっている。今回の野球の結果は残念だったが、2016年には、どちらの競技も復活しダブルで金といってほしい。
オリンピック以外にも国際試合はある。そこで素晴らしい試合を見せればきっと良い結果が生まれると信じて頑張って欲しい。

あらためて、ソフトボール、野球をはじめ精一杯頑張ってくれた人達に感謝し、ご苦労様と言いたい。

JOCの会長でもないのに偉そうなことを宣ってしまった。

頑張れ!日本!

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.08.25 09:30 / TB[0] / CM[0]


不撓不屈       ああ、いいなぁ 
あー、良かった。
昨日、318球イニングにして21回、実に3試合分の投球をした上野投手が今日も先発でマウンドに立った。
相手は、宿敵アメリカ。過去のオリンピックでは一度も優勝できなかった宿敵だ。昨日の準決勝で延長の末に負け、3位決定戦で勝ちあがっての決勝である。
試合の結果がどうであろうが、日本の戦いぶりは金メダル級。でも勝って欲しい。勝たせてあげたいという気持ちで観戦した。

アメリカはエースのオスターマン。先攻は日本。初回はオスターマンの見事なピッチングで三者三振。そう簡単には勝てない強敵だ。その裏、不運な安打も絡んで1死満塁の大ピンチ。しかし、日本は守りきりピンチを脱出した。初回からしびれる展開だ。
2回は両者とも無得点に終わり3回日本の攻撃。三科は今大会初ヒットの二塁打を放ち、ノーアウト二塁のチャンス到来。峰の送りバントが成功し、一死三塁。続く藤本は三振で二死三塁。ここで狩野がカウント2-2からショートへの内野安打を放ちついに先制。

gba0808212131010-p1.jpg

さらに4回、狩野がホームランを放ち2-0にリードを広げる。その後、2アウトになったところで雨のため試合が18分間の中断。行け行けの日本の攻撃に水を差す雨だった。
雨が上がり再開直後の4回にアメリカの主砲バストスのホームランで2-1に。やっぱり、簡単には勝てない。
点数はそのままで6回まで試合が進み。この試合で2度目のピンチ。一死満塁のピンチだ。しかし、素晴らしい守備もあり無得点で抑えた。選手全員が一丸となって力投を続ける上野を盛り立てる。7回最後の攻撃で1点を追加し、リードを2点に広げ、いよいよ7回最終回の守備。泣いても笑ってもあと3人だ。

過去のオリンピックでサヨナラ負けに涙を呑んだ映像が頭に浮かぶ。先頭打者ジュンがヒットを打ち、ノーアウトのランナーを許す。最後まで手に汗握る展開だ。しかし、北京は過去のオリンピックとは違った。後続をアウトに仕留め守りきった。

gba0808212145011-p1.jpg

やったー!金メダルだー!
すごいぞ!日本!
上野を中心に抱き合う日本の選手達。解説をしていた元全日本監督の宇都木さんも涙声だ。

20080821-00000079-jijp-spo-view-000.jpg
20080821-00000080-jijp-spo-view-000.jpg

2日間で400球を超える力投をやってのけ、全員が一丸となって悲願の金メダルを獲得した。
残念ながら北京大会でソフトボールは公式競技としては最後の試合となる。この素晴らしい感動をロンドンで観れないとは残念な限りだ。
この試合を見て、多くの感動を与えたと思う。勇気、不屈の精神、素晴らしく美しい姿を見せてくれた。

あー、ご苦労様。そして、本当にありがとう。




    TSUTAYA online 

blogblog ああ、いいなぁ / 2008.08.22 00:51 / TB[1] / CM[0]




女性だけが活躍しているとは言わないが、この大会では女性選手の素晴らしい闘志に毎日感動させられている。昨日はソフトボールのエース上野由岐子さんの熱投に感動した。
予選2位の日本は、午前中の試合で予選1位のアメリカと準決勝を戦った。先発はエース上野。力投で最終回の7回まで0対0。8回からはタイブレーク方式でノーアウト。ランナー二塁からイニングを始める。8回は0点で抑えたが、9回表に4点を奪われ、その裏1点を返すが惜しくも敗れてしまった。
アメリカはこの試合で勝ち決勝進出が確定した。日本は、予選3位のオーストラリアと予選4位のカナダの試合の勝者と戦い、その試合に勝てば決勝戦に進出する可能性が残っていた。予選3位4位の試合はオーストラリアが勝利し、夕方に試合を行うことになった。いわゆるダブルヘッダーだ。
この試合に勝たなければ決勝進出はない。上野投手は、すでに150球近い球数を投げている。

日本はエース上野に賭け、オーストラリア戦も上野を先発に起用し、連投することとなった。この暑い夏の日に100kmを超える力投で9回を投げきって敗戦した日に連投である。並みの精神力や気合では投げられるものではない。しかし、上野は先発をかってでたのである。かっこえー。
上野がすごかったのは、このオーストラリアとの3位決定戦だ。負ければ銅メダル。勝てば決勝戦に進み銀メダル以上の獲得がかかった大事な試合である。この試合で初回に先制点を許すが、4回裏の攻撃で広瀬が2ランホームランを放ち逆転。そのまま試合は進み、7回最終回2アウトでバッターはあと一人になった。誰もが勝ったと思った瞬間、最後のバッターが同点のホームラン。
同じ日に2戦とも先発で連投しての延長戦である。普通の精神力ならば、緊張の糸も切れてしまうはずだ。タイブレーク方式で10回まで両軍とも無得点。11回の攻撃で均衡が崩れた。オーストラリアが1点勝ち越し。もはやこれまでと思った裏の回に馬渕がタイムリーを放ち、また同点に。上野の力投を無駄にさせたくない粘りで12回に進む。

そして12回裏、日本の攻撃。一死満塁となり、ついに2番西山がセンター前にはじき返し、サヨナラ勝ち。
なんと、この日の試合で上野投手は300球以上を一人で投げきったのだ。
すごい!本当にすごい!気迫、勇気、根性。言葉に表せない凄さだった。

gba0808202129021-p16.jpg


いよいよ明日は決勝戦。今日敗れたアメリカと金メダルをかけて試合に挑む。
夜に今日のハイライトを報じる番組で、明日も上野選手が投げるだろうとの情報を耳にした。延長戦を2戦連投した翌日に投げるとは、本当に凄い精神力だ。
あー、金メダルを獲らせてあげてくれ!
    TSUTAYA online 

blogblog ああ、いいなぁ / 2008.08.21 00:56 / TB[0] / CM[0]


笑顔       モブログ 
20080820090054今朝は曇り。いつもより涼しい朝だ。オリンピックも残すところ後僅か。野球、シンクロ、ソフトボールとまだまだメダルの可能性があり、目がはなせない。


まだオリンピックは終わっていないが、日本人選手の素晴らしい活躍の中でも特に感動したのは、女子レスリングと柔道の塚田真希選手銀メダルだ。
塚田選手は決勝戦で中国のトウ・ブン選手と当たり、リードしながらまさかの一本で惜しくも敗れた。試合直後はショックを隠せなかったが、表彰台では笑顔で銀メダルを手にしていた。
一本を決められた時、塚田選手だけでなく、息を飲んで観ていた私達も茫然となったが、攻め続けた結果であり、テレビの画面を通して塚田選手の気迫が伝わってくる素晴らしいファイトだった。前へ前へと挑んだ勇気あふれる姿に感動し、爽やかな気持ちになった。もちろん、オリンピックに参加したアスリートは、金メダルを獲得することが目標だと思うが、どんな戦い方をしたかが大事だと思う。彼女は、銀メダルに終わったが、表彰台の晴れやかな笑顔は全力で立ち向かった証だ。前向きに全力で挑戦した姿が美しく、人の感動を呼ぶのであって、メダルの色はその次だと思う。
笑顔で表彰台に立ってくれたことが何より嬉しかった。
女子レスリングの伊調選手や浜口選手も同じように晴れやかな顔で表彰台に立っていた。塚田選手と同様に私達が想像できない苦しい練習を積み重ね、全力で立ち向かった人だけが浮かべられれ笑顔があった。彼女達のあの笑顔に金メダルをあげたいくらいだ。

勝つために参加するのは前提だし、参加するだけでは意義はない。ただ、誰もが勝者になれるわけではない。戦いが終わった時にどんな顔を出来るかが大事だ。悔しさもあるだろう。しかし、その原因が自分にないのかと省みることをできる人は、さらに成長する。歎くのではなく、前へ進もうとするからだ。
彼女達の笑顔見て、そんなことを思った。

塚田真希さん、爽やかな感動をありがとう!

(=^・^=)kinop^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.08.20 09:00 / TB[0] / CM[0]


カッコイイ!       モブログ 
20080819095403今朝も晴れ。暑い日が続いている。北京も連日に渡って熱い闘いが続いている。
まさかの敗退もあれば、ノーマークだった選手が大活躍することもあり、これもオリンピックらしい出来事だ。今回のオリンピックで目立つのは2連覇やアテネに続くメダル獲得だ。男子平泳ぎの北島、女子レスリングの4人などが特に目立った活躍をした。彼ら彼女らのインタビューを聞くと皆さんそれぞれに4年の間に挫折感に捕われたり、目標を見失いかけたり、怪我を乗り越えてきている。最初のメダルはそれ自体が目標になるが、2度目のメダルは何か理由が必要だ。そんなに簡単に連覇はできない。それを成し遂げた姿がカッコイイのだ。

中でも女子レスリングは、各階級に分かれ4人全員がメダルを獲得した。これは凄いことだ。マットに立った彼女達の精悍な顔付き。前へ前へと組み合う姿勢。結果として全員金メダルとはいかなかったが、試合でみせてくれた爽やかな感動は皆さん金メダル級だった。
もう1つは、皆一様に感謝の気持ちを忘れず、回りの人や多くの人に支えられていることを口にしていた。アスリートだけでなく何かを成し遂げた人は感謝の気持ちを忘れない。感謝の気持ちを忘れ、慢心した時、そこに勝利はない。

20080819094449
昨晩、さんまさんが出ている番組のゲストに浜口親子が登場した。お父さんは気合いだあ!でおなじみのパワフルなアニマル浜口さん。娘さんが銅メダルをとって嬉しくて仕方なく、満面の笑みでテンションも高かった。
普通の女の子なら、そういうお父さんを恥ずかしがったりすると思うが、京子さんはメダルがとれたのはお父さんのおかげと笑顔で話していた。メダルをとった時もすぐにお父さんの首にメダルを掛けていた。なんて良い子なんだろう。
20080819095103
伊調姉妹は今大会で引退するかもしれないそうだ。彼女達に続く素晴らしい後輩が現れることを期待するばかりだ。

頑張れ!日本!

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.08.19 09:44 / TB[0] / CM[1]


お盆休み       たわいもないこと 

暑い日が続いて夏バテ気味だ。13日から夏休みをいただいて、嫁さんの方と私の方の墓参りに行った。毎年のことだが、お墓は上に何もないから日差しがきつくて本当に暑い。
墓参りを済ませ、16日からの土日はゆっくりした。もっぱらテレビの前でオリンピック観戦。女子レスリングを観て、観てるこっちまでが体をよじってしまう熱戦が何度もあった。
強い日本の選手とちゃんと組み合ってくれないのにヤキモキした。残念ながら全員金メダルとはいかなかったが、立派な戦い振りに拍手を贈りたい。

TORAは、クーラーの聞いた部屋で顔を抱えて気持ち良さそうに寝ている。

ToraNemu02.jpg

早いもので我が家に来て10年が経つ。あまり歳をとった気がしないが、そんなに経ったと思うと、このままずっと元気でいて欲しいと願うばかりだ。

cyder01.jpg

近くの酒屋さんにこういうサイダーがあったので、風呂上がりに飲んでみた。大きさはオロナミンCぐらいなので、本当に風呂上がりにちょっと一杯という感じにピッタリだ。昔ながらの味が嬉しい。最近、地ビールならぬ地サイダーも流行っているそうだ。

今日からまた会社。今年はベッドの上じゃないことに感謝。

まだまだ暑い日が続きますが、皆さんも体には気をつけて。

(=^・^=)kinop

    TSUTAYA online 

blogblog たわいもないこと / 2008.08.18 09:00 / TB[0] / CM[1]


フレンズ       映画 
20080811130820
今朝は晴れ。暑い日が続いている。私は少々夏バテ気味だ。
この土曜日にTSUTAYAで懐かしい
映画が棚に並んでいるのを見つけた。
フレンズという映画だ。思春期の頃に見た青春映画だ。そういえば最近は、映画をジャンル分けして青春映画とは呼ばなくなった。というか、昔見たような淡くてほろ苦い若者のラブストーリーが少なくなった。
小さな恋のメロディ、おもいでの夏とか、個人授業など心に残る良い映画がたくさんあった。この歳になって言うのも気恥ずかしいが、中学高校の頃に時めいたり憧れたものだ。この映画もそんな青春映画の1つだ。
同世代の人なら私が懐かしいと思う気持ちを理解していただけると思う。

中でもこの映画が強く心に残っているのは主演のアニセー・アルビナの魅力につきる。ほっそりして可憐で笑顔がたまらなく可愛かった。黒く長い髪と何か不幸を感じさせるさみしげな表情がなんとも魅力的だった。

久しぶりに観たフレンズがどんな映画なのか紹介したい。

フレンズ ポールとミシェル (Friends イギリス・1971年)
監督、製作、原作は、ルイス・ギルバート。主題歌や挿入歌を歌っていたのは、エルトン・ジョン。主人公のポールとミシェルには、ショーン・バリーとアニセー・アルヴィナ。

物語はこんな感じだ。結末まで書いているので、まだ観ていない人は注意してほしい。

20080811131308

イギリス製作の映画だが、舞台はフランス。ミシェルは、フランス南部の町アルルで父と暮らしていた14才の少女。アルルといえばゴッホが暮らしていたことでも知られている田舎町だ。幸せに暮らしていたが、父を失くし、いとこをたよってパリへ行くことになった。駅から人込みにまじりミシェルが現れる。FRIENDSのタイトルとともにエルトン・ジョンの曲が流れる。

20080811131806

ポールは、実業家の父を持つ裕福な家庭に暮らす15歳の少年である。裕福だが、父親とうまく通じ合わず、心は満たされていなかった。父が結婚しようとしている女性もその連れ子も気に入らない。
そんな二人が、動物園で出会った。初めて会った時から二人は通いあうものを感じた。
そんなある日、ポールは無断で父の車に乗り、ミシェルを乗せてドライブに出かけた。話に夢中になり、田舎道で車が池の中に突っ込んでしまった。それがきっかけとなり、二人はミシェルの故郷アルルに向かった。

20080811132304

アルルには、いまは誰も住んでいない、白い家が、ぽつんと一軒建っていた。アルルの自然の中で暮らし、離れられなくなる二人。水辺を駆ける白い馬の群れ、風になびく草原、沈む夕日に浮かぶ二人のシルエット。この叙情的な描写が、なんとも美しい。

20080811132703

しかし、二人は現実の厳しさに直面する。食べ物も尽き、ポールは食糧を得るために、働きに出るようになった。なかなか仕事を得られないポールは、それでも、なんとか二人の生活を支えようと、一生懸命に働いた。そんな生活が続き、空腹に嘆き、二人はつまらないケンカをしてしまう。家を飛び出したポールを追い掛けるミシェル。日が落ち、薄暗くなった水辺でポールの名を呼ぶミシェルの声を聞いたポールもミシェルの名を呼び走りだした。やがて二人は駆け寄り、しっかりと抱き合った。
時は経ち、ミシェルが妊娠していることがわかった。新しい家族に喜ぶ二人。二人は自分達で子供の出産を決意する。やがて陣痛が始まって苦しむミシェルに、ポールはとまどいながらも付き添い、元気な赤ん坊が生まれた。二人は、教会に出かけて、こっそり洗礼を受けた。
ポールとミシェルは幸せに包まれていた。
しかし、そんな時、ポールの父から出された捜索願いを受けた警察が、ようやく、ポールの居場所を捜しだしてしまった。

20080811133004

朝いつものように働きに出かけていくポール。赤ちゃんを抱き笑顔で見送るミシェル。
エンドロール。

なんとも切なくほろ苦いラストだろうか。その切なさゆえに心に残っているのだろう。
この映画のアニセー・アルビナが本当に可愛かった。

久しぶりにフレンズを見て、アニセー・アルビナのことが気になってインターネットで検索してみた。今は何してるのかなぁという興味から検索したのである。
すると、思いもしなかった情報が目にとまった。

アニセー・アルビナ(1954年1月28日生まれ)が、2006年11月10日に52歳の若さで癌のため死去。

ショッキングな情報を知り、余計にセンチメンタルな気分になった。中学の時に憧れたアニセー・アルビナが亡くなったとは寂しい限りだ。

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog 映画 / 2008.08.11 13:08 / TB[0] / CM[4]


ムックとガチャピン       モブログ 
20080801083035今朝は晴れ。朝からセミが元気よく鳴いている。毎日30℃を超える暑い日が続いている。暑い暑いと言っても涼しくはならないのは分かっているが、ついつい「暑い」と口をついてしまう。
それにしても暑いなぁ。


一昨日、コンビニに行ったらガチャピンムックがチロルチョコになっていた。ガチャピンの南国メロンとムックの濃厚イチゴの2種類だ。見た目もかわいいし、良い感じだ。
ガチャピン、ムックといえば、ご存知ポンキッキの人気キャラクターだ。グリーンと赤の色合いとユニークな風貌は今でこそおなじみだが、よく見ると本当に変わった顔をしている。ガチャピンは寝ぼけまなこにデッパ。ムックは毛むくじゃらのびっくり顔。忘れられない顔で、かなり奇抜なデザインだ。はっきりした特徴があるから誰でも似顔絵が描けるというのが良いんだろう。

こういうのを秀逸なデザインって言うんだろうなぁ。

(=^・^=)kinop
    TSUTAYA online 

blogblog モブログ / 2008.08.01 08:30 / TB[0] / CM[2]



 + 


Link

クリックで救える命がある クリック募金とは、クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで、無料で募金ができる仕組みです。 あなたに代わって、スポンサー企業が寄付をしてくれます。
難病情報センター 難病情報センターは、厚生労働省が難治性疾患克服研究事業(特定疾患調査研究分野)としている疾患を中心とした情報を提供しています。
J-FOP~光~ 進行性骨化(化骨)性線維異形成症の患者会のサイトです。FOPの正しい理解、寄付や署名の呼びかけ、活動記録の紹介をされています。
細菌性髄膜炎から子ども達を守りたい 年間約1000人の子ども達が細菌性髄膜炎に自然感染 5%の方が亡くなり、4人に1人後遺症に苦しんでいます。細菌性髄膜炎は、ワクチンで救える病気ですが、まだ十分な医療体制にはないそうです。正しい理解とその活動の記録や支援の呼びかけをされています。
日本ユニセフ協会
ユニセフは、第二次大戦で被災した子どもたちの緊急援助を目的に1946年の第1回国連総会で国連国際児童緊急基金(United Nations International Children's Emergency Fund=UNICEF)として設立されました。その後、活動の重点を開発途上国の子どもたちを対象とした社会開発に移し、国連児童基金(United Nations Children's Fund)と改称されましたが、UNICEFの略称は世界中の人々に親しまれていたため、そのまま現在まで引き継がれています。ユニセフは子どもの権利を擁護する主要な団体であり、2005年現在、155の国と地域で子どもたちの生存と健やかな発達を守るため、保健、栄養、水と衛生、教育などの支援事業をその国の政府やNGO、コミュニティと協力しながら実施しています。また、先進工業国37カ国にユニセフ国内委員会があり、アドボカシー活動(政策提言活動)と募金活動を支えています。資金はすべて任意拠出であり、その3分の2は各国政府からの、3分の1は民間からの拠出です。ユニセフは1965年にノーベル平和賞を受賞。2001年にも、国際連合、国連事務総長コフィ・A・アナンとともにノーベル平和賞を共同受賞しました。
WWF(世界自然保護基金)は、約100カ国で活動する世界最大の自然保護NGO(非政府組織)です。人と自然との共存をめざして、生態系の保全から地球温暖化防止まで幅広く、世界の自然を守る活動に取り組んでいます。WWFの活動はすべて、一般の方々からの会費やご寄付によって支えられています。
JHP・学校をつくる会
JHPは戦争や自然災害で教育の機会を奪われた世界の子ども達に、人種、国籍、宗教、その他の信条の違いにかかわらず広く教育等の援助を行い、また紛争や自然災害で被害を蒙った人々への救援活動と、これらの活動を通じて、次代を担う若者達への地球市民教育を実践することを目的としています。
日本国際ボランティアセンター
JVCは、1980年にインドシナ難民救援を機にタイ・バンコクで設立されました。当初タイ国境難民キャンプでの支援活動を行っていましたが、その後、孤立していたカンボジア国内などインドシナ3カ国の復興に協力し、和平への提言も行いました。また広く難民を生まない国づくりを目指した開発協力支援を行うようになりました。現在は、9カ国・地域で、農村開発支援や教育支援などの開発協力活動、紛争地域での緊急医療活動や交流、関係する調査提言活動を行っています。


KinoLog Factory


KinoLog FactoryでCalligraphy作品を公開中。


Flower


想いを花にのせて スプリングギフト


Music


art1_120x90.jpg

ショップ紹介(小)2


Watch


ブランドロゴ2




MoMA


160-600_flatware=0">


* Designed by cadet; * -----【Login】